「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

モテたい独身男性が、女性との会話の際に「共通点・共感」ポイントを楽に見つけて可愛い彼女を作るための2ステップ【例文つき】

2017.02.09 (木)

初対面の女性との会話する際に、「共通点・共感」ポイントを作ろうとしても、なかなか見つからないことってありますよね。

 

こんにちは。

 

一般社団法人スマート男子育成協会代表理事のアモーレ石上です。

 

 

 

共通点・共感ポイントが見つからないときは?

 

合コンなどのシチュエーションで、あなたが初対面の女性と会話するときに、あなたと相手女性との間には、目には見えない壁が存在しています。その壁こそが、相手女性が持つ警戒心。だから、会話の際はその警戒心を解くことが大切です。具体的には、会話の中で「共通点・共感」ポイントを沢山作ることが大切です。

 

詳細は、別コラム「合コンの会話パターンを確立して、カワイイ彼女を楽チンに作った独身男性が使う6つの王道トーク術」に記したので、そちらをご参照下さい。

 

で、「共通点・共感」ポイントを沢山作ることが重要であることは分かったものの、実際に女性と会話してみるとなかなかうまく「共通点・共感」ポイントが見つからない。あなたも、そんな悩みをお持ちかもしれません。

 

そんなときに使える2つのステップをご紹介します。

 

 

 

「共通点・共感」ポイントの見つけ方

 

やり方は簡単です。

 

1つめのステップは、女性に「●●は好き?」と質問することです。

 

そうした質問のうち、「うん、好きだよ。」と返ってきた答えについて、「あ、それ、僕も好きなんです。」とあなたも共感の気持ちを表します。

 

これが2つ目のステップです。この2つ目のステップが終わると、「●●が好き」という共感の気持ちが一つ生み出されたことになります。これを地道に重ねていけばいいのです。そうすれば、会話を進めていくごとにあなたと相手女性との間に共感ポイントが多く産出されます。

 

人間、自分が好きな分野については、多くを語りたがるものです。相手女性の好きなことが分かるということは、それだけ相手が話しやすい話題を見つけ出せたということです。相手女性が好きなことを見つけたら、5W1H  を用いて質問をして、相手女性の話をうまく引き出していきましょう。

 

5W1Hを用いた質問の展開の仕方については、こちらのコラム「【モテる男の会話術】5W1Hをフル活用したトークで、楽勝にかわいい彼女を作る技術」をご参照下さい。

 

 

 

「共通点・共感」ポイントを生み出す会話例

 

会話例としては、こんな感じです。

 

あなた: 「A子ちゃんって、趣味は何なの?」

A子: 「そうね、お休みの日とかにテレビでスポーツ見たりするよ。」

あなた: 「へー、そうなんだ。因みに、野球とか好き?」

A子: 「野球、好きですよ。」

あなた: 「お、女の子で野球好きは嬉しいね。僕も野球大好きなんですよ。チームはどこのファンなの?」

A子: 「私はジャイアンツファンなんです。●●さんは、好きなチームとかあるんですか?」

あなた: 「僕はどちらかと言うとパ・リーグ派で、日本ハムが好きなんです。でも、セ・リーグなら僕も巨人好きですよ。」

A子: 「日ハムと言えば、大谷君ですよね。WBCは出られないみたいで残念です。」

あなた: 「そうそう、大谷はホントにすごい選手だよね。ていうか、野球のこと流石詳しいね。いつから、野球見てるの?」

A子: 「父が野球好きで、子供の頃によく神宮球場に連れていかれて一緒に見てたんです。多分幼稚園くらいのときから行ってたかな。」

あなた: 「なるほど、それでそんなに詳しいんだね。じゃあ、お父さんはヤクルトファンか~。」

A子: 「そうなんです。神宮球場の思い出と言えば、...…」

 

 

上の会話の中で、あなたは一生懸命共感ポイントを見つける努力をしているのがお分かりでしょうか。

 

野球好きであること

巨人が好きであること

大谷選手はすごい選手であること

 

この短い会話の中でも3つの共感ポイントを作り出しています。この会話の共感ポイントは、あなたが発した「A子ちゃん、野球とか好き?」という質問から作り出されています。

 

また、その質問を起点として、「チームはどこのファンなの?」とか「いつから、野球は見ているの?」といった5W1H  を使った質問で、会話を展開しています。

 

こんな感じで会話を広げて、「共通点・共感」ポイントを量産しましょう。

 

 

 

47都道府県のご当地情報に詳しくなって「共通点・共感」を生み出す会話術

 

また、合コンやパーティーに参加すると、出会った女性とまず最初にどんな話をすればいいか迷うことがあるでしょう。

 

先日六本木のクラブで開催されたパーティーに参加しました。沢山の人が入場しており、恐らく参加者は500名を超えていたと思われます。そこで出会った女性に片っ端から声を掛けていったのですが、1-2分会話をするとすぐに逃げていってしまい、なかなか会話を盛り上げることができません。

 

そんな情けない状況に陥った経験、きっとあなたにも覚えがあることでしょう。

 

そのような悲しい気持ちを持ちたくないのであれば、47都道府県の名産品を覚えてみましょう。そうすると、あなたは合コンやパーティーで女性と盛り上がった会話をすることができます。

 

本章では、あなたが日本各地のご当地ネタを覚えることの利点についてお伝えします。

 

初対面の女性と会話をするとき意識することの一つとして、前章でお伝えした通り「共通点・共感」ポイントをいかに多く作るかということが挙げられます。その重要性については、こちらのコラム「合コンの会話を盛り上げる基本トーク術6選【男性必見】」に記したので、是非ご覧下さい。

 

そして、「共通点・共感」ポイントを見出す会話については、話をするときのテーマ選びが重要です。簡単なのは予め9つのテーマを頭のなかに入れておいて、それを小出しにしながら相手女性が興味をもつ話題を探りにいく方法です。

 

9つのテーマの内容については、こちらのコラム「合コン・飲み会の会話が盛り上がる話題・トークネタ9選【男の好感度アップ】」にて詳しく解説しています。漢字9文字を覚えるだけの簡単な内容です。女性と盛り上がった会話をしたいのであれば、あたかも九九を覚えるかのように、こちらの漢字9文字を正確に記憶することをお薦めします。

 

そして、この9つのテーマの中の1つが「住」です。即ち、現在の居住地や出身地など住まいに関することの話題です。住のテーマは初対面の女性と話すときに出しやすい話題の一つです。特に女性が地方出身者である場合、出身地方のことを話すと「よく知っているね~」と盛り上がることが多いです。

 

こうした状況を意図的に作り上げるために、47都道府県の名産品や名物を日頃より学習しておきましょう。加えて、名所や観光スポットもおさえておくといいでしょう。「47都道府県 名産品」「47都道府県 名所」といったキーワードで検索すると多くのサイトが出てきます。

 

また、ウィキペディアを見ると、各都道府県や市町村の説明ページがあります。こちらのページには各地方自治体の地理・歴史・交通・文化・観光など数多くの情報が掲載されています。時間があるときにチェックしましょう。

 

そうすると、例えばこんな会話を展開することができます。

 

あなた:「ところで、A子ちゃんは出身どこなの?」

A子:「出身ですか。愛媛です。」

あなた:「愛媛なんだ。なるほど、いつもみかん食べてビタミンC沢山取っているからそんなに綺麗なんだ。」

A子:「そんな沢山は食べないですけど、みかんは好きですよ。」

あなた:「いやあ、みかんパワー凄いよね。だって、サッカー日本代表の長友もみかんのお陰で活躍しているでしょ。」

A子:「そう、長友は愛媛出身なんですよ。」

あなた:「さすが、蛇口からポンジュースが出てくるだけあるよね。」

A子:「良く知ってますね~。」

あなた:「そりゃ、愛媛は日本が誇る県だからね。他にも友近とか…」

 

と、こんな感じで話をすることができれば、共通点・共感ポイントが見つかり、相手女性の警戒心を下げることができます。また、女性の印象にも残り易い会話なので、あなたのことを覚えてくれる確率も高まります。

 

本章では、47都道府県のご当地情報を知っておくことのメリットについてお伝えしました。

 

初対面の女性と簡単に盛り上がることができる話題の1つがその女性の出身地の話題です。なので、時間があるときに、47都道府県のご当地情報をネットで調べておきましょう。そうすると、合コンやパーティーで会った初対面の女性との会話が盛り上がりやすくなります。

 

そうして、ファーストコンタクトで印象付けられた女性とデートを積み重ねることによって、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

 

 

会話の中に沢山の共通点・共感を散りばめて、美女を確実に口説き落とす方法

 

いかがでしたか。

 

女性との会話の中で「共通点・共感」ポイントが見つからないときは、意図的にそれを生み出すことを意識します。

 

まず、女性に「●●は好きですか?」と質問するのが第1のステップ。次に、女性から返ってきた「好きです」との答えに対して、「僕もそれ好きです。」と同調します。こうすることによって、相手女性と共感の気持ちが一つ誕生します。これが第2のステップです。

 

これを繰り返していけば、「共通点・共感」ポイントが沢山生まれます。やがて相手女性の警戒心を取り払うことができます。

 

また、合コンやパーティーでは、47都道府県のご当地情報を活用して、初対面の女性との間に「共通点・共感」ポイントを沢山生み出していきましょう。

 

共通点・共感の力であなたに対する警戒心を解き、まずは女性を食事デートに誘い出します。女性が居心地が良いデートを積み重ねることで、あなたは最終的に理想のカワイイ彼女を作ることができるのです。

 

 

「合コンやパーティーに参加しているのに、そこで知り合った女性をデートに誘い出すことができない」とお悩みであれば、こちらの気軽に参加できる「あなたの男性的魅力を高めるイベント」に顔を出してみましょう。こちらのイベントに出席して頂ければ、あなたも確実に自分に大変革を起こし、男としての価値や魅力を上げることができます。

 

「会話の中に沢山の共通点・共感を散りばめて、美女を確実に口説き落としたい」という向学心溢れるあなたは、こちらの「恋愛力を劇的アップさせる誰でも簡単に試せる特別メソッド」を活用して頂ければ、手軽に更なる実践的ノウハウを手に入れることができます。

 

どうぞお気軽にご活用下さい。

 

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

女性が持つ警戒心を簡単且つ自然に解く男になり
極上美女を確実にあなたに惚れさせる秘技

 

ブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

 

===============================================

「下剋上合コン術」のLINE@始めました。

このクラスの美女が集結する合コン・パーティー開催情報が届きます。

 

友だち追加

===============================================

  • 合コンで知り合った子をデートに誘いたい
  • LINEを既読スルー・未読スルーされている
  • なかなか出会いがない
  • 合コンに参加しても、いつも収穫がない
  • かわいい彼女を作りたい
  • 彼女の作り方がわからない
  • モテて自信を持ちたい
  • 自信と魅力のある男になりたい

などなど、そんな30代独身男性のための恋愛セミナー、恋愛コンサルティング、コミュニティ・勉強会、各種合コンイベントをご提供しています。

一般社団法人スマート男子育成協会代表・『モテる戦略』著者・アモーレ石上による実践的なノウハウとサポートです。
合コン経験2,000回以上、交際した女性は、一般OLの他、女優・アナウンサー・看護師・キャバ嬢・CA・モデル・文筆業・アパレル店員・建築士・受付嬢など、業種業界を問わず多岐に渡り、その人数は100人以上。
人生史上最高の女性と出会い、2011年に結婚。
TV出演・雑誌掲載多数。

まずは、LINE術セミナーなどの各種恋愛セミナー、もしくは【毎月5名限定】1時間無料恋愛相談にお申し込みください。

60日間で理想の彼女ができる男に生まれ変わるための無料メールセミナーもぜひご覧ください。

「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

090-6170-0639

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:アモーレ石上

プロ合コンコーチ
30代独身男性向け恋愛アドバイザー
アモーレ石上(@f_ishigami)

慶應志木高→慶大法 →外資系証券4社→恋愛で起業◆2000回以上の合コン経験、◆100人以上の美女との交際体験、を元に誰でも実践できる可愛い彼女作りのノウハウをhttps://otokojuku.bizにて発信。 500人以上の独身男性に恋愛コンサル。彼女作り・結婚アレンジの実績100名以上。

関連する投稿

▼『モテたい独身男性が、女性との会話の際に「共通点・共感」ポイントを楽に見つけて可愛い彼女を作るための2ステップ【例文つき】』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせはこちら

お名前 【必須】
性別 【必須】
お住まいの都道府県 【必須】
年齢 【必須】
メールアドレス 【必須】
電話番号 
お問い合わせ内容 【必須】