「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

モテない男の特徴20選|あなたに彼女ができない理由を知ろう

2019.10.18 (金)

モテない男性の特徴についてお伝えします。彼女が欲しくて一生懸命活動しているのに、全然女性にモテない男性は、本文で解説するモテない男性の特徴に該当してしまっているのではないでしょうか。もし残念ながら該当してしまっているのであれば、そこから脱却する努力が必要です。是非本文で学んでモテない男からの脱却を図り、モテる男への進化を遂げましょう。

 

目次

1 「好みのタイプの男性芸能人」を尋ねる

合コンやパーティーの場でで出会った綺麗な女性にコンタクトをしたのに、返事が返ってこないと惨めな気持ちになりますよね。

先日、六本木のクラブで開催されたパーティーに参加しました。VIP席なのでスタッフの男性が次々に女性を席に連れてきてくれます。お陰で大勢の女性とLINE(ライン)の連絡先を交換することができました。

その後、好みの女性にメッセージを書いて送りました。しかし、待てど暮らせど返信がありません。こちらは相手のことが気に入って、仲良くなりたいと願っていたにもかかわらず、残念ながら相手女性はそのような気持ちを持ち合わせていなかった模様です。

そんな情けない経験をしたこと、あなたもきっとありますよね。

あなたが合コンやパーティーで出会った女性に相手にされなかった理由は、その際にあながた女性と会話した内容にあります。その会話内容にモテない男の特徴が滲み出てしまっています。ですので、その会話内容を修正することができれば、あなたは好みの女性と仲良くなることができます。

本章では、合コンやパーティーの席で、女性と会話する際にするべきでない会話テーマについてお伝えします。

 

自分の価値を下げる愚かな質問

今回、あなたが参加した合コンで女性と仲良くなれなかったのは、会話の際に「男性芸能人だったら誰がタイプ?」という質問をしたからです。この質問をすることで、確実にあなたに対する女性の評価が下がります。モテない男性の特徴として、この質問をすることが挙げられます。

当たり前のことですが、この質問を女性にすると、殆どのケースでイケメン芸能人の名前が出てきます。今でしたら、人気俳優の竹内涼真や坂口健太郎といったところでしょうか。また、ジャニーズ系グループやエグザイルの構成メンバーの名前なども挙がることが多いでしょう。

このとき、女性が挙げた芸能人の名前を知らなかったあなたは、「だれそれ?見たいなー。」と女性のスマホで検索してもらって画像まで一緒に確認しました。

そうすると、どういうことが起こるでしょう。女性からすると、無意識のうちにスマホに表示されているイケメン芸能人の顔とあなたのブサイクな顔を比較することになります。そうすると、ただでさえ整っていないあなたの顔のブサイクさが、より一層強調されることになります。

あなたのブサイクさが強調されることは、女性から見たあなたに対する男性としての評価は下がることに繋がります。つまり、「男性芸能人だったら誰がタイプ?」という質問はあなた自身の価値を自ら下げる非常に愚かな質問であると言えます。そうして、知らず知らずのうちに自分の価値を貶めてしまうことが、モテない男の特徴なのです。

また、女性が好みの男性タイプとしてイケメン芸能人を挙げると、あなたは思わず「どうせ、女はイケメンがタイプなんだよなー。」と卑屈で嫌味なコメントをしてしまいました。女性からすると、タイプの芸能人を聞かれたから素直に答えただけなのに、嫌味を言われて不快な気分になるはずです。

モテない男性は、自身の発言が相手女性の期限を損ねていることに気づいていません。そうした気づく力が低いこともモテない男性の大きな特徴です。

イベントでたまたま同席した男性がブサイク且つ卑屈な男であったなら、その男性に対して好印象を持つはずがありません。あなたは、この質問をすることによって、外見だけでなく、内面や性格に対する評価も下げてしまっています。つまり、二重の意味で自分の価値を落としてしまっているのです。

あなたがかわいい女性を好むのと同様に、一般的に女性がイケメンを好むのは当然のことです。わざわざイケメンとブサイクなあなたの差異を浮き彫りにする愚鈍な質問をしてしまうのは、あなたが自分の「価値を高める」という意識が希薄だからです。

あなたは自分自身の「価値」を生み出し、高めて、それを伝えないと、恋愛が成就することはないことを、今一度強く認識しましょう。「価値」の大事さに気づいていないことも、モテない男の特筆すべき特徴の1つです。

本章では、合コンやパーティーの席上で、女性にしない方がいい質問をお伝えしました。

もし、あなたが、モテない男の特徴を相手女性に気づかれたくないのであれば、避けるべきは「男性芸能人だったら誰がタイプ?」という質問です。この質問は自分の価値を貶めるだけです。この質問をしているようでは、あなたは100年経っても彼女を作ることができません。自分の価値を高めて相手女性に伝えるためには、この質問はしないようにしましょう。

高めたあなたの価値を相手に正しく伝えることができれば、あなたは女性と会う機会を得ることができます。そうして、デートを積み重ねることによって、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

2 合コン参加女性をすぐサクラだと言う

合コンやパーティーに参加して、会話した女性と全然仲良くなれなかったら悲しくなりますよね。

先日六本木で開催された10対10の合コンに喜び勇んで参加してきました。参加女性は確かに若くてかわいくて、レベルの高い子たちが揃っていました。ただ、話をしてみても会話が一向に盛り上がりません。話しかけても要を得ない返事ばかり返ってきます。

こちらは一生懸命話しているのに、なかなか女性と仲良くなるのが難しい状態です。そうすると、女性から相手にされない悔しさが主催者に向かいます。ときには、「こんな冷たい女を連れてくるなんて。」と主催者に対して怒りを爆発させてしまいます。

そんな悔しい思いをしたこと、きっとあなたもありますよね。

そんなとき、いくらあなたが女性にモテなくていい思いができなかったらと言って、他人に八つ当たりするのは止めましょう。悔しい気持ちは理解できますが、そんなときこそ自分の中に反省できる点がなかったどうか、まず1分心の中でじっくりと見直しましょう。

そうすることで、あなたの恋愛力は向上し、やがて素敵な彼女を作ることができます。本章では、あなたが期待通り女性にモテなかったときの正しい心構えについてお伝えします。

 

モテないときに執るべき考え方

僕もたまに合コンやパーティーを主催しているから分かるのですが、たまに「こないだ参加した飲み会、女性はサクラだったんじゃないですか。」と言ってくる男性がいます。こうした男性は例外なくその参加したイベントでいい思いをできなかった人たちです。あなたにもそんな経験があるのではないでしょうか。これこそ、モテない男性によく見られる特徴です。

この時のあなたの思考はこうです。「自分が合コンでいい思いをできなかった。女性に相手にされなかった。」→「元々、女性たちは男性に会うことを真剣に考えてきていないのではないか。」→「参加女性はサクラだ。」

そもそも、サクラとは、公演主催者や販売店に雇われて客の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者を指す隠語です。合コンにおいて、主催者が女性に金を払って参加を募っているのであれば、それに該当するかもしれません。

ただ、極端な話、女性がサクラかどうかなんてどうでもいいことなのです。だって、考えてみて下さい。例え、合コンに所謂サクラの女性が混じっていたとしても、もし福山雅治や嵐の松潤がその合コンに参加していたら、彼女たちはどんな態度を取るでしょうか。

絶対キャーキャー言って仲良くなりますよね。それは、彼らが世の多くの女性にとって大きな価値を持っているからです。逆に言うと、あなたが合コンで女性に冷たい態度を取られるのは、彼女たちにとってあなたの価値がないからです。ただ単純なそれだけの事実なのです。女性がサクラであるかどうかなんて関係ないのです。

多くの合コンやパーティーで、女性は参加費無料というケースがあります。取り敢えずご飯目的や様子見気分で参加する女性が存在することは否定しません。特に綺麗な女性にそうした傾向があり、塩対応の女性がいるのも事実です。

とは言え、やはり女性にそうした塩対応をされてしまうのは、残念ながらあなた自身が相手女性に価値を伝えることができていないからです。そうしたときこそ、自分がモテない原因を女性や主催者など他人のせいにするのではなく、自分の内部に求めましょう。それが、「因は我にあり」という考え方です。

この考え方については、こちらのコラム「モテない男性が言う定番のセリフは『●●の女性を連れてきてくれないから・・・』」に詳しく記したので、是非ご覧下さい。この考え方を実践できれば、確実にスピード感を持って美女にモテる男に進化できます。

本章では、あなたが合コンやパーティーで女性に冷たい対応を取られたときの正しい対処方法についてお伝えしました。

女性にモテなかった理由を他人のせいにしたい気持ちは分かりますが、原因はただ一つです。女性にとってあなたは価値がなかった。それだけのことなのです。まずはその事実をしっかり受け止めましょう。

その上で、自分の価値を高める努力をする。これをコツコツと積み重ねていくことが大事です。それを実践することであなたの恋愛力を上げることができます。そうして、好みの女性と沢山デートをしていくことによって、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることができます。

 

3 数稽古(大量行動)ができない

彼女作りの活動がうまくいかないとイライラした気持ちになりますよね。

真剣に彼女を作ろうと出会いの場に行き、知り合った女性をデートに誘い出すべくLINEでメッセージを送っています。しかし、なかなか思惑通り女性とデートを実現させることができません。教えられた恋愛ノウハウを実行しているのに、思い通りの成果を挙げることができない。

ひょっとしたら、あなたもそんな残念な状態に陥っているかもしれませんね。

恋愛活動を行っているのに思うような成果が挙がっていないときは、まずあなたが十分な数稽古(大量行動)を行えているかどうかを再度確認しましょう。そうすれば、あなたの恋愛力はメキメキと向上し、やがて美女にモテる男へと変貌を遂げることができます。

本章では、あなたが十分な数稽古(大量行動)を行えているかを簡単にチェックする方法をお伝えします。

 

女性にモテない原因の大半は数稽古不足

彼女作りの活動を行っている男性から寄せられる相談の一つに、「教えられた恋愛ノウハウを実行しているのに、デートにすら誘い出すことができない。」という内容があります。この質問を受けたとき、僕は「では、今LINEの友だちリストにデートや合コンのお誘い対象になる女性は何人いますか?」と質問します。

そうすると、大抵のケースで10人とか20人程度、多くても50人を超えないケースが殆どです。しかし、こちらのコラム「彼女が欲しい独身男性は、まずLINEの友達リストに独身女性を『100人』登録せよ!」で解説しているように、まず最低でも女友達を100人作ることが必要です。

女友達がまだ100人いないということは、やるべきことをやっていないということです。僕がお伝えしている恋愛ノウハウのうち「女友達をまず100人作る」ことは基本中の基本です。なので、女友達が100人いないということは、お伝えした大原則の恋愛ノウハウを実行していないということになります。

つまり、本人は恋愛ノウハウを実行しているつもりかもしれませんが、実際には必要なレベルで実行できていないということです。この場合、積極的に出会いの場所に出かけて、より多くの女性の連絡先を入手して、デートに誘うチャレンジをもっと沢山しないといけません。

100人の女性の連絡先を入手するということは、少なくとも100人の女性と会話をする必要があります。言わば、これが最初の数稽古になります。大勢の女性と接触し、相手女性を楽しませる会話をする努力を毎回毎回することによって、あなたの会話力は少しずつ向上します。

沢山の女性と話して相手を楽しませることができるようになったり、実際に綺麗な女性とLINE連絡先を交換できたら、それは一種の「成果」と言えます。小さいけれど、成果を挙げることによって、あなたは自信を得ることができます。

あなたが小さくてもいいから自信を得ると、それは女性にとってあなたの印象を僅かではあるかもしれませんがプラスにする方向に働きます。そうして、小さな成長を積み重ねることによって、あなたは徐々に恋愛力を増幅させることができます。だから、沢山の女性とコンタクトを取るといった数稽古が重要になってくるのです。

あなたは、学んだ女性との会話ノウハウやLINE文章作成ノウハウを実践しているのに、全然女性をデートに誘い出せないと嘆いているかもしれません。ここで認識しておいて頂きたいのは、教えられたノウハウを実行しているのに思うような成果がでないということは、女性が要求しているレベルでノウハウが実践できていないということです。

つまり、あなたは伝えられた恋愛ノウハウ(代表的な例で言えば、会話術など)を実行しているつもりでも、そのレベルが低いという事実を認識する必要があります。ですから、今は低いそのレベルを高める努力をする必要があります。

それには生身の女性と直にコンタクトを取って実戦経験を積むことが最良の方法です。しかも、その経験は多ければ多いほどいい。だから、数稽古(大量行動)を重ねることが大事なのです。あなたの実行する恋愛ノウハウのレベル(=質)を上げたいのであれば、より多くの実戦経験を積むこと(=量)が一番の近道なのです。

もし、あなたの恋愛活動がうまくいっていないのなら、今一度必要な数稽古ができているか再度確認をしましょう。もし数稽古が足りていないのであれば、不足分を埋め合わせるべく活動量を増やしましょう。

本章では、恋愛活動におけるあなたの数稽古が足りているかどうか確認する方法についてお伝えしました。

まずはLINEの友達リストに恋愛対象になりうる女友達が100人いるかどうかを確認しましょう。いないのであれば論外です。さっさと合コンなりパーティーなりに参加して、女性の連絡先を増やす具体的な行動を起こしましょう。

100人の女性と連絡先交換をしたり、デートに誘ったりすれば、その経験を通じてあなたの恋愛力は必ず向上します。そうして、あなたの男としてのの価値を相手に認識させることができるようになった結果、あなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

4 すぐに「できない」という口癖

自分がなぜ女性にモテないかの理由って、自分では分からないものですよね。

素敵な彼女を作りたいと思い、日夜合コンやパーティーに参加しています。それだけでなく、街コンや相席レストランにも頻繁に足を運んでいます。そうすると、素敵な女性自体は世の中に沢山存在していること自体は理解できます。

でも、そうした女性たちにLINE(ライン)の連絡先を尋ねてもなかなか教えても貰えません。何とか教えて貰うことができても、返事が全然返ってきません。要は、世の中の数多くの女性に、男として全然相手にされていない状態です。

その状況を何とか打破したいのですが、そもそも自分がなぜ女性に受け入れられないのか、女性に認められないのか理由が全然分かりません。自分の問題点を改善しようにも、その問題点が何であるかが全然把握できていません。

ひょっとしたら、あなたも同じような悩みをお持ちのことでしょう。

そんなときは、自分でも友人でもない第三者の知り合いに悩みを相談しましょう。そうすると、あなたがモテない問題点が浮き彫りになります。そして、その問題点を改善することで、あなたは女性にモテる男に生まれ変わることができます。

本章では、第三者に恋愛アドバイスを受ける際の注意点についてお伝えします。

 

すぐに「できない」と発言することの大きな弊害

もし、僕があなたから上記のような恋愛相談を受けたら、まずは会話の際に改善できることをお伝えすることになるはずです。恐らく、女性をほめる会話を展開することをアドバイスすることになるでしょう。

ほめることがなぜ重要かについては、こちらのコラム「『合コンでモテる男』になりたい独身男性が、女性を「ほめる」ことを励行すべき本当の理由」を是非ご覧下さい。

そして、ほめるときは、ただ漠然とほめるのではなく、できるだけオーバーにほめることを励行します。なぜオーバーにほめることが重要なのかは、こちらのコラム「モテる男の特徴は面白いこと!オーバーにほめて3秒で楽々と美女の笑いをとる斬新な技術」をご参照下さい。

そして、こうした恋愛アドバイスをあなたにしたときの反応で、あなたが近い将来モテる男になるか否かが分かってしまいます。

「え、そんな女性をほめたことなんてないし、そんなのできないですよ。」

もし、あなたがこのような回答をしたら、まずあなたは女性にモテる男になれません。やってもいないのにいきなり「できない」というマイナス発想を持っているようでは、あなたは今の状態から脱却することはまずできません。

また、こちらのコラム「可愛い彼女を作りたい独身男性必見!20代沖縄美女が吐露する『彼氏に求める3つの条件』」にもあるように、女性は本質的にプラス発想の男性を好みます。

ということは、逆にマイナス発想の男性は嫌われるということです。なので、もしあなたの口癖が「できない」になっているのであれば、それはあなたの心にはマイナス発想がこびりついている証拠です。

そもそも、あなたは今まで自己流で恋愛を成就しようと努力してきましたが、それがうまくいきませんでした。だからこそ、恋愛実績のある第三者にアドバイスを求めた訳です。であれば、受けたアドバイスはまず一度は真摯に実行してみるべきではないでしょうか。

できる、できないの判断は、きちんと挑戦してから判断を下しましょう。アドバイスをしたのに、いきなり「できない」と言ったら、アドバイスした側も不快な気持ちになって、二度とあなたに助言を行うことはなくなるでしょう。

そうすると、結果として、あなたは自分を進化させる機会を失うことになります。アドバイスに対して「できない」と言うことは、あなた自身の成長の芽を摘むことにも直結するのです。

反対に、「分かりました。やってみます。」と発言する男性は、近い未来にかわいい彼女を作ることができるでしょう。こうした姿勢であれば、すぐに望む成果で上げられなかったとしても、トライ&エラーを繰り返す過程で成長するからです。

考え方もプラス発想なので、その点も女性に対して印象が良くなります。あなたもかわいい彼女が欲しいのであれば、どちらの男性の考え方が適切かお分かりですよね。アドバイスはまずは実行するという積極的姿勢を堅持しましょう。

本章では、第三者に恋愛の助言を受ける際の注意点についてお伝えしました。

折角アドバイスを貰ったら、例え今までそれがあなたが経験したことのないことでも、「できない」と発言することを封印しましょう。まずは何でも実行してみましょう。

そうすれば、あなたは多くの成功体験や失敗経験を通じて、恋愛力を高めることができます。やるべきことをコツコツと行って、あなたの地力を高めることが重要です。

そうすれば、あなたは1人どころか、3人のかわいい彼女を作ることも十分可能なのです。

 

5 すぐに「金がない」という口癖

好みの女性をデートに連れ出せないときって、惨めな思いをしますよね。

先日六本木にて開催された合コンで知り合った28才の看護師のことが気に入りました。飲み会の際にLINE(ライン)の連絡先を交換し、その後メッセージを送りました。ポジティブな反応を期待していたものの、結局返事が返ってくることはありませんでした。

そんな情けない体験をしたこと、あなたもありますよね。

あなたが女性に相手にされなかった理由は単純です。単に相手女性に価値がある男だと認識させることができなかったのです。そうした事態を避けたいのであれば、もっと自分自身に投資をしましょう。そうすれば、あなたの男しての価値が上がり、あなたは美女にモテる男になることができます。

本章では、あなたの収入を上げて、より自己投資をしやすくするための環境作りに必要な考え方をお伝えします。

 

あなたの価値を下げる最悪のセリフ

男としての価値を上げるためには、様々な種類の自己投資があります。例えば、合コンやデートの際に、カッコ良くてお洒落な洋服を着ることは、代表的な自己投資と言えるでしょう。また、若くてきれいな女性と出会える合コンやパーティーに参加することも、より質の高い女性と出会うための自己投資です。

当然のことですが、これらの行為は投資である以上お金が掛かります。僕は仕事柄、独身男性にこうした男の価値を上げるための自己投資を薦めることがありますが、その際に一定数「いや、お金がないんでできません。」という反応をする男性がいます。

「金がないからできない」というセリフが口癖の男性は、圧倒的に女性にモテない人が多いです。なので、もし、あなたが自分で「金がないからできない」という文言を頻繁に発している認識があるのなら、今すぐそれを止めましょう。

まず、このセリフを発する男性は、常にやらない理由、できない言い訳を考えています。挑戦して失敗するのが怖い、チャレンジするのは面倒臭いからそれを避けたい、というネガティブな気持ちが深層心理にあるので、ふとした瞬間にこうした言葉が口をつきます。

また、「金がないからできない」というセリフが自分の価値を貶めていることに気付いていません。このセリフを吐くことは、「僕は金を稼ぐための能力もないし、収入のアップさせるための工夫や努力もできない無能で馬鹿な人間です」と周囲に宣言していることと同義です。

何も、1億円の投資をしようと言う話をしているのではありません。たかだか数万円、せいぜい数十万円の自己投資の話です。人間、少し頭を使って行動すれば、これくらいの金額は捻出できるものです。

例えば、年収を100万円アップさせるにはどう頭を使えばいいでしょうか。まず、月ベースに分解してみましょう。そうすると、ざっくり月8万円を稼ぐことができれば、それが達成できることが分かります。

そこから、更に月8万円をどう稼ぐかを考えます。8000円の商品・サービスを10点提供してもいいし、2万円のものを4点販売してもいいし、4万円のものがあるならそれを2つ届ければ良い訳です。そのために、具体的にどんな商品やサービスを開発できるか、自分にどんな能力があるかなどを検討すれば、そこから何かしらの糸口は見えてくるはずです。

このように、少し頭を使うだけでも、年収を100万円上げるヒントは沢山見えてきます。そうした努力をすることなく、すぐに「金がないからできない」と思考停止の状態に自分をはめ込むから、あなたはいつまで経っても収入がアップしないのです。

今まで「金がないからできない」と反応していたのであれば、今後は「まずは自己投資をやろう。そして、必要な資金はどうしたら捻出できるだろうか。」と常に深く考える癖をつけましょう。それを実現するための戦略を練ることが肝要です。

女性は馬鹿な男のことが嫌いですし、いい女ほどそうした男性のことは一瞬で見抜きます。ここでいう馬鹿とは、記憶力や学歴がない男性のことではなく、工夫や努力をすることなくすぐに諦める男性のことを指します。

女性は、馬鹿な男は経済力もないし、自分を幸せにできる能力もないことを、本能的に肌感覚で探知することができます。なので、女性に馬鹿認定されたら、恋愛対象になることは勿論難しいし、人としてもまともに取り合ってもらえない可能性が高いです。

「金がないからできない」と言う言葉は、男なら絶対言ってはならない極めて恥ずかしい文言だと心の底から認識することが、あなたがモテる男になるための重要な一歩になります。収入アップも恋愛成就も、目標をきちんと決めて、そこから逆算して具体的な戦略を練ることで、具現化することができます。

そのために必要な考え方については、こちらのコラム「【デート成功の秘訣】『目標』を決めて『逆算』して、楽々と日本で1番かわいい彼女を作るメソッド」にて説明してあるので、是非ご覧下さい。

 

あなたにお金がない理由

お金がない人の特徴の一つは、「頭を使う」ことをしないことです。例えば、年収を上げたいのであれば、転職するという方法があります。転職するのであれば、自分に付加価値を付けた方が自分を高く売ることができます。それを前提にすれば、どんな業界に転職するのか、自分にどんな付加価値を付けるか、どのように付加価値をつけるか、考えることが無数にあります。

また、転職以外にも副業する、起業するなど、年収を上げるための選択肢は幾らでもあります。転職にせよ、副業・起業にせよ、言わば自分を高く売るための戦略を「考える」ことに他なりません。でも、「お金がない」が口癖の人は、そうした考え方を持たずに、ただ給料の安い会社で働き続けて、そのことに文句を言っているだけです。

このタイプの男性は、恋愛に対しても同じ「考えない」スタンスで臨みます。合コンやパーティーの場でも、自分の気持ちや欲望を優先させて、相手女性がどうしたら喜ぶか、相手女性のメリットは何か、いった女性と仲良くなるために重要なことを考えることをしません。

つまり、戦略を持たずに女性に接し、何となくうまくいけばいいなあという願望だけを持って会話をしているので、相手女性の気持ちを揺さぶることができず、彼女を作るのはおろか、デートに持ち込むことさえできません。

経済力に繋がる「仕事」においても、彼女作りに関連する「恋愛」においても、戦略を持って事に望む(=頭を使う)ことをしません。だから、あなたは年収が低いし、彼女もできないのです。金がないからモテないのではなく、あなたが金を稼げないのは、あなたに染みついたその「頭を使う」ことのない習性や考え方によるものなのです。

だから、もしあなたが、「俺は金がないから、女性にモテない。だから、年収が上がればきっと彼女ができるはず。」と考えているのであれば、それは誤りです。あなたが考え方を変えない限り、収入は大して上がりません。なので、「年収が上がれば」という仮定自体ががあり得ない話なのです。

まず、あなたに金がない理由と、あなたに彼女ができない理由は同一であることに気づきましょう。その上で、もしその状況を改善したいのであれば、その理由である「頭を使う」ことを習慣化する必要があります。別の言い方をすれば、この理由を克服できれば、あなたの人生における「金がない」「女性にモテない」という二大問題を一気に解決することが可能となります。

 

「頭を使う」習慣をつける最も効果的な方法

じゃあ、「頭を使う」ことってどういうことなの、と考えたとき、あなたが具体的に何をするべきかはお分かりでしょうか。分かる訳ないですよね。あなたが30何年間生きてきて思いもよらなかったことが、ちょっと思いを巡らしたくらいで理解できるほど簡単ではありません。

そんなときは、是非僕が開催している恋愛セミナーに遊びにきてみて下さい。当セミナーでは、女性と懇意になるためのテクニックをお伝えしていますが、実はそれだけではなく上に記したような成功するための考え方を見つけて頂くことを非常に重視しています。

この考え方は、ビジネスでも恋愛でも応用が利くものです。ですから、僕の恋愛セミナーに参加すると、恋愛力が高まるのは勿論のこと、ビジネスでも応用できる考え方を得て経済力をアップさせることに繋がります。「興味あるけど、この日は日程がどうしても合わない」と言う方は、こちらのセミナースケジュールをチェックして頂いて、ご都合宜しいタイミングでいらして頂ければと思います。

こんな話をお伝えしている僕自身、昔はお金もなく女性にもモテない、今のあなたと同様の男でした。高校も大学も留年して就職活動も失敗しました。やっと入れた最初の会社では、年収300万円でした。恋愛面でもいつも女性にフラれ続け、一向に彼女ができない日々が続きました。

しかし、その後一念発起した結果、仕事面では転職の末、年収は10倍以上になりました。恋愛面でも、初めて彼女ができると、その後はアナウンサーや女優など綺麗な女性とも交際し、結婚もできました。仕事面でも恋愛面でも、昔の僕から比べると、劇的に良い状況に変わりました。

なぜ、これが出来たかと言うと、今回再三申し上げている通り、失敗する考え方から脱却して成功する考え方を身に付けることができたからです。もし、あなたが成功する考え方とは何なのかに興味があるのなら、是非一度僕に会いに来てくれればと思います。あなたとお話する機会を楽しみにしております。

本章では、「金がないからできない」というセリフに潜む弊害についてお伝え致しました。

日頃の言動を振り返ってみて、もしこのセリフが口癖になっているなら、それがあなたが女性にモテない原因です。このセリフを封印すれば、あなたは大幅に収入をアップさせることができます。

そうして得た収入で自己投資を行うことによって、あなたは自分の男としての価値を高めることが可能となります。女性にとって価値のある男に進化することによって、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

6 「そのうち…」といつも決断を遅らせている

出会いの機会を求めて合コンやパーティーに参加しているのに、全然彼女ができないと、惨めな気持ちになってきますよね。

参加した出会いのイベントに行ってもLINE(ライン)の連絡先を聞いても、断られる機会も多いです。運よく連絡先交換ができたとしても、メッセージを送っても返事が返ってこないことが殆どです。惨憺たる結果を見れば、自分に何か問題があることは分かっています。でも、自分も一生懸命行動しているだけに、具体的に自分のどこが女性に悪印象を与えているかがさっぱり分からない。

きっとあなたもそのような迷路に迷い込んだ状況になっていますよね。

そういうときは、恋愛経験豊富な第三者にアドバイスを求めましょう。そうすれば、あなたは自分のどんな点が女性に受け入れられてないのかがよく分かり、それを改善することによって、モテる男へと生まれ変わることができます。

本章では、第三者に恋愛のアドバイスを受けるときの注意点についてお伝えします。

 

一番心掛けないといけないこと

僕も職務上恋愛アドバイスの仕事をしているので、多くの独身男性から助言を求められることがあります。恋愛は何か一つの対策を立てればすぐに問題が解決するケースは少ないので、継続的なサポートが必要になることが多いです。

なので、独身男性から助言を求めらると、結果的に継続的なサポートの提案をすることも多くなります。その際の、男性の反応を見ると、その男性が彼女ができやすい人かどうか、もっと言うと、その人が成功できる人かどうかがすぐに分かります。

「分かりました。これから頑張りますので、宜しくお願いします。」とすぐに決断できる人は成功するタイプです。なぜなら、決めるスピードが速い人は、次にとるべき行動をすぐに実行できるからです。やるべきことを迅速にやる人は成長も早いため、望む成果が手に入りやすいです。つまり、かわいい彼女ができる速度も速いのです。

反対に、「今は仕事が忙しいので、そのうち落ち着いたら…」とか、「今はお金がないので、そのうちお金がたまったら…」と言って、すぐに決めることができないひとは、成功しません。「そのうち…」が口癖の人は、結局いつまでたっても必要なことを何も実行しないからです。

詩人の相田みつをがこんな詩を書いています。

 

そのうち
そのうち お金がたまったら
そのうち 家でも建てたら
そのうち 子供から手が放れたら
そのうち 仕事が落ちついたら
そのうち 時間のゆとりができたら

そのうち………
そのうち………
そのうち……… と、
できない理由を
くりかえしているうちに

結局は何もやらなかった

空しい人生の幕がおりて
顔の上に 淋しい墓標が立つ

そのうちそのうち
日が暮れる

いまきたこの道
かえれない

 

「そのうち…」が口癖の人が送る人生はこんな結果になります。勿論、人生において1人も彼女ができることもないでしょう。

あなたが女性に相手にされないのは、勿論男性としての魅力に欠けているからです。それ以前に、上記のような成功しない考え方が頭の中にこびりついているのも、あなたが女性にモテない極めて大きな原因です。

女性は賢いですから、あなたと少しの時間会話すれば、その言動から成功する人間かどうか、すぐに直感で分かります。あなたが成功しない思考パターンの持ち主であることは、女性に筒抜けなのです。

ですので、それを修正したいのであれば、「そのうち…」という考え方を捨て去ることです。具体的には、理想の彼女を作りたいのであれば、まずは恋愛経験豊富な第三者に相談することです。そして、その内容が少しでも自分の役に立つと感じたのであれば、そのアドバイスを継続して受けることをすぐに決断することです。

たったそれだけの行為を実行することであなたの人生は大きく良い方向に動き出します。

女性に相手にされなくて悔しい、素敵な彼女を作って男として充実した人生を送りたい、というのであれば、こちらのあなたの恋愛力を飛躍的に高めるイベントに是非お気軽にお越し下さい。

本章では、第三者の恋愛巧者に恋愛のアドバイスを受けるときの注意点についてお伝えしました。

相談が有意義なものであったと認識したなら、すぐに継続的なサポートを受けることを決断しましょう。「そのうち…」と決断を渋っている間は彼女はできません。

迅速な決断で、必要な行動を起こし、やるべきことを粛々とやることによって、あなたの恋愛力は着実に向上します。その結果、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

7 セクハラをする男

偉い人間でも、男であれば所詮頭の中は一緒ですよね。

2018年4月に財務省前事務次官の福田淳一氏が女性新聞記者に対してセクハラ発言をするというニュースがありました。ただ、福田氏の誠に自分の欲望に実直な女性記者への発言を聞いて、「これはないなー」と笑っているあなたも、意外と女性を口説く場では似たようなことをしているかもしれません。

この騒動を見聞して、あなたがすべきことはただ1つ。女性に対して、間違ったアプローチをしていないだろうかということです。モテない男の特徴とは何であるかを学ぶことができる非常に良い事例です。

本章では、女性に軽蔑される、あなたの品位を落とす女性へのアプローチ方法についてお伝えします。

 

女性に嫌われる「セクハラ5要件」とは?

僕は日頃より、「男子、須らく、生理的に抱けない女性以外は全力で口説くべし。」と男性たちにお伝えしています。少しでもチャンスがあれば女性と仲良くなって、口説き落とすために全身全霊を尽くすことを是としています。

モテない男性は兎に角自分に自信がありません。だから、一刻も早く女性を口説き落とすという「成果」を体験することが重要です。そのためには成果に繋げる元となる案件を数多く作ることが大事なので、大勢の女性にアプローチすることが非常に重要です。

その辺りの考え方については、こちらのコラム「【自信をつける方法】3段の跳び箱をおろそかにしない男が、最も早くかわいい彼女を作れる事実」にまとめたので、是非ご覧下さい。

さて、多くの女性にコンタクトを試みることは大事なのですが、その際には感謝と礼節の気持ちを大事にしなければなりません。しかし、偉い肩書を持っている男性や、尊敬され崇められるような職種についている男性は、意外とこの気持ちを持っていないケースが多くあります。

今回テーマに取り上げた福田セクハラ元次官も、まさにこの典型例でしょう。偉い人とは往々にして傲慢な気持ちになってしまいやすいものです。イケメンを除く世の中の大部分の男性は、自分は女性に選ばれる立場であるという謙虚な気持ちを持って、女性に接近を試みましょう。

逆に、女性から嫌われる、唾棄されるアプローチ方法については、ジェンダー論に詳しい評論家の勝部元気氏のコラム「財務省セクハラ恫喝事件をここで終わりにしてはいけない」に記載されている「セクハラ5要件」が参考になります。

その要件とは、

 

(1)関係に権力勾配性がある中で上の者から口説く
(2)関係が同等でも一方的かつ複数回繰り返す
(3)二人の関係性や距離感に見合わないことをする
(4)相手が断り易い雰囲気を用意しない
(5)相手の嫌なことは何かを見極めようとしない

 

の5つです。

 

要は、例えば、

 

(1)上司が立場を利用して部下に関係を強要する
(2)粘着質に迫る
(3)知り合ったばかりで、いきなり温泉旅行を提案する
(4)断られてもしつこく口説く
(5)自分の好意を押し付ける

 

ということは、いけないということです。どれも当たり前のことなんですけどね。偉くなってしまうと分からなくなってしまう男性が多いようです。

やはり大事なのは、「どうやったら相手の女性に喜んでもらえるか。」という相手目線に立った考え方です。もし、あなたが自分の恋愛がうまくいっていないとのであれば、きっと自分の利得しか考えていない自分目線の行動が増えているからに違いありません。

今一度、あなたの行動が上記のセクハラ5要件に該当していないか、よく確認しましょう。数多くの女性にアプローチすることは極めて大事です。しかし、それは正々堂々フェアに行わねばなりません。一生懸命口説くこととセクハラは違うものだ、と認識できるバランス感覚を磨いて、モテる男になるため日々精進されることを切に願います。

本章では、女性に軽蔑されるアプローチ方法として、「セクハラ5要件」をお伝えしました。

女性を口説くときは正々堂々とやりましょう。卑劣かつ女々しい方法で口説くのは、モテない男の大きな特徴です。それをやるとあなたの価値が下がるばかりです。セクハラ行為を正しく認識できるバランス感覚を養えれば、きっとあなたの恋愛力は向上します。

恋愛力が上がれば、自然と好みの女性とデートをする機会も増進し、最終的にあなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

8 女性の言う「忙しい」を真に受ける

女性って仕事だったり、遊びだったり、色んなことに忙しいイメージですよね。

合コンで知り合った25才の受付嬢の女性。芸能人で言うと、広末涼子に似たかわいい感じの美人です。LINE(ライン)の連絡先を交換して何度かメッセージのやりとりをしたので、思い切って食事デートに誘ってみました。すると、「ちょっと最近仕事が忙しくて時間が読めないんです。落ち着いたらまたこちらからご連絡しますね。」とメッセージが返ってきました。

こんな風に、お気に入りの女性に会う約束を取り付けにいったところ、「忙しい」という返事が返ってくるばかりで、一向にデートの予定が入れられない状況に、あなたも陥っているのではないでしょうか。

そんなとき、「あー、じゃあ忙しくなくなったら、食事に一緒に行ってくれるのかな。良かった良かった。もう少し待ってみよう。」などと楽天的に考えていないでしょうか。もし、そう考えているのであれば、それこそがあなたが女性にモテない理由です。

本章では、女性からの「忙しい」を額面通りに捉える男性がなぜモテないのかについてお伝えします。

 

女性の言う「忙しい」ってどういう意味?

もし、あなたが絶世の美女から「今度ご飯いくのにご一緒してもらえませんか。」と言われたら、どうしますか。予定が入っていなければ二つ返事で返答しますし、予定が入っていたとしてもそれを動かして調整する努力をするのではないでしょうか。

また仮に予定が動かせないのであれば、「その日はどうしても都合が悪いのですが、代わりに●日は空いていませんか。」と代替日程を提示しますよね。要は、相手に興味がある、相手と一緒にいる時間を作りたいのであれば、そのための最大限の努力をするはずです。間違っても、「その日忙しいんで、すいません。」の一言で終わることはありません。

これ、実は女性も全く一緒なのです。女性だって、会いたい男性のためにであれば、どんなに忙しくても時間を作ります。いや、寧ろ、女性こそ男性よりその傾向が強いと言えるでしょう。

と言うことは、女性が単に「忙しい」と言ってあなたと会う予定を入れてくれないということは、あなたと会うことを体よくお断りしているのです。「こちらからまた連絡します」と女性が言うのは、「断ってんだから、しつこく連絡してくるんじゃねーぞ、バーカ。」という意味なのです。

本当に会いたい男性に対しては、女性は必ず時間を作ります。仮にその日がダメでも「●日だったら空いてます。」と代替日程を教えてくれます。ただ忙しい、しかも代替日程の提示もないのなら、それはお断りの印です。

だから、女性から「忙しい」と言われていることを、「忙しくなくなったら、一緒に食事にいってくれるんだ。」と期待感を持っているあなたは、自分が置かれている客観的状況を把握できていない全くもっておめでたい男です。

なぜ、あなたが客観的状況を把握できていないのかと言うと、物事を自分目線でしか見ていないからです。相手女性がどういう気持ちなのか、相手が放つ言葉の裏にはどういう意味が含まれているのか、相手目線に立った考え方ができていないから、相手に対する自分本位の期待しか感じることができないのです。

自分目線でしか女性と接することができない男性がモテない理由は、こちらのコラム「【女性とのデート】『今度会いませんか?』とメッセージする男が、1回もお目当ての美女を誘い出せない本当の理由」にも書いてあります。是非ご覧下さい。

そもそも、相手目線で物事を考えられず、自分目線の発想が浮かびやすい人に共通する特徴は「気づく力」が圧倒的に低いことです。気づく力が弱いので、自分以外の他人の気持ちに配慮することが難しいのです。

女性にモテるためには気づく力を強化することが極めて重要だと、今までも僕は口を酸っぱくしてお伝えしてきました。こちらのコラム「【合コン必勝法】『気づく』力を身に付けると、たやすく美女に10倍モテる驚きの根拠」にもその旨書きましたので、是非ご参照下さい。

お伝えしました通り、女性からの「忙しい」を額面通り捉えている男性は、気づく力が低い故に、相手目線で物事を考えられない人間です。だから、あなたは女性にモテないのです。なので、一刻も早くあなたには気づく力を強化することをお薦めします。

気づく力をレベルアップさせたいのであれば、こちらのコラム「『合コンでモテる男』になりたい独身男性が、女性を『ほめる』ことを励行すべき本当の理由」に書いてあることを実行しましょう。

本章では、女性からの「忙しい」を額面通りに捉える男性がモテない理由についてお伝えしました。

こうした男性の特徴は、気づく力が低い故に相手目線に立って立ち居振る舞いができないことです。だから、会話にしろ、LINEメッセージにしろ、女性の心を掴む表現ができません。気づく力を上げない限り、あなたは100年経っても彼女を作ることができません。

逆に、日頃から精進して気づく力を上げることができれば間違いなくあなたの恋愛力は向上します。そうすれば、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることが出来るのです。

 

9 すぐに好意を伝える

合コンで出会った女性を一生懸命ほめたのに、嫌われたときって凹みますよね。

金曜日の夜に友人に誘われて参加した恵比寿で開催された5対5の合コン。20代半ばのかわいいOLさんが参加すると事前に聞いて、期待に胸を膨らませて参加しました。会場に顔を出して参加女性と対面してみると、事前情報通り綺麗な女性が着席していて気持ちが高揚します。

何とか仲良くなろうと、会話を盛り上げる努力を目いっぱいしました。特に女性をほめることが効果があると聞いていたので、ほめることを意識して会話に臨みました。その甲斐あってか、お目当ての綺麗な女性とも無事LINE(ライン)の連絡先を交換することができました。

合コンが終了してから、早速お目当ての女性にLINEでメッセージを送信します。一生懸命ほめたことだし、良い返事が返ってくることを期待しました。ところが、送ったメッセージは既読になるものの、一向に返信がありません。気が付いたらそのまま3日も経ってしまいました。

どうやら、残念なことに相手女性のお眼鏡にかわなかった模様です。LINEの連絡先は交換してくれましたが、あれは合コンの終盤でみんなが連絡先を交換するタイミングだったので、その流れでお情けで交換してくれたに過ぎなかったのです。

そんな悲しい体験をあなたもしたことがあることでしょう。

それにしても、あなたがあんなに一生懸命ほめたにもかかわらず、なぜあなたは女性から嫌われてしまったのでしょうか。実はその原因はあなたが発したある一言の単語にありました。

本章では、女性の気持ちをあなたから遠ざけてしまった、女性をほめる際の禁断の言葉についてお伝えします。

 

あなたが女性に「キモい」と思われる最悪の言葉とは?

合コンであなたが女性をほめるときに頻発していた単語。それは「好き」という言葉でした。

あなたは女性をほめるときに、

「A子ちゃんってテレビの世界から飛び出てきたようにかわいいよね。好きだわ~。」

「A子ちゃんの目ってすごく大きくてアイドルみたいだよね。生まれ変わっても好きになっちゃうな。」

というふうに常に「好き」と言う言葉を連発していました。

「好き」という言葉に代表される女性に対する「好意」、あなたは良かれと思って、相手女性が喜ぶと思って、ほめ言葉の一部として活用していたつもりだったのでしょう。しかし、結論から言うと逆効果です。それもかなり度合いの強い逆効果です。

女性から見て心をまだ許していない男性、警戒対象となっている男性から好意を伝えられた時、女性が感じるのは「キモい」。この一言に尽きます。あなたが福山雅治のような誰からも好かれる色男であったり、ジャニーズ系の女性にキャーキャー言われるレベルのルックスの持ち主であれば何の問題もありませんが、このコラムを読んでいるあなたはそうした種類の男性ではないはずです。

女性は、初対面のまだ会ってから数十分しか経っていないどちらかというとブサイクな男から「好き」と言われても気持ち悪いだけなのです。加えて、あなたが悪気なくそうしたキモい発言をしていることが、一層相手女性を怖がらせます。

初対面で屈託なく相手に悪印象を与えるあなたに対して、女性から与えられる評価は、「空気の読めない男」「相手の立場に立った言動ができない男」「従って仕事も出来なさそうだし、成功の臭いがしない男」です。

更に、一旦女性に「キモい」という印象を持たれたら、「やんわりと断っているのに、しつこくデートに誘ってきそう」とか「ストーカーになりそう」といった悪いイメージしか頭に浮かんできません。そんな最悪の印象を持った男性に対して、女性がコンタクトをとる意思を持つでしょうか。まずないでしょうね。

あなたが女性をほめるときに連発した「好き」という言葉。この単語が上記のような役割を果たしたから、あなたが送ったLINEメッセージに女性から返事が返ってこなかったのです。

ですので、合コンやパーティーなど初対面でまだ相手女性と打ち解けていないとき、即ち相手女性がまだあなたに対して警戒心を持っているとき、会話の中で相手女性をほめるときに「好き」と言って好意を伝えることは慎みましょう。

「好みだ」とか「タイプです」といった表現も好意を連想させる言葉なので、使わない方がいいでしょう。「綺麗」「美しい」「かわいい」といった、容姿を形容する言葉はガンガン使って問題ないです。

「女性をほめる際には自分の『好意』をコントロールする」ことを肝に銘じて、合コンやパーティーで女性との会話を楽しみましょう。

本章では、合コンで女性をほめるときに口にしてはいけない単語についてお伝えしました。合コンで出会って間もない女性をほめるときに「好き」という言葉を使って好意を伝えることはやめましょう。

好意を伝えない形で女性をほめ続ければ、相手の警戒心は徐々に下がってきます。あなたと女性の間にある目に見えない壁が取り払われたところで、初めて好意を伝えます。そうして、あなたは最終的に理想の可愛い彼女を作ることができるのです。

 

10 弱者に対して偉そうな男

突然ですが、「初回デートの際に、女性が『この男、最悪!』」と感じる行為とはどんなことだと思いますか?

僕の私見ですと、ダントツに多いのが「レストランの店員に偉そうな対応をする男」です。これ、雑誌のアンケートなどでもよく見かける嫌な男の定番の振舞です。だから、こんな対応をする男なんて少ないと思っていました。

しかしながら、僕も多くの女性に「彼氏に求める3つの条件」など、女性の好きなタイプや嫌いなタイプをアンケートする中で、実際に女性からこの回答が返ってくることが非常に大きいことに、びっくりしました。

まさかとは思いますが、あなたはこんな行為はしてませんよね…。

では、なぜこのように「レストラン店員に横柄な態度を取る男性」はいつまでも消えることがないのでしょうか。その背景を考えながら、あなたが女性にモテる為にどのような考え方を保持しておくべきかについてお伝えします。

 

「店員に横柄な態度を取る男」の残念な印象

そもそも、店員に横柄な態度を取る男性は、なぜ女性に嫌われるのでしょうか。それは、「店員と客」という絶対的に逆らえない立場を利用して、相手に対して理不尽な要求をする姿が、女性の目には醜いし卑怯に映るからです。

では、どのようなシチュエーションで男性がこうした横柄な態度を取るかと言うと、何か男性の意にそぐわない現象がおこったときです。自分の期待する効果が得られなかったとき、その原因を作った相手に対して怒りを爆発させます。

こういう男って、一言で言うと、「大きい」「小さい」どっちだと思いますか?圧倒的に器の小さい男ですよね。器の小さい男は、概して自分に自信がない男です。例えば、他に女性にアピールできるような長所がないから、レストランの従業員のような弱者との優先的地位を見せつけることによって、自分の存在感を示そうとしていると考えることもできます。それが逆効果であることも気づかずに実行しているのは、哀れなことですが。

そもそも、他人の前で怒りを爆発させることも大きなマイナス効果があります。感情のコントロールができない未熟な人間と女性に思われます。また、女性からしたら、「何かのきっかけがあると、この怒りの矛先が自分に向くことがあるかもしれない。」と男性に対して危機感を持つことに繋がります。

つまり、「レストランの店員に偉そうな対応をする男」は、

● 心が醜い

● 卑怯者

● 器が小さい

● 自信がない

● 感情のコントロールがきかず未熟

● 威圧的

というように、見事なまでにネガティブな印象を女性に与えます。これではモテないのは当たり前ですよね。ですので、デートにおいては特に店員に対する振舞は、厳に気を付けて対応せねばなりません。

 

「許す」男は器が大きい男

上記のようなネガティブな印象を与える男になりたくないのであれば、デートの際の従業員への対応だけに気を配っていればいい訳ではありません。大切なことは、小さなことでいちいち怒らない大らかな心を持つことです。

会社の同僚が自分の期待するペースで仕事を進めてくれない、好きなアーティストのコンサートチケットが手に入らない、好きな女の子に告白したら「付き合う可能性0%」と言われる、などあなたが日常生きていれば怒りたくなるような事象は多くあるはずです。

そうした事態に直面したら、グッと怒るのをこらえることです。「同僚にも色んな事情があるんだろうな。」「次回のもっとパワーアップしたコンサートに行けばいいじゃないか。」「振られるなんて俺もまだまだだな。」と様々な角度から思いを巡らせて、怒りをコントロールしましょう。

特に女性とのデートのときに、それが相手女性に対してであれ、第三者に対してであれ、怒りの感情を露わにしてあなたが得することは一つもありません。デートの際にもし何か怒りがこみ上げるような事態になったときは、「ここで怒ったら、この女子に嫌われる」と認識することです。

若しくはもっと直接的に「ここで怒りを我慢すれば、この女体をゲットできる。」と自分にご褒美を設定してでもいいので気持ちを抑制しましょう。そうすれば、あなたは器の大きい男と認定されて、女性からの好感度が上がっていきます。

その観点からすると、あなたが器の大きい男だと認識され、モテる男になるために重要な能力は、「許す力」です。日常生活の中で、腹が立つこと、面白くないことがあったら、それはあなたの許す力を上げるために神様がくれたチャンスだと捉えればいいのです。

自分に自信がある男性、自分の力で困難を打開する力を持っている男性は他人を許す力が概して強いです。それは、自分の人生を自分の責任で生きているからです。第三者を責めたり、物事を他人のせいにしても本質は改善をしないことを彼らはよく知っています。

女性は男性の何気ない仕草や振舞から、その男性の器の大小を迅速に見抜くことができます。あなたがどちらのタイプの男性を目指すか。女性に本気でモテたいのであれば、答えは明白ですよね。

本章では、「許す」男になるとあなたが女性にモテる理由についてお伝えしました。

もし、あなたが、「自分はいまいち女性にモテてない」と朧気にも感じているのであれば、普段の生活から何事に対しても「許す」男になれるよう精進しましょう。そうすると、女性はあなたのことを「器の大きい男」と認識するようになります。

そうして、相手女性における好きな男性ランキングの1位にあなたが輝いたときに、あなたは理想のカワイイ彼女を作ることができるのです。

 

11 下ネタばかり言う男

友達に紹介された女性と食事をしたのに、次のデートに繋げられないときって悲しいですよね。

友人から「一人いい独身女性がいるんだけど会ってみない?」と言われて紹介された女性と食事をする機会がありました。待ち合わせ場所に行ってみると、そこに現れたのは目が大きくて、長くて綺麗な黒髪を携えた素敵な女性でした。

非常に好印象だったこともあって、雰囲気を盛り上げようと一生懸命会話する努力をしました。自分としてはその女性と一緒にいて楽しかったので、「また食事でもしましょう」とLINE(ライン)でメッセージを送りました。しかし、そのメッセージに返信があるどころか、読まれることさえありませんでした。所謂未読スルーです。

そんな残念な思いをしたこと、あなたもきっとありますよね。

女性からそのような冷たい態度を取られたとき、大抵のケースではあなたが気づかないうちに相手女性に対して失礼な対応をしていることが多いのです。なので、あなたが自分の犯している失礼な態度に気づくことができれば、女性の反応も必ず良くなります。

本章では、ある女性が遭遇した失礼極まりない男の実例をご紹介します。是非反面教師としてご参考にして頂ければ幸いです。

 

あなたはこんな行動とっていませんか?

美容系のお仕事をしている30代の美女Mちゃんは、先日女友達の紹介でとある男性X氏と食事をすることになりました。X氏は28才の税務署勤務の男性と聞いていたので、どちらかというとMちゃんはお堅いイメージを持っていました。

事前にLINEの連絡先を交換してやりとりをしていましたところ、一応気を使って敬語で文章を送るMちゃん。それに対して、X氏は年上のMちゃんに対して「ちぃ~す」「よろしくぅ~」といった軽いノリでメッセージを送ってきます。Mちゃんはこのときから早くも違和感を憶えていました。

また、LINEやりとりの中で、X氏はMちゃんに対して、「行こうと思っている店、ドレスコードがあるから…」といって、それなりの店に行くということをメッセージの中で示唆していました。Mちゃんもそれを考慮して、当日は普段より少し綺麗目の服で行くことにしました。

さて、会食当日、待ち合わせ場所は池袋のドン・キホーテの前でした。Mちゃんが約束の時間に待ち合わせ場所に行くと、X氏はまだ来ていませんでした。暫く待っていると、X氏がやってきました。遅刻したことに対して、全く悪びれることのない様子にまたしても違和感を感じるMちゃん。X氏のルックス自体は良くもなく悪くもなくまあ普通といった感じです。

さあ、どんな素敵なレストランに連れていってくれるのかと期待していたところ、X氏が案内したのは雑居ビルに入ったチェーン店系の居酒屋でした。「あのドレスコード云々のやりとりは一体何だったのか。」とMちゃんは混乱しました。

この時点で猛烈に帰りたくなったMちゃんでしたが、取り敢えず着席することにしました。気を使ったMちゃんが乾杯しようとしたら、いきなり「乾杯とかいいんで。」と言ってキレられたことにMちゃんはびっくりしました。

そして会話が始まってみると、X氏はMちゃんと全く目を合わせず、下を向いてボソボソ話します。その上、驚いたことに、話すテーマは殆ど下ネタだったのです。その日、MちゃんがX氏からされた質問は、「経験人数は何人?」「最近いつやった?」「初体験はいつ?」「性感帯はどこ?」「好きな体位は?」「やるとき道具使う?」などなかなか際どい内容です。

また、「30代になると女性器も衰えるんですか?」とかなり失礼な質問もX氏は平気でしてきます。何を話すにしても兎に角上から目線なのがX氏の特徴です。昔の彼と別れた理由を尋ねられたMちゃんが謙遜して「私に至らない点があって…」と答えると、X氏は「でしょうね。」とコメントしました。

他にも、Mちゃんが彼氏がいないことに対して反省点や向上心はないのかとなじられたり、異業種交流会にでかけても良い出会いがないことを責められたりと、終始イライラして叱責する調子で会話が展開されました。

X氏のグラスが空いていたので、気を使ったMちゃんが「お代わりいりますか?」と尋ねました。そうしたら、いきなりX氏が「余計なことしないでもらえますか。自分でできることは自分でしないとおかしくないですか。」とまたもやキレ出します。

ほとほと疲れ果てたMちゃんはついに帰宅することを決意しました。お会計はもちろん割り勘。1円単位ではありませんでしたが、10円単位できっちり計算されました。お会計時、Mちゃんはトイレに行っていましたが、出てきたらもうX氏の姿はありませんでした。Mちゃんを待つことなく一人さっさと帰ってしまったようです。

さすがにもう連絡はないだろうと考えていたMちゃんでしたが、何と後日再びX氏から連絡がありました。「またご飯にいきましょう。」というお誘いがあったことにMちゃんは驚愕したと言います。

X氏は極端な例かもしれませんが、ひょっとしたら1つや2つ、あなたもX氏と同じような行動をとっているかもしれません。それだけでも十分嫌われる理由になり得ます。女性とのデートで思うような結果がでなかったときは、自分の胸に手を当てて、改善すべき点がないかよく考えましょう。

本章では、とある女性が遭遇したとんでもない失礼男の実態をお伝えしました。

ひょっとしたら、あなたにも思い当たる節があるかもしれません。それに気づくことがとても重要です。反省点に気づくことができれば、それを改善することができるからです。

そうして、あなたに内在する問題点を修正することであなたの恋愛力は確実に高まります。その結果、最終的にあなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

12 1軒目からバーでデート

好意のある女性をデートに誘い出せなかったときって悲しいですよね。

先日参加した合コンに参加して知り合った女性とここ5日間毎日LINE(ライン)のやりとりをしています。そろそろデートの約束を取り付けたいと思って、メッセージを展開したものの、結局色よい返事は貰えず、その女性とは二度と会うことはできませんでした。

そんな残念な経験をあなたもしたことがありますよね。

実は、あなたがデートを実現できなかった原因は、デートで誘った場所がまずかったのです。だから、デートの提案内容を変えれば、好みの女性と会うことができます。

今回は、誘ってはいけないデートの場所についてお伝えします。

 

なぜ、1軒目のバーはいけないのか?

このケースで、あなたが女性を食事デートに誘うとき、こちらのコラム「【LINE(ライン)での誘い方】『二択質問術』を活用すると、1ヶ月で10人の女性と簡単に食事デートできる背景」にある通り、2択の質問で女性をデートに誘い出す努力をしました。

この手法を活用すること自体は素晴らしいことです。ただ、2択で提示した飲食店のジャンルを間違えてしまったのです。あなたが提示した飲食店は、夜景の綺麗なバーと近くにある隠れ家のようなお洒落なバーの2店でした。

バーに行こうとすること自体は間違いではありません。ただ、バーは2軒目の店として活用した方が良いのであって、1軒目の店の提案としてはあまり適切ではありません。

女性とデートに引っ張り出したいのであれば、美味しい食べ物や相手女性の好きな食べ物を見せることが有効です。それに対する期待感を高めることができるからです。焼肉、寿司、焼鳥など、何でもいいので相手女性の好みの食材を提供する飲食店を見せて、そこに誘導することが食事デート成立の近道です。

しかし、一般的に言って、バーで美味しい食事を売りにしているところは殆どありません。だから、LINEのやりとりの際にバーを提示しても、相手女性の食欲を刺激してデートに結び付けられる可能性は低いのです。

バーはお洒落な雰囲気や綺麗な景色を売りにしているところが殆どです。なので、1軒目に行く飲食店ではなく、食欲を満たした後の2軒目の店として活用しましょう。

食事デートの際の1軒目のレストランを見つけるには、食べログを活用するのが便利です。上手な検索方法については、こちらのコラム「【デート時のレストラン】美味しい食事で簡単にモテる『食べログ』活用3分マニュアル」に掲載してあります。是非ご活用下さい。

本章では、食事デートを提案する際、1軒目の飲食店でバーを選んではいけない理由についてお伝えしました。

バーは食事でなく、雰囲気を楽しむためのお店です。2軒目で女性を上手に口説くための店として活用しましょう。そうすれば、あなたの男としての価値を効果的に相手女性に伝えることができ、最終的にあなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

13 部屋が異常に汚い

部屋に連れ込んだ女性がイイコトする前に帰ってしまったときって悲しいですよね。

合コンで出会った25才の銀行員の女性と2回目の食事デート。一軒目のイタリアンレストランから、2軒目の雰囲気のいいバーへの移動もスムーズに完了です。恋愛トークからうまく口説きに入りキスまで成功。バーを出ると、女性と共に一人暮らししている自分の部屋まで直行しました。

部屋に入り一杯飲み直して、「さあ、そろそろこれから。」と言うときに、女性が「今日は私は帰りますね。」と言って帰宅してしまいました。後日、LINE(ライン)でメッセージを送るものの、返事が返ってくることはありません。どうやら、その女性には切られてしまった模様です。

そんな残念な経験、あなたの記憶にも残っていますよね。

折角頑張って部屋に連れ込んだ女性が帰宅してしまった理由、それはあなたの部屋が汚くて、それに耐えることができなかったからなのです。ですので、女性があなたの部屋に来訪する可能性があるときは、部屋を綺麗にしておきましょう。

そうすれば、連れ込んだ女性があなたの部屋から逃げ帰ることはなくなります。

本章では、部屋が汚い男の極端なケースをご紹介します。

 

床一面がゴミの山

30代の美人OLのH子さんは、ある20代後半男性X氏と2回目の逢瀬となる食事デートを2人で楽しんでいました。X氏に対して好印象を抱いていたH子さんは、密かに「今日は最後まで行っちゃってもいいかな。」と普段よりも上質且つセクシーな下着を着用していました。

食事が終わると、二人連れ添ってX氏の1人で住む部屋まで移動しました。ドアを開けて室内に入ろうとするH子さんは、そこで衝撃の光景を目にします。何と、床一面がゴミやモノで埋まっていて足の踏み場が全くありません。所謂ゴミ屋敷のような部屋だったのです。

汚いのは床だけではありません。キッチンにも汚れた食器や食べ残しが入ったカップラーメンの容器が山積みになって悪臭を放っています。テーブルの上には飲みかけで蓋がない状態のペットボトルがズラリと並んでいます。X氏は外出するときに使用済みのペットボトルを水筒代わりに持参するため、ペットボトルを捨てることができません。

また、冷蔵庫と壁の間にある隙間には、使用済みのスーパー袋が山のように詰められている光景に、恐怖さえ覚えたとH子さんは言います。12月でもないのに、壁にクリスマスグッズが飾られていることにも大きな違和感を感じました。今まで何度か転居をしたことのあるX氏。引っ越しのときは毎回両親が家まで来て、部屋の片付けをしてくれるとのことです。

足の踏み場もない部屋で、唯一くつろげるのはベッドの上。そこでX氏と会話していたH子さんでしたが、どうにも耐えることができず、到着してから30分で部屋を退出しました。

このX氏という人物が、顔は爽やかイケメンの医師だというのですから、驚きです。このように、幾らスペック的に優れた男性であっても、女性に清潔な印象を与えることができなければ、部屋まで招待した女性はすぐに家を出ていってしまいます。

本章では、部屋を汚くしていると、折角女性を部屋に連れ込んでも帰られてしまう理由についてお伝えしました。

女性は、不潔な男性を本能的、生理的に忌避します。部屋に女性が来る可能性があるときは、部屋を綺麗に片づけておきましょう。そうすれば、いざ女性があなたの部屋に足を踏み入れてから、リラックスして過ごすことができます。

そうして、女性に安心感を与えれば、あなたは女性と濃密な時間を過ごすことができ、あなたは最終目標を着実に達成することができます。その時こそ、あなたが理想のかわいい彼女を作る瞬間なのです。

 

14 女性のお愛想の回答を本気にする

合コンで仲良くなった女性に翌日LINE(ライン)でメッセージを送ったのに、未読のまま放置されたときって悲しくなりますよね。

先日とある独身男性N氏からこんな話を聞きました。「合コンで会った女性とその合コンの場で話をして、今度映画を見にいく約束をしたんです。それで、翌日メッセージを送ったところ、既読スルーどころか既読にさえならないんです。つまり、送った文章が見られていないようです。これって何でですかね?」

合コンの場で話が盛り上がったのに、LINEでメッセージを送ったら全く反応がない。似たような体験は、きっとあなたもしたことがありますよね。

あなたが送ったメッセージが冷たく無視されてしまう理由、それは単純にあなたがウザいからです。あなたは合コンの場で女性と仲良くなったと感じているかもしれませんが、相手女性は1ミリもそんなことを思っていません。

本章では、なぜ、そのようなすれ違いが起こるのかの背景についてお伝えします。

 

お愛想の言葉を本気にする愚

結論から申し上げます。

女性が合コンの場であなたとした映画を見にいく約束や、デートの話、これらは全て女性がお愛想で言ってくれているのです。ノリの悪い回答をして、その場の雰囲気を壊したくないから、あなたのお誘いに付き合ってくれているだけなのです。

つまり、そもそもあなたと一緒に会うつもりなどさらさらありません。それなのに、それを鵜呑みにしたあなたは、後日一生懸命せっせとメッセージを作成して送ります。女性からすれば、端からあなたとどこかに行くつもりなどないので、そもそもLINEの連絡先を交換した直後にあなたをブロックしたり、メッセージは見たものの放置しているのです。それが、あなたに相手女性から無視されるからくりなのです。

 

女性にウザがられる典型的パターン

では、一体なぜこんなことになってしまうのでしょうか。それは、前述のN氏のケースを想像すると分かりやすいです。僕はN氏がその合コンで女性と話しているのを見た訳ではありませんが、N氏からその合コンの様子を聞いたのと、N氏の性格を少し知っているので、そこから状況を推定してみます。

まず、N氏が参加した合コンは少し特殊な合コンでした。5つのテーブルが用意されて、各テーブルには男女数名ずつが着席しています。10分話したら、女性はその席に座ったままで、男性だけ隣のテーブルに移動して、次のターンの会話を開始。10分話したらまた男性は移動、というふうに、男性がグルグルテーブルを回って、最終的に全ての女性とお話することができる、という形態でした。簡単に言うと、10分の合コンが5回催されるイメージです。

ということは、一つのテーブルで相手女性陣と会話できる時間は10分です。N氏曰く、「映画を見にいく約束をした」ということは、10分の間で映画を見にいく約束を取り付けたということです。それなのに、その女性に送ったメッセージが読まれてもいないということは、その女性に完全にウザがられているはずです。

恐らく、N氏は女性との会話のテーマとして映画を選んだのでしょう。その中に、「最近見たい映画ある?」といったような会話があって、相手女性が「●●って映画、見てみたいんですよね。」と回答しました。そこで、N氏が「それ、僕も見たいと思っていたんですよ。今度一緒に見にいきましょう。」と乗っかってきました。女性はそこで「そうですね~。機会があれば。」というふうにお愛想で回答をしました。

多少違いはあるかもしれませんが、こんなやりとりがあったのではないかと僕は想像しています。そうしたところ、N氏が「じゃあ、是非行きましょう。いつ空いてます?」と質問してきました。このとき、女性はどんな心理でいるでしょうか。実は、こんなことを考えています。

「あちゃあ、愛想で答えてんのに、コイツ本気にしてきたよ。ていうか、マイペースで空気読めないヤツだな。がっつき度合いがまじウザい。お前みたいなブサイクと誰が行くかっつーの。まあ、LINE来たらシカトだな。」

こう思いながら、笑顔で「そうですね、時間が合うかどうか確認してご連絡しますね。」答える女性に、N氏はすっかり騙されているのです。今の時代、LINEは便利ですよね。連絡先を交換しても、気に入らない相手なら即ブロックできるわけですから。

 

女性にウザがられる理由

具体的に、N氏のどのポイントが相手女性の反感を買ってしまったのでしょうか。

まず1つ目は、相手女性の気持ちを考えることなく、マイペースでどんどん話を進めて、映画デートの約束を取り付けようとしたことです。出会って10分以内ということはまだお互い相手のことが殆ど分からない状態です。女性としては、相手に対して警戒心を持っているので、余程のイケメンで一目惚れしない限り「この人とのデートに応じよう」などとまだ判断できません。

そんな女性の気持ちを考えることなく、ズケズケとデートを迫ってくる男性。男性は女性がちょっと可愛ければ、すぐにデートをしたくなるものです。その気持ちは分かりますが、相手の気持ちを慮ることなく会ってから極めて短時間でデートを迫る背景にあるのは、自分の願望さえ叶えられればいいという独善的な欲望です。そこには、相手女性に対する思いやりや、相手の立場に立って物事を考えるという発想がありません。

そうした鬱陶しい男性が発する兆候を、女性は短時間の会話でも敏感に感じ取ります。N氏は僅か10分の会話で相手女性に大きな悪印象を与えたものと推定されます。

それを避けたいのであれば、常に女性に対して「貢献」の気持ちを持つことが重要です。貢献することの重要性については、こちらのコラム「【彼女候補と出会う】見返りを求めない男が簡単に美女に2倍モテる背景」に記してあります。

2つ目の理由は、「気づく力」が低いことです。今回のケースでは、相手の立場に立った言動ができなかったことが、失敗の原因です。自分のことばかり考えていて、気づく力が低いからこそ、相手の立場に立つことができません。

また、気づく力が低い人は、自らの「正確な現状」を把握することができません。自分を客観視することができないのです。ここでいう「正確な現状」とは、「自分がモテない男」であることです。そもそも、会ってから10分で女性とデートを取り付けるなんて、イケメン男性でも難しい技。相手がかわいくて若い女性であれば尚更です。

それなのに、3年以上彼女がいなくて、現時点では明らかに「モテない男」であるにもかかわらず、N氏は、10分で20代美女と映画デートの約束が取れたと信じて疑ってませんでした。このことこそが、何よりも自身の「正確な現状」を把握できていない証左です。

そもそも、自信がモテない男だと「正確な現状」を把握していれば、10分でデートを取り付けようとはしません。女性とデートに誘い出すためには、コツコツと相手の警戒心を下げる努力をすることが何よりも重要で、これには時間と労力を掛ける必要があります。

その具体的な方法については、こちらのコラム「合コンの会話を盛り上げる基本トーク術6選【男性必見】」に記載してあります。是非ご参考にして頂ければ幸いです。

N氏はきちんと仕事もされているし、何より素敵な彼女を作るために多大な努力をされています。なので、自らがこのような課題を認識され、改善することができれば、きっと良いパートナーに巡り会えることでしょう。今後のN氏の巻き返しに期待致します。

本章では、合コンでデートの約束をした女性にLINE(ライン)を未読スルーされるたった理由についてお伝えしました。

合コンでは独善的でマイペースな会話を回避し、平素より気づく力を上げる努力をすることが重要です。そうすれば、あなたがお目当ての女性をデートに誘い出せる確率は飛躍的に上がります。その結果、最終的にあなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

15 口癖が「面倒臭い」

かわいい彼女を作りたいのに、いい出会いがない、世間の女性は見る目がないとお嘆きではありませんか。

自分の理想の彼女と出会いたいという願望はあるものの、実際に合コンやパーティーなど出会いの場所に行っているかというとそうでもありません。では、マッチングアプリに登録して、出会いの機会を探っているかというとそれもしていません。

たまに、婚活パーティーや相席レストランのようなところに出かけることはあります。では、そこで出会った女性と上手に会話ができるかというと、相手を楽しませるようなユーモアのある話をすることもできません。

ひょっとしたら、あなたもそんな八方塞がりの状況に追いやられているかもしれませんね。

あなたの恋愛が全くうまくいかない原因、それはあなたの口癖である「面倒くさい」にあります。なので、その口癖を撲滅しない限り、あなたに綺麗な彼女ができることはありません。

本章では、「面倒くさい」という思考を持っている男性がなぜモテないのかについてお伝えします。

 

「面倒くさい」はあなたの行動を大きく制限する

まず、すぐに「面倒くさい」と口をつく男性の特徴は、行動が大きく制限されるということです。素敵な女性と出会いたいのであれば、女性と出会える場所に足を運ぶのが一番確実な方法です。今の世の中、女性と出会える機会は沢山あります。

女友達に頼めば合コンのセッティングができたり、男友達と一緒にパーティーに出かけければ、多くの女性と出会うことができます。また、ネットで検索すれば街コン開催情報はいくらでも手に入ります。仕事が遅く終わった日でも、相席レストランに行けば女性と出会うことができます。

また、マッチングアプリも今ではメジャーなものが多数あります。全てを登録する必要はありませんが、例えばMatchapp(マッチアップ)のようなマッチングアプリ攻略サイトを参考にして、自分の属性と戦略に合ったマッチングアプリに登録することはできるはずです。

そうした少しの行動を起こすだけで、女性との出会いの機会ができるというのにそれをしない。その元凶はあなたの心の中に巣食う「面倒くさい」の精神です。あなたの口から「面倒くさい」という単語が出続ける限り、あなたに出会いはやってきません。それは即ちあなたの恋愛が発展することもないことを意味しています。

 

好奇心を失うことのデメリット

あなたがすぐに「面倒くさい」と思うもう一つのデメリットは、好奇心を失うことです。例えば、女性と会話をするとき、相手の警戒心を解いて打ち解けるためのポイントは、「共通点・共感」ポイントを見つけることと、相手のことを「ほめる」ことです。

この2つのポイントを実践するためには、相手に対して好奇心を持って接する必要があります。例えば、相手女性の着ている服装や髪形について、好奇心を持って注意深く観察します。そうすると、「同じブランドの時計をしている」という共通点に気づいたり、「髪の毛がさらさらしていて素敵ですね」というふうにほめることができます。

女性のファッションやヘアスタイルは、恐らくあなたにとって全く興味がない事柄でしょう。だから、そうしたものに対して好奇心を持って臨むことは確かに男として「面倒くさい」ことに違いありません。しかし、そうした女性が好む話題にも触れて会話を盛り上げていかないと、女性とあなたの間にある目には見えない心の壁を崩すことはまずできません。あなたの「面倒くさい」精神が頭をもたげて、相手女性に対する好奇心を失い続ける限り、あなたは女性と仲良くなることはできません。

このように、あなたが女性にモテない原因の大元は、何に対してもすぐに「面倒くさい」と考えてしまうその発想にあります。もし、本気であなたがかわいい彼女を作りたいのであれば、「面倒くさい」という口癖をやめることです。あなたから見ると他の男性は楽に女性と仲良くしているように見えるかもしれません。

でも、本当はそんなことはないのです。「水面を優雅に浮かぶ白鳥も実は水面下では必死に足をもがいてる」という例え話にもあるように、みんな女性にモテるために歯を食いしばって地道な努力を続けています。可愛い彼女を作りたいのであれば、面倒くさがらず、コツコツやるべきことをやりましょう。

本章では、「面倒くさい」を口癖にする男が女性にモテない理由についてお伝えしました。

「面倒くさい」とばかり言っていると、出会いの機会も作れないし、仮にあったとしても相手に対する好奇心も持てないため女性の心に刺さる会話ができません。従って、いつまで経っても女性と仲良くなることができません。

「面倒くさい」と感じるその心を抑えて、女性のハートを掴むために必要な言動をコツコツと積み重ねていきましょう。そうすると、徐々にあなたの価値が相手女性に伝わっていくはずです。あなたの伝えた価値が相手女性の要望を満足させることができたとき、あなたは遂に理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

16 フェイスブックの「いいね!」の数に異常にこだわる

フェイスブックに記事を投稿したとき、その記事に「いいね!」がつくと嬉しいものですよね。

とは言え、たまに見かけるのが、兎に角自分の投稿につく「いいね!」の数に異常なまでのこだわりを見せる男性。中には、自分が投稿した全ての投稿について、誰が「いいね!」をつけたかを細かくチェックしている男性もいると聞きます。

ひょっとしたら、あなたも身に覚えがあるかもしれません。

実は、このフェイスブックで異常なまでに「いいね!」にこだわる考え方を持っている男性は、女性にモテない傾向にあります。本章では、その理由についてお伝え致します。

 

「いいね!」なんて大した意味がない

感情論として、自分の投稿した記事に「いいね!」がついたり、その数がより多い方が嬉しいことは理解できます。また、例えば、ビジネス目的で記事の拡散という観点からすると、「いいね!」が多ければ、他の人のタイムラインに「○○さんがいいね!しました」と表示されて、より多く拡散される効果があります。だから、記事につく「いいね!」の数はが多い方がいいという価値観はあって当然でしょう。

一方で、「いいね!」の数に異常なこだわりを持つあなたのような方は、「いいね!」そのものに過大なパワーを感じる傾向にあります。例えば、「『いいね!』をくれた○○さんは、僕の応援者だ。」とか、「この記事に『いいね!』をくれた●●さんは、僕に深く共感してくれている。」といった認識を持ちがちです。

これは恐らくあなた自身が、他人の深く共感した記事にしか「いいね!」を押していないから、そのように感じるのでしょう。でも、多くの人にとって、「いいね!」なんてそんな大した意味ないんですよね。僕なんか、「取り敢えず見ました」程度の感覚で押しているし、中身熟読しないで押すことだってよくあります。

勿論、少ないよりか多い方がいいけど、本質的に「いいね!」なんて大した意味のないこと。「いいね!」に異常なこだわりを持つ人の何がズレているかって、「本質」に気づく力を持っていないことです。

僕の知っているある経営者の方がこのようなことを言っていました。「フェイスブックの『いいね!』の数を追っても意味がない。それより、数字でこだわりたいのは年商です。なぜなら、年商は自社がどれだけ社会から支持されているかのバロメーターだからです。」

仮にビジネスが目的であるなら、「いいね!」の数を増やしても直接的には1円の利益にもなりません。年商とは要は売り上げ。つまり、実際にお金を出してサービスや商品を購入するという、消費者の行動を引き出せた訳です。消費者を行動させるためには、価値を提供することが必要です。

消費者のニーズに合わせた価値を提供し受け入れられる。その成果の積み重ねが年商に反映される。だから、年商を多くすることは大事なことなのだ。そうした重要性をこの経営者は説いたのですが、これこそビジネスの本質の話ですよね。フェイスブックで闇雲に「いいね!」の数を追い求めるあなたのような人は、こうした視点が欠けています。

 

恋愛面で本質が見えてないダメな男性の典型例

恋愛においても同じような傾向を持つ人がいます。それは、やたらと自分の周りに女友達が多いことを誇りに感じている男性です。やれ、自分は女友達にすぐ呼び出されるとか、女子会によく招待されるとか、女子コミュニティに受け入れられていることを自慢げに語る男性がたまにいます。

そうした男性に、仲の良い女子コミュニティから実際に交際したり、口説けた女性がいたのかどうか尋ねると、大抵「いやあ、そういうところまではなかなか行かなくて…。」と口を濁します。つまり、女友達は多くいるものの、結局その中の誰一人として肉体関係を構築できていません。要は、女性から便利なお茶飲み友達としては認識されていますが、男としてオスとして認められていません。

本当は女性と深い関係になることを願っているのに、それが実現できていない。それは目的達成のために、自分が何をすべきかがわかっていないからです。つまり、本質が見えていないのです。

一方で、そんなに多くの女性友達を作っていないものの、顔出す合コンやパーティーで女性と知り合い、コツコツと連絡やデートを重ねて相手の心を奪って、着実に女性を落としていく男性もいます。こうした男性は、自分の願望を満たすために、いつどこで何をどのように実行すればいいのかを深く理解している男性です。つまり、本質を理解している男性です。

フェイスブックで異常に「いいね!」の数を追求する人と、自分の周囲にいる女友達の数を自慢する男性には明確な共通点があります。それは、上辺だけの数字を追って、目的達成のための本質が見えていないことです。

もし、あなたが恋愛でもビジネスでも、望む成果が得られていないのであれば、設定している数値目標の中身を見直してみましょう。そもそも、あなたが定めている目標そのものは意味があるものなのでしょうか。

女性は物事の上っ面しか見えていない馬鹿な男はすぐに見破ります。そうした「本質」が見えていない男性は、100年経っても彼女ができることはありません。つまり、一生女性に男として相手にされないということです。それを避けたいのであれば、本質を追求する生き方をしていきましょう。

本章では、フェイスブックで「いいね!」を求める男が女性にモテない理由についてお伝えしました。

大した意味を持たない「いいね!」ばかり追求していると、本質の見えないバカ男だと思われて女性に相手にされません。物事の本質を見極める目を持てば、あなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

17 「正常性バイアス」に心を支配されている

今まで彼女がいないけれども、いつか理想の女性と出会えて幸せな時間が過ごせると信じていませんか?

気がついたら彼女いない歴も3年以上。自分がいいなと思う女性との出会いもそれなりにありました。でも、既にその女性には素敵な彼氏がいたり、お近づきになりたくデートの誘いをしても「ちょっと最近仕事が忙しいので、またこちらから連絡します。」と言ってうまく断られてしまったり。

ちょっとしたボタンの掛け違えで女性と仲良くなれないけど、うまく女性と出会うタイミングが合えば、そのうち素敵な女性と交際できることができるはず。

ひょっとしたら、あなたもそんな考えをお持ちでないでしょうか。

でも、残念ながら、断言します。このままの行動パターンを継続していたら、あなたが意中のカワイイ彼女を作ることはできません。

なぜか?それはあなたが「正常性バイアス」という特性に心を支配されているからです。

今回は、あなたがモテない状態を継続している原因である「正常性バイアス」についてお伝えします。

 

正常性バイアスとは何か

正常性バイアスとは、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人間の特性のことです。例えば、自然災害や火事、事故、事件などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価する心理が人間にはあります。

災害時に正常性バイアスの心理が働くと、根拠のない楽観的思考に基づいた行動をとるため、大きな危険が差し迫っているのに、避難・退避をしないという現象が起こります。甚大な被害を産んだ災害の原因の多くに正常性バイアスとの密接な関係が認められています。

有名な例では、東日本大震災が挙げられます。大津波警報が出ていてその事実を知っていたのに避難しなかった人々の存在が知られています。「自分は大丈夫」「まさかここまで津波は来ないだろう」と考えていた人が一定数いたとされています。こうした人々は、実際に津波を目にしてから始めて避難行動を開始し、結果避難活動に遅れが生じました。

また、2014年の御嶽山噴火の際にも、正常性バイアスの影響が指摘されています。死亡者の多くが噴火後も火口付近にとどまり噴火の様子を写真撮影していたことがわかっており、携帯電話を手に持ったままの死体や、噴火から4分後に撮影した記録が残るカメラもありました。「自分は大丈夫」という気持ちがあったため、撮影を続けていたのでしょう。

 

恋愛でも起こり得る「正常性バイアス」

このように、災害時においては死に直結する大変危険な心理である「正常性バイアス」ですが、恋愛面においても非常に深刻な影響を与えています。女性にモテない男性、特に3年以上女性と交際したことのない男性は、かなりの高い確率でこの「正常性バイアス」の影響下にあります。

つまり、もしあなたが彼女いない歴3年以上であるならば、それはそうなるべき深刻な理由が必ずあります。それにもかかわらず、「自分は大丈夫だろう」「いつか自分を理解してくれる素敵な女性と出会えるだろう」と考えているのであれば、それは完全に正常性バイアスの影響を受けています。根拠のない楽観的思考で心が埋まっているからです。

「自分に何となく問題があるのは理解している。でも、それを解決するための具体的行動はとっていない。」あなたがこのような意見を持っているのであれば、正常性バイアスに影響されていると言えます。そのままでいくと、この先あなたの人生において、あなたの望む理想の女性はあなたに振り向くことはありません。

そうこうしているうちに時間がどんどん経過し、ただでさえ不利なあなたのルックスは経年により更に劣化が進行します。その上健康悪化を引き起こしたら、目も当てられません。病気持ちで向上心のないブサイクなオッサン独身男性であるあなたを、どの女性が心を寄せるというのでしょうか。その状態になったら、間違いなく孤独死コースに一直線です。

では、そうした方向に進まないためにはどうすればいいのでしょうか?一番重要なことは、まずあなた自身に訪れている「危機」に気づくことです。危機があることを認識するからこそ、それを回避する行動が発生します。

大津波や噴火といった危機は、あまりにも非日常かつ突発的過ぎて、その危機の大きさに気づきません。基本、多くの人が経験したことがない大災害です。だから、その瞬間に誰もが正常性バイアスの強い影響を受けることは容易に想像できます。

でも、恋愛は大災害とは違います。何が違うかと言うと、恋愛は非日常でもなければ突発的でもない。あなたが物心ついた頃から、あなたの身近に存在してきた問題です。更に、恋愛においては分かりやすい危機の目安があります。それは、彼女がいない期間が3年あることです。つまり、彼女いない歴3年以上の30才以上の独身男性は、このまま行くと将来的に孤独死してその数か月後に腐乱死体で発見されるという人生の終焉を迎える可能性が極めて高いのです。

彼女いない歴3年以上の独身男性は、恋愛面において大きな危機に瀕しています。まずその事実に気づいて、その危機を脱するために適切な対応をとることが重要です。

本章では、あなたがモテない状況を作り出している心理である「正常性バイアス」についてお伝えしました。あなたの彼女いない歴が3年以上であれば、まずこの心理の影響を受けていると言って間違いありません。

この恋愛的危機に気づいてそれを回避するための適切な措置を取る。その行動を継続することによって、あなたは理想の素晴らしい彼女を作ることができます。

 

18 女性に興味を持ってもらえない

折角好みのかわいい女性とデートできたのに、2回目に繋げなかったときって悲しい気持ちになりますよね。

最初のデートで自分ではベストを尽くしたつもりなのに、その後のメッセージのやりとりが途絶えてしまう。これは何かしら相手女性に対して悪い印象を与えてしまったからに他なりません。でも、その原因が分からない。だから、改善のしようがない。

男なら、誰しもそんな経験をしたことがあるかもしれません。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか。

先日、とある会合でウェブデザイナーをしている目の大きい美女Hちゃんと会談する機会がありました。さすが非常に綺麗な女性だけあって、多くの男性からデートのお誘いがあるHちゃん。当然、その中には「ダメだこりゃ」と瞬殺したくなる男性も数多くいます。

今回は、そんなHちゃんの体験から、モテない男性の特徴をお伝えします。

 

レストランを予約しない

1つ目の特徴は、レストランの予約をしないことです。

とある男性と食べ物の話で盛り上がり、「じゃ、今度一緒に食べにいきましょう。美味しい店知ってるんで。」という彼からの提案で、一緒にご飯を食べにいく約束をしたHちゃん。美味しい食事が楽しめそう、ととても楽しみにしていました。

デート当日、駅で彼と待ち合わせて、そのレストランに到着すると、何とその日はお店の定休日でした。彼はレストランの予約をしていなかったのです。予約のための電話をしていれば、その日がお休みであることを知ることができたのに。

美味しい食事を楽しみにしていたHちゃんは、大層がっかりしました。そして、彼に対して感じたのは「段取りの悪さ」。こんな簡単な「店の予約」さえできないこの男は、きっと会社の仕事もできないのだろうなあ、と彼に関してどんどん悪い方向に想像が膨らみます。

当然、その彼とは2回目のデートにいくことはありませんでした。

 

やりたいことがない

2つ目の特徴は、「やりたいことがない」ことです。

趣味でも仕事でも何でもいい、何か打ち込めることや情熱を持って取り組めることがある男性に、Hちゃんは魅力を感じます。逆に、好きなことや目標がない男性はつまらないと断言します。こうした好奇心のかけらのない男は、周囲の変化にも鈍感で、抜けてる、愚鈍といったイメージをHちゃんは持っています。

そんなHちゃんが理想とする男性は、島耕作。仕事もできて女性にモテモテの島耕作みたいな男性は周りになかなかいないと溜息をついていました。

 

話が面白くない

3つ目の特徴は、話がつまらないことです。

「別にお笑い芸人みたいに、ガンガン笑わせてくれることを望んでいるわけではないの。ただ、こちらが気持ちよくおしゃべりができるように、会話をリードしてほしい。」というHちゃん。

意外と多いのが、男性からは殆どしゃべらず、終始黙りっぱなしの男性。こういう男性とデートすると本当に困ってしまいます。Hちゃんから気を使って、色々話しかけなければいけないし、質問しても「はい」「いいえ」「分かりません」の3種類の返答しかなくて、話が全く膨らまないタイプ。

これだと女性が気を使うばかりで疲れてしまいます。当然、こんな男性とまた会いたいなんて気持ちにはなりませんよね。女性と会話するときは、5W1Hを用いて質問して、会話を膨らませましょう。自分の興味のない話題や分からないテーマの話になったら、誠意を持って「その話よく知らないんだけど、教えてもらえますか。」と、教えて攻撃をすれば相手女性が楽しく会話することができます。

本章では、モテない男性の特徴として、美女に嫌われる行動を3つお伝えしました。もしこのうち1つでも思い当たることがあれば、今すぐ改善しましょう。

こうした課題を地道にクリアしていけば、必ずやあなたのモテ能力は向上します。そうした弛まぬ努力を継続することによって、あなたは意中のカワイイ彼女を作ることができるのです。

 

19 独りよがりのサプライズデート

モテない男性の特徴は、女性と1回目のデートをして、メッチャ頑張ったのに、結果的にうまくいかないことですよね。

合コンで出会ったお気に入りの女性。LINE(ライン)の連絡先も無事交換して、メッセージのやりとりがスタートしました。工夫して考えてメッセージを送ったお陰で、文章の交換頻度も上がって、ついにデートの約束を取り付けることに成功しました。

久しぶりの美女とのデートなので、印象に残る内容にしようと、計画を練りに練って当日のデートに臨みました。無事デートは終了し、できることはやりきりました。「これだけ頑張ったんで、印象は良いはず…。」と期待していましたが、結局その女性とはその後LINEのメッセージを2-3回やり取りしただけで、関係が発展することなく終わってしまいました。

事前準備もしっかりして、気合を入れて臨んだデートだったのに、なぜうまくいかなかったのでしょうか。あなたには、知らず知らずのうちにモテない男の特徴が刷り込まれてしまっています。本章ではその秘密を解き明かしていきます。

 

デートが失敗する原因とは?

このデートを企画したAさん。Aさんの編み出したデートコースとはどのような内容だったのでしょうか。

Aさんのデートは、待ち合わせの場所と時間だけ決めておいて、あとはすべて内緒にします。相手女性に「どこに行くの?」と聞かれても「秘密」と答え、あっと言わせる作戦です。彼は彼なりに「サプライズ」を演出して相手女性に好印象を与えるつもりですが、うまくいきません。

サプライズで相手女性をビックリさせるという発想はいいのですが、女性からすると想定していたシチュエーションと違うと様々な不都合なことが出てきます。

例えば、女性が「デートと言っても、まずは食事だろうからある程度きちんとした格好をしていかなくちゃ。」と考えて、お洒落で綺麗目な格好をして、足元はハイヒールを履いて出かけてきたとします。ところが、Aさんが用意したデートコースというのは、ディズニーランドを一日中駆け巡る内容でした。これだと、女性は歩き回っている途中で足が痛くなってしまって、デートを楽しむどころではなくなってしまいます。

また、やはり女性がすごくお洒落な格好をしてきたときに、煙がもうもうと立ち込めるホルモン焼き屋に連れていかれたらどうでしょう。いくら著名な飲食店であっても、上品な服に煙の臭いがベッタリ付いてしまったら、女性は気持ちが落ち込んでしまうものです。

このように、サプライズ演出をしたいがあまり相手女性にデートの内容を伝えておかないと、往々にして女性に不満を抱かせてしまうことになってしまいます。デート内容に不満を持たせてしまって、その女性と良い関係になるのは難しいですよね。

だから、こうした行先や内容を告げないデートは、計画しないようにしましょう。きちんと情報を相手女性に伝えて、それに必要な準備の機会を渡すことも、大事な優しさの一つなのです。そうした優しさを兼ね備えていないことは、モテない男によく見られる特徴と言えます。

 

大事なのは女性に対する「貢献」の気持ち

Aさんは、「サプライズ演出で女性に気に入られたい」という願望が強い。そのような作戦を練ること自体は悪くはありませんが、「自分が受けるメリット」にばかり目が行ってしまっています。そのため、「こんなシチュエーションでは、相手女性が困らないだろうか。」「こんなケースでは、相手女性が苦しむのではないか。」といった、相手目線で物事を考える配慮に欠けてしまっています。

相手目線に立てないことは、モテない男の最大の特徴の一つです。

だから、気合を入れてデートプランを練っても、独りよがりの内容で、女性の心を捉えられずに終わってしまいます。重要なのは、「どうやったら、女性が喜んでくれるか。」「何をすれば、女性が幸せになるか。」という女性に対する「貢献」の気持ちを持つこと。

Aさんの場合、女性に対する「貢献」の気持ちよりも、自分の「承認欲求」の欲望の方が勝ってしまっています。そうした気持ちは、相手女性にしっかり伝わってしまうものです。

だから、Aさんのように貢献の気持ちよりも、自己の承認欲求が買ってしまうような性格は、女性にモテない男の特徴です。今一度、女性に対する「貢献」の気持ちの重要性を確認しましょう。

女性とデートをする際は行先や内容など、情報をきちんと開示することを心掛けます。それをすることによって、服装や持ち物など女性はそのデート内容に応じた準備をしっかりすることができるのです。

女性がリラックスしてデートの楽しむことによって、あなたに対する好感度も上昇します。そうして、あなたは意中のカワイイ彼女を作ることができるのです。

 

20 気が利かない男

男なら誰でも付き合いたいと思う憧れの女性の職業。それが、キャビンアテンダント(CA)ですよね。

 

美人CAと仲良くなる方法を知りたくありませんか?

昔はスチュワーデスと呼ばれていたこの職業。「綺麗」「美しい」というイメージが強い、合コン相手として今でも根強い人気を誇る女性の職業です。

先日、某大手航空会社に勤務する、数名の現役の20代の綺麗なCAさんたちと飲む機会がありました。男としてやっぱり気になるのは、「乗客とCAさんが仲良くなるにはどうすればいいのか。」という切実な話題。そんな欲望丸出しの質問に優しく回答してくれたCAさんたちでありました。

 

CAに嫌われる乗客の特徴

では、まずどんな乗客がCAさんに嫌われるのか、そこからリサーチしてみます。全員一致で口を揃えて言っていたのが、「リクエストが過剰に多い乗客」です。やれ、新聞もってこい、気温が暑すぎる、細かい酒の銘柄を求める、などを過剰に要求してくる乗客がたまにいます。

通常の範囲内なら仕事なので問題ありません。でも、中には乗客としての権利を最大限主張して、「何でもCAがするのが当然」といった態度の乗客もいます。例えば、手荷物を頭上の棚に収納するとき、自分でやらないでわざわざCAさんにやらせる男性客が結構います。

そんなとき、CAさんは笑顔を振りまきながら、「私より身長高いんだから、オマエ自分でやれよ。」と心の中で思い、荷物をしまっているのです。確かに、こんな乗客は嫌われて当然ですよね。

他に、最後の方に機内に搭乗してきたら、棚が既に一杯になっていて、「荷物を入れる場所がない」とクレームを言う乗客も評判が悪いです。荷物を確実に棚に入れたいなら、他の乗客よりも早めの搭乗を心掛けることが、CAさんたちのお薦めでした。

 

CAに好かれるのはどんな乗客?

では、CAさんに好かれるのはどんな乗客なのでしょうか。まず挙げられたのが、「他の乗客が荷物を棚への上げ下げするのを手伝ってくれる乗客」でした。先ほど見たように、自分で荷物をしまわない乗客がいる一方で、こんな親切な乗客もいらっしゃるんですね。どうやら、荷物を棚に入れるときのやりとりが、CAさんの心証を大きく左右するようです。

他に、「席が離れ離れになった家族連れに対して、席を代わってくれる乗客」もCAさんの好感度大でした。CAさんと仲良くなる第一歩は、CAさんから心証の良い乗客になることですね。こうした好事例を頭の片隅に入れて、瞬時に行動できるようになっていたいものです。

モテない男性との共通点

CAさんからこれらの話を聞いてすぐに感じたのは、「CAに嫌われる乗客とモテない独身男性には共通点があるな。」ということです。

女性に、「嫌いな男性像」を聞くと、必ず挙げられるのが、「レストランで店員に偉そうに命令する男性」や「タクシーの運転手に高飛車な対応をする男性」です。

顧客の立場や権利を乱用して、文句を言われにくい相手に対して、威張ったり、傲慢な態度を振る舞う男性。そういう弱いものいじめに近い行為を平然と行う器の小さい男性は、女性から大変嫌われています。

でも、その男性本人はそのことに気づいておらず、むしろ威張る姿を男らしさのアピールとさえ認識しているところが、勘違いも甚だしいんですけどね。

逆に、CAさんに好かれる男性は、周囲や近くにいる他人の状況(特に困っている様子)に気が付いて、それを瞬時にサポートする行動が取れる男性です。これが世に言うところの「気が利く」男性です。こうした「気が利く」男性は、合コンの世界でもモテます。

CAさんから乗客の好き嫌いの話を伺って、改めて美女と仲良くなるには「気づく」力は重要だと再確認した一日でした。

飛行機に乗るときは、周囲の状況に目を配りましょう。荷物を棚に上げるのが大変そうな人など、困っている人がいたら積極的にサポートします。そうすると、あなたはCAさんからの心証がよくなり、CAさんと仲良くなるチャンスを掴めます。

そうして、あなたは最終的に意中のカワイイ彼女を作ることができるのです。

 

20個の特徴を読み解いて、モテない男から脱却しよう

今回は、モテない男の特徴として20個の要素をお伝えしました。あなたがもし恋愛で望む成果が出ていないのであれば、該当する特徴が幾つかあるはずです。そうした要素を修正することであなたは着実に恋愛力をアップさせることができます。

恋愛力を向上させることができれば、自ずと素敵な女性とデートできる機会も増えてきます。そうしてあなたの好みの女性とデートの機会を積み重ねることによって、あなたは最終的に理想の可愛い彼女を作ることができるのです。

 

 

「合コンやパーティーに参加しているのに、そこで知り合った女性をデートに誘い出すことができない」とお悩みであれば、こちらの気軽に参加できる「どんな男性でもスルッと美女を誘い出せる、モテる男のLINE術セミナー」にお越し下さい。こちらの恋愛セミナーに出席すると、好みの素敵な女性と思い通りにデートに誘い出すことができます。

合コン幹事の達人になって合コンを副業化して経済力をアップさせたい、よりレベルの高い女性と交際したいとの夢を叶えたいのであればこちらの「プロ合コン幹事養成講座 説明会」が、きっとあなたのお役に立ちます。

どうぞお気軽にご活用下さい。

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

かわいい彼女を作る方法を実行して
美女を確実にあなたに惚れさせる秘技

ブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

 

===============================

「下剋上合コン術」のLINE@始めました。

美女が集結する合コン・パーティー開催情報が届きます。

友だち追加

===============================

  • 合コンで知り合った子をデートに誘いたい
  • LINEを既読スルー・未読スルーされている
  • なかなか出会いがない
  • 合コンに参加しても、いつも収穫がない
  • かわいい彼女を作りたい
  • 彼女の作り方がわからない
  • モテて自信を持ちたい
  • 自信と魅力のある男になりたい

などなど、そんな30代独身男性のための恋愛セミナー、恋愛コンサルティング、コミュニティ・勉強会、各種合コンイベントをご提供しています。

一般社団法人スマート男子育成協会代表・『モテる戦略』著者・アモーレ石上による実践的なノウハウとサポートです。
合コン経験2,000回以上、交際した女性は、一般OLの他、女優・アナウンサー・看護師・キャバ嬢・CA・モデル・文筆業・アパレル店員・建築士・受付嬢など、業種業界を問わず多岐に渡り、その人数は100人以上。
人生史上最高の女性と出会い、2011年に結婚。
TV出演・雑誌掲載多数。

まずは、LINE術セミナーなどの各種恋愛セミナー、もしくは【毎月5名限定】1時間無料恋愛相談にお申し込みください。

60日間で理想の彼女ができる男に生まれ変わるための無料メールセミナーもぜひご覧ください。

「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

090-6170-0639

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:アモーレ石上

プロ合コンコーチ
30代独身男性向け恋愛アドバイザー
アモーレ石上(@f_ishigami)

慶應志木高→慶大法 →外資系証券4社→恋愛で起業◆2000回以上の合コン経験、◆100人以上の美女との交際体験、を元に誰でも実践できる可愛い彼女作りのノウハウをhttps://otokojuku.bizにて発信。 500人以上の独身男性に恋愛コンサル。彼女作り・結婚アレンジの実績100名以上。

関連する投稿

▼『モテない男の特徴20選|あなたに彼女ができない理由を知ろう』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせはこちら

お名前 【必須】
性別 【必須】
お住まいの都道府県 【必須】
年齢 【必須】
メールアドレス 【必須】
電話番号 
お問い合わせ内容 【必須】