「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

LINEでのデートの誘い方|必ずOKをもらえるテンプレート付き

2019.06.25 (火)

合コンで知り合ったかわいい女性とLINE(ライン)のやりとりが盛り上がっていたのに、ご飯のお誘いをした途端に返信が返ってこなくなることってありますよね。

LINEでは、相手女性の趣味のフットサルの話や、彼女が最近旅行で行った台湾をテーマにしたやりとりをして盛り上がっていました。それで、「今度、良かったらご飯でも食べにいきませんか。」と提案したところ、急に返事が返ってこなくなってしまいました。その後、何度かこちらからメッセージを送ったものの、最終的に先方とコンタクトを取れる機会は巡ってきませんでした。

そんな悲しい経験をあなたも多くしたことがあることでしょう。できれば、そんな思いをせず、テンポよく食事デートの約束を取り付けたいものですよね。

そんなときは、お目当ての女性を難なくデートに応じてもらうためのLINEでの誘い方の「型」を覚えておきましょう。「型」を覚えておけば、女性をデートの誘い出せるLINEメッセージがスラスラ書けるようになります。

本コラムでは、女性がついOKと言ってしまうLINEでのデートの誘い方についてお伝えします。

 

 

1 LINEメッセージの基本的構文の3要素

まずあなたが女性に送る際に作成する1つのLINEメッセージに入れる要素は以下の3つとなります。

 

1 共通点・共感
2 ほめる
3 質問

 

この3つの要素をが入った文章が、LINEメッセージの基本的構文です。この構文に則って忠実に文章を作成するだけで、女性をデートに誘い出せる確率が格段に上がります。逆に言うと、女性をデートに誘い出すことができない男性が書いたメッセージは、ほぼこの構文通りに作られていません。

名将野村克也監督も、「キャッチボールをいい加減にする選手に、いい選手はいない」と断じています。キャッチボールのような極めて初歩的な練習を反復することによって、送球の「型」を作ることができます。

LINEのメッセージ作成でも同じことが言えます。何度も何度も基本的構文に即したメッセージを作成することによって、あなたの体の中に女性をデートに誘うのに効果的な文章を作るための「型」を残すことができます。そうした「型」を身に付けることによって、間違いなくあなたが女性をデートに誘い出せる確率は上昇します。

基本的構文に即した文章とは、例えこういう文章です。「共通点・共感」「ほめる」「質問」全ての要素が入っていることがご確認頂けるかと思います。女性にメッセージを送るときは、必ずこの3要素を入れましょう。

 

 

 

2 LINEのやりとりを始めるときの手順の大原則

次に、女性とメッセージをやりとりするときの流れは、以下のように進めます。

 

1 まずはメッセージのやりとり3往復を目指す。
2 3往復までは「食」以外のテーマでやりとりする。
3 3往復を達成したら、やりとりを「食」のテーマに転換する。
4 「食」のテーマでやりとりを始めたら、質問形式は必ず2択にする。
5 速やかに食事デートの成立へ誘導する。

 

女性とLINEのやりとりを開始すると、すぐにデートに誘ってしまう男性がよくいます。好みの女性と早く会いたいという気持ちは分かりますが、これではなかなかうまくいきません。LINEの連絡先を交換したとは言っても、まだまだ相手女性はあなたに対して警戒心を持っています。

この警戒心を消すために、他愛もないテーマでメッセージのやりとりをします。このときのテーマは趣味や仕事や住んでいる場所など何でも構いません。ただ、食べ物のテーマは、後々女性をデートに誘うときに活用するため、このステージでは選ばないようにしましょう。

そして、3往復のやりとりが終了したら、テーマをおもむろに食関連のテーマに変更します。女性に書くメッセージは、必ず質問を入れるようにします。

テーマを食に転換したら、質問は2択の形式で尋ねましょう。2択形式の具体的な内容については、次章で開設します。2択質問を使うことによって、相手を自分の思い通りにデートに誘い出せる可能性が高くなります。

簡単に言えば、食の話題から、まずは相手女性の好きな食べ物の情報を把握します。そして、その食べ物を提供してくれる飲食店を2択で質問します。相手女性がどちらかのお店を選んだら、そこに一緒に行く提案をして、日程を2択で尋ねます。女性がどちらかの日程を選んだら、その時点でデート決定ということになります。

 

 

3 「2択質問術」の手順を覚えよう

前章で、女性を食事デートに誘うときは、2択質問を使おうとお伝えしました。本章ではその2択質問術の詳細についてお伝え致します。

2択質問術をフル活用すると、あなたは簡単にお目当ての女性と一緒にご飯を食べにいく約束を取り付けることができます。

また、2択質問術でデートの約束を取り付ける鉄板テンプレートもお伝え致します。

まず、結論からお伝えします。女性を食事デートに誘うときは、以下の手順で行いましょう。

 

1 テーマを「食べ物」に転換し、好きな食べ物について2択で質問する。
2 相手が選択した食べ物を受けて、その食べ物が美味しい飲食店を2択で質問する。
3 相手が選択した飲食店を受けて、その飲食店に行く日程を2択で提示する。

 

女性をデートに誘い出すためには「目標」「逆算」「誘導」の3つのキーワードを意識することが大事です。この3つを具現化するための具体策がこの2択質問術です。これを徹底的に守ることで、あなたが女性をデートに誘い出せる確率は劇的に向上します。

それでは、具体的な活用方法について見ていきましょう。

 

 

4 門外不出!「2択質問術」の実例

 

上でお伝えした手順を実戦で使うと、どのようなやりとりになるのでしょうか。僕がアドバイスしているとある男性の実例をご覧下さい。

 

 

上の画面のやりとりでは、それまで仕事や趣味など食べ物以外のテーマでLINEのやりとりをしていました。それを「食欲の秋」と言って強引にテーマを食に変えています。その上で、「焼鳥」と「もつ鍋」だったらどちらが好きかと2択で質問をしています。

これが、「1 テーマを『食べ物』に転換し、好きな食べ物について2択で質問する。」の具体的なやり方です。また、このとき、どちらかというと焼鳥の方に誘導したいという思惑がありました。ですので、質問の後に美味しそうな焼鳥の写真を添付しました。

そうしたところ、次のような回答が相手女性から返ってきました。

 

 

思惑通り、相手女性が「焼鳥」を選択してきました。そうしたら、すかさず焼鳥が美味しいお店を2択で提示します。これが、「2 相手が選択した食べ物を受けて、その食べ物が美味しい飲食店を2択で質問する。」ということです。

このとき、どのレストランを提示して良いか分からないときは、食べログで適切な店を探せばいいのです。例え、あなたが知らないお店であっても、点数が3.5以上のお店であれば、ハズレである確率は少ないです。

食べログでのレストランの検索の仕方については、こちらのコラム「【デート時のレストラン】美味しい食事で簡単にモテる『食べログ』活用3分マニュアル」に詳しく記してあります。ご参照頂ければ幸いです。


さて、そうすると、次のような返事が相手女性から返ってきました。

 

 

「酉玉」の方がいいとのことなので、早速日程を2択で提示します。これが、「3 相手が選択した飲食店を受けて、その飲食店に行く日程を2択で提示する。」ということです。

このとき、「財布は持ってこなくていい」と付記して、女性に金銭的負担がないことをさりげなく伝えています。こうして、相手女性が食事の時間を確保するための障害となり得る要素を丁寧に取り除く作業も重要です。

そうしたところ、相手女性から「木曜日空いてます」との返答がありました。これで、相手女性の日程を押さえたことになるので、この時点でデート成立です。あとは、お店を予約して確保したり、ドタキャン確率を減らすためのメッセージを送るなど、補助的な作業を遂行すればよいだけです。

因みに、始めに「焼鳥」か「もつ鍋」の選択肢を相手に投げて、「焼鳥」を相手女性は選択しました。その流れで焼鳥屋デートをすることになりましたが、これが始めに「もつ鍋」が選択されたとしても全く問題ありません。

仮に、「もつ鍋」が選ばれたら、その後の飲食店の2択提示がもつ鍋屋さんになるだけで、相手女性がどちらかのお店を選んで、その後あなたが日程の2択提示を送る流れは変わりません。その場合、最終的に、もつ鍋屋デートが成立していたはずです。

あなたの目標は相手女性をデートに誘い出すことですから、それが焼鳥屋であろうともつ鍋屋であろうと本質的に変わりはありません。結果的に、最初の時点で焼鳥かもつ鍋かどちらが選ばれていようとも、あなたの目標は変わらず達成されていたはずです。

このように、「2択質問術」は相手が質問に素直に回答していく限り、あなたの思い通りに相手を動かすことができる効果的な質問方法です。是非ご活用下さい。

 

 

5 その他、LINEの誘い方の留意点

 

5-1 すぐに美女からデートOKがもらえる1ランク上のカンタン誘い文句

お気に入りの女性をデートに誘ったのに、既読スルーで返信が来ないときって寂しい気持ちになりますよね。

銀座で開かれた合コンで出会った23才のOL1年生の女性。長い黒髪が良く似合うちょっと童顔の目が大きい女の子です。無事LINE(ライン)の連絡先をゲットできたので、まずはお礼の有り難うメッセージを送信。先方からも丁寧な返事が返ってきて、LINEのやりとりが開始しました。

LINEのやりとりが5往復続いたところで、食べ物の話題にシフトして、その後思い切って食事デートのお誘いをしました。ところが、それまで一日一往復の良いペースでLINEをやりとりしていたのに、デートのお誘いには全く返事が返ってきません。送ったメッセージは既読になっているので、目には入っているはずなんですが。どうやら、デートには応じてもらえなさそうな雰囲気です。

そんな残念な体験をあなたもしたことがあるかもしれません。

そんなときは、誘い文句を変えて、1ランク上のデートの申し入れを再度してみましょう。そうすると、あら不思議、前回は反応が無かったのに、再挑戦するとすんなり受諾してもらえます。

まず基本となるデートの誘い方ですが、僕は初回デートは焼鳥屋への食事デートを推奨しています。

それは、

 

1 初回デートは、プランを練るのではなくパターン化する
2 初回デートに使える焼鳥屋を選ぶときのポイント
3 焼鳥屋は店数が多いし、どこにでもある
4 敷居の低さゆえ女性の警戒心を緩める効果
5 カウンター席は更に警戒心を緩めるのに有効
6 カウンター席における女性との物理的な距離の近さでボディタッチを有効活用
7 コストパフォーマンスが高い
8 お店の開拓は「食べログ」を活用する

 

といった、多くの理由があるからです。詳細については、こちらのコラム「デートプランを焼鳥屋にすると、楽勝に美女を口説けてしまう8つの理由」に記してあるので、是非ご覧下さい。

 

ですので、初回デートには「美味しい焼鳥を食べにいきましょう」という体で誘うのですが、お目当ての女性がこの誘いに乗ってこないケースもあります。

そういうときは、食べ物のランクを引き上げて再度誘いましょう。焼鳥もヘルシーで美味しい食べ物なのでお薦めですが、それで気を引けないのであれば、更に美味しそうな食べ物を提示します。具体的には、寿司や焼肉がポピュラーです。

このとき大事なのは、「お寿司は好きですか?」というメッセージのみを送るのではなく、必ず写真を一緒に送ることです。相手女性の視覚に訴えかけて、「美味しいものを食べたい」という欲望を刺激して、あなたとのデートに足を運ぶよう仕向けます。

例えば、こんな感じの写真を送ります。

 

 

写真と同時に短いメッセージも送ります。「昨日、会社の同僚と寿司食べてきたよ。●●ちゃんは、マグロだったら、赤身とトロどっちが好き?」というようなシンプルなもので構いません。そして、相手女性から「トロが好き!」と言った返事が返ってきたら、そこからLINEのやりとりを展開させて、うまく寿司デートの約束を取り付けましょう。

あなたのお目当ての女性を焼鳥デートに誘って反応がなかったら、ぜひこの方法を用いてみましょう。

 

 

5-2 1回目のメッセージで「酒飲めるかチェック」を入れる

食事デートに連れ出した女性が下戸だったときってガッカリしますよね。

合コンやパーティーで出会った女性が綺麗だったときってウキウキした気持ちになります。そして、LINE(ライン)の連絡先が交換できて、その後のやり取りを経てスムーズに食事にいく約束が取り付けられたら非常にラッキーです。

食事デート当日は朝から楽しい気分になって、「どうかドタキャンされないように」と心から祈るばかりです。そんな思いをしていただけに、予定していた時間に相手女性が待ち合わせの飲食店に現れたときは喜びも大きいものです。

さて、これからの宴を楽しむために乾杯しようとメニューを見せたら、「あ、私、お酒飲めないんです。」と言われて、その女性が下戸だったことが分かり、残念な気持ちになります。

そんな失敗談、あなたも経験があるのではないでしょうか。

そのような気持ちが落ち込む体験をしないためには、事前に相手女性がお酒が飲める子なのかどうか、確認しましょう。そうすれば、あなたは素敵な女性とお酒を楽しむことができますし、女性にアルコールが入る分、より女性と仲良くなるチャンスが訪れます。

合コンやパーティーで会った女性がお酒が飲める子かどうか、本来であれば個別に覚えておくのが一番良いです。とは言え、特にパーティーのように多くの女性と会話して連絡先を交換するような局面では、いちいち個別に全部記憶しておくのは至難の業です。

そこで、相手女性がお酒を飲めるかどうか確認するのに一番楽な方法は、合コンやパーティー後の一発目のメッセージで、その質問をしてしまうことです。例えば、下記のような具合にです。

 

 

会って1回目のLINEでこのようにメッセージを送っておけば、その回答を見ればお酒が飲めるか飲めないかが簡単に確認できます。

もし、「私は甘いのが好きなんでカクテル系ですね~。」とか、「やっぱ乾杯はビールでしょー。」などと返信があれば、お酒が飲める女性だということが分かります。逆に、アルコールがダメな子であれば、「私、お酒全然飲めないんです。すいません。」といった趣旨のメッセージが返ってくるはずです。

お酒が飲める子であれば、ディナーでの食事デートに誘えばいいし、下戸の子であればランチデートに誘うのが良いでしょう。お酒が飲めない女性とは、ディナーでなく、ランチデートをすることを強くお薦めしております。

その理由については、こちらのコラム「【デート計画の立て方】下戸の女性を口説くと、恋活費用が手軽に50%削減できるワケ」に詳しく記してあります。是非ご参照下さい。

 

 

6 好みの女性をデートに誘い出すLINEのテクニックを確実にマスターする方法

そして、こうした好きな女性をデートに誘い出すためのノウハウをもっと詳細に知りたいあなたに、良い機会があります。それが、「どんな男性でもスルっと美女をデートに誘い出せる『ズルいLINE術』セミナー」です。

このセミナーに参加して頂くと、合コンやパーティーで出会ったときに女性に良い第一印象を与えて仲良くなるための会話術や、その女性をデートに誘い出すためのLINEの文章作成方法を学ぶことができます。

原則として、1ヶ月に2回開催しています。好みの女性を確実にデートに誘い出したいのであれば、こちらで詳細なノウハウを学んでみては如何でしょうか。以前に開催した「ズルいLINE術セミナー」の参加者から感想を頂きましたので、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

セミナー終了後は、こんな感じで楽しく懇親会を開催しています。セミナー中では細かく聞けなかったことや、現在抱えている恋愛の悩みなど、何でも自由に質問して頂ければ、全て回答致します。現在直面している問題をクリアにするよい機会なので、是非積極的にご活用下さい。

今回の懇親会には、現在僕が提供している恋愛プログラムを受講している現役の受講生も参加してくれました。まさに今恋愛の成果を出しつつある先輩がどのように女性とデートに誘い出したり口説いたりしているのか、参考になる話が聞けたことでしょう。

 

 

ご興味ある方は、是非、「どんな男性でもスルっと美女をデートに誘い出せる『ズルいLINE術』セミナー」に遊びにいらして下さい。

 

 

7 「目標」「逆算」「誘導」の3つのキーワードを意識しよう

ここまでご覧になって頂いてお気づきかとは思いますが、食事デートの約束を取り付けるまでに「今度、良かったらご飯でも食べにいきませんか。」という趣旨の質問はありましたか?なかったはずです。そうです、女性を食事デートに誘うのに、あなたと一緒に食事に行く意図があるかどうかお伺いを立てる必要などありません。

恐らく、相手女性からしたら、LINEのやりとりをして、質問に答えているうちにいつの間にか一緒にご飯を食べにいくことになってしまった、という感覚でしょう。それがいいのです。「何か、一緒に食事いくことになったけど、焼鳥美味しそうだし、奢ってくれるって言うし、まあいいか。」と相手女性に思わせることができれば、「女性を初回のデートに誘い出す」というあなたの初期目標はまずは達成できます。

ここで大事なのは、なぜあなたが目標を達成できたかということです。それは、冒頭申し上げた「目標」「逆算」「誘導」のキーワードをきちんと意識しているからです。「目標」とは、相手女性を「焼鳥(若しくはもつ鍋)デートに誘い出すこと」でしたよね。

実は、今回お伝えした質問の手順は、始めに決めた目標を達成するために、その目標から「逆算」する形で構成されています。「デートに誘い出す」という目標を確定させるためには日程を押さえる必要があります。日程を押さえるためには、美味しい飲食店で印象付けて、相手のインセンティブを高める方が得策です。美味しい飲食店を見せるためには、相手の好きな食べ物を知る必要があります。

今までのあなたのように、行き当たりばったりで質問しているのではなく、目標から逆算して質問を考えていることがご理解頂けたでしょうか。そうして、逆算して引いたルートに相手女性を自然に乗せて、あなたの思い通りに「誘導」するためのツールが「2択質問術」なのです。

また、男性が側が送った各メッセージを見ると分かりますが、LINE上でこうして食事に誘う段階においても、きっちり相手女性をほめたり、共通点・共感ポイントを見つけています。これもまた、デート成立の障害となり得る要素を丁寧に取り除く重要な作業の一つです。

あなたが興味のある女性を食事に誘うとき、まずはお伝えした型通りメッセージを打つことを心掛けましょう。その裏で、この「2択質問術」の大事な要素は、あなたの「目標」を達成するため、そこから「逆算」して、相手を思い通りに「誘導」することであることを認識しましょう。そうすれば、1ヶ月で10人の女性とデートすることも決して夢ではありません。

そうして、多くの素敵女性と出会いを重ねていく中で、最終的にあなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

「合コンやパーティーに参加しているのに、そこで知り合った女性をデートに誘い出すことができない」とお悩みであれば、こちらの気軽に参加できる「あなたの男性的魅力を高めるイベント」に顔を出してみましょう。こちらのイベントに出席して頂ければ、あなたも確実に自分に大変革を起こし、男としての価値や魅力を上げることができます。

「2択質問術を効果的に活用して、美女を確実に口説き落としたい」という向学心溢れるあなたは、こちらの「恋愛力を劇的アップさせる誰でも簡単に試せる特別メソッド」を活用して頂ければ、手軽に更なる実践的ノウハウを手に入れることができます。

どうぞお気軽にご活用下さい。

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

相手女性を自分の思い通りに動かして
美女を確実にあなたに惚れさせる秘技

 

ブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

 

===============================

「下剋上合コン術」のLINE@始めました。

美女が集結する合コン・パーティー開催情報が届きます。

友だち追加

===============================

「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

090-6170-0639

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『LINEでのデートの誘い方|必ずOKをもらえるテンプレート付き』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせはこちら

お名前 【必須】
性別 【必須】
お住まいの都道府県 【必須】
年齢 【必須】
メールアドレス 【必須】
電話番号 
お問い合わせ内容 【必須】