「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

合コン後の初デートの注意点6つ|誘い方・場所選び・LINEメッセージの送り方

2019.07.18 (木)

合コンに参加してお気に入りの女性がいたら、是非とも後日デートに誘い出したいですよね。しかし、その子がかわいい子であればあるほど、なかなか簡単にデートに誘い出せないものです。そこで、本コラムでは好きな女性をデートに誘い出すための注意点について詳しく解説していきます。

 

 

1 デートは必ずレストランを予約する

お気に入りの女性と2回目デートに進めなかったときって、悲しいですよね。

合コンで会った26才のCAの女性との初デート。久しぶりに綺麗な女性との食事なので、楽しみにしていました。ご飯を食べながら、相手が喜ぶ話を披露するべく一生懸命話をしました。その日は、ご飯だけ食べて解散。翌日に、「昨日は楽しかったですね。良かったら、またご飯行きましょう。」とLINE(ライン)でメッセージを送りました。

しかし、彼女からの返信はいつまで経ってもありません。送ったメッセージも既読になることすらありませんでした。どうやら、お相手のCAに良い印象を与えることができなかった模様です。

そんな悲哀に満ちた体験、あなたにも覚えがありますよね。

あなたが美女との初デートを失敗してしまった原因、それは食事をするレストランを予約しなかったからなのです。女性とデートをする際は、必ずお店を予約しましょう。そうすると、あなたのデートの成功確率は飛躍的に高まります。

本章では、デートの際のレストランを予約することの重要性についてお伝えします。

 

あなたが初デートで女性にフラれたワケ

実は、上記の初デートは金曜日の銀座で19:00の待ち合わせでした。このシチュエーションで、レストランの予約をしていませんでした。「お店は空いているところに適当に入ればいいや。」とあなたは考えていました。その考えが甘かったのです。

週末の銀座でご飯を食べようとしたら、かなりの激戦になります。特に皆が食事をしたがる19時前後は、最も競争率が高い時間帯です。空いている店はかなり少ないのです。そうすると、何が起こるのでしょうか。あなたはデート相手の女性を連れて、空いている飲食店がないか探し回る羽目になります。

1-2軒目見つかればいいですが、激戦の時間帯ですからそうそう簡単には行きません。結局10軒近くの店を回ってやっと空いている店を見つけました。ただ、そこは小汚い中華料理のお店。女性からしてみれば、散々連れまわされて歩かされた挙句、期待とは程遠い低レベルの飲食店での食事を余儀なくされました。

これでは、食事が始まる前に女性の機嫌が悪くなるのは仕方がないことです。いくらそこから話を盛り上げようとしても、それは難しいことでしょう。あなたのデートはスタートから大きく躓いてしまったのです。

このデートにおける、あなたに対する女性の評価は、「気が利かない」「愚鈍」「準備不足」「仕事もできなさそう」と散々たるものです。デートの際のレストランを予約しないと、こうした悪い評価を受ける可能性が極めて高くなります。

それを防ぐには、食事デートの際には必ずレストランを予約することです。それを励行すれば、あなたに対する男としての評価が高まるのは間違いありません。是非実践しましょう。

そもそも論として、デートの約束を取り付ける際は、食事に行く店を決めてからデート日程を決めるのが王道です。女性を食事デートに誘う簡単な方法としては、こちらのコラム「【LINE(ライン)での誘い方】「二択質問術」を活用すると、1ヶ月で10人の女性と簡単に食事デートできる背景」に詳しく書きました。是非ご参照下さい。

 

デートは食事のみでOK

そもそも、あなたは合コンで会ったお気に入りの女性との1回目のデートを食事デートを選択しましたが、実はこれは非常に正しい判断です。

デートと言うと、映画、水族館、遊園地、ディズニーランド、スポーツ観戦、ドライブなど、数多くの選択肢があり迷うところです。その中からスポーツ観戦を選んだところ、相手女性も乗り気で来てくれました。試合が終わって、さあこれから食事だと期待をしていたのですが、その期待とは裏腹に女性は試合が終わるや否やさっさと自宅に帰ってしまいました。これではデート成功とは言えません。

そんな寂しい思いをした体験、あなたにも身に覚えがありますよね。

初回デートがうまくいかなかったとき、原因としてよくあるのはデートに「アクティビティ」を入れてしまうことです。デート、特に1回目に関しては、アクティビティを入れる必要はなく、食事だけすればいいのです。

そうすると、あなたはデートで相手女性と仲良くなることができ、綺麗な彼女を作ることができます。つまり、デートを成功させることができます。

これについては、実例を見るのが一番です。

僕が展開している「マンツーマン恋愛コンサルティング」を受講している独身男性のKさん。先日参加した合コンで知り合いになった女性と、数度のLINE(ライン)のやりとりを経て、一度会うことになりました。

相手女性とスポーツの話で盛り上がったKさんが選択したデートは、サッカー観戦でした。調布にある味の素スタジアムでのJリーグの試合です。Kさんは、スポーツ好きの女性だから、きっと満足してもらえるものと確信していました。

さて、デート当日になりました。この日の天候は10月だというのに台風が関東地方を直撃しており、生憎の雨。気温も例年と比べるとかなり低いです。Kさんは、相手女性の分の雨ガッパやホッカイロを用意していきましたが、それだけで濡れることを防いだり、防寒の役目を果たせるかというとそうではありません。

結局、ずぶ濡れになって、寒い思いをした相手女性は、サッカーの試合が終わった後、食事をするでもなく自宅に帰ってしまいました。その後もLINEのやりとりはなく、折角Kさんが張り切って設定したデートだったのに、相手女性にとっては印象悪いものになってしまいました。女性がそのデートに対して不満を感じて、怒って帰ったしまった可能性も十分考えられます。

結論として、初回デートの際に、映画、水族館、遊園地などのイベントを入れることは避けることをお薦めします。なぜなら、Kさんの例でもそうであったように、イベントを入れると何らかのトラブルが発生する可能性が大きく高まるからです。

そして、重要なことは、トラブルが発生した場合、あなたにはそれを適切に処理する能力がほぼないことです。そうすると、トラブルが発生してデートの雰囲気が悪くなったり、あなたに対する印象が悪くなっても、それを挽回する術があなたにはありません。そうして、あなたは相手女性と仲良くなれることなく、デートが終了するのです。これがイベントデートが成功しないメカニズムです。

なので、1回目のデートは食事だけのデートにする。これでいいのです。勿論、食事デートでもトラブルは起こり得ますが、その発生確率はイベントのケースより少ないですし、発生した場合の深刻度もイベントのそれよりは深くないでしょう。

何より、1回目のデートの最初の目標は、相手女性があなたに対して抱いている警戒心を解くことです。警戒心を解くのに重要なことは「会話」を可及的多数することです。イベントが入ると、あなたも相手女性もどうしてもイベントを楽しむことに集中してしまい、肝心の会話量が激減する傾向があります。そうすると、相手女性の持つ警戒心が十分に消えなくなり、結果あなたは相手女性と仲良くなることができなくなります。

初回デートはまずは2人で食事をして、相手女性の警戒心を解くための会話を楽しみます。これを徹底的に励行するだけで、あなたの恋がうまくいく確率が飛躍的に高まります。

Kさんも今回の体験を通じて、改めてイベントデートのリスクと食事デートのメリットを実感してくれました。「次回からは、1回目のデートは必ず食事デートにします。」と話してくれたKさん、今回の失敗を糧に一歩成長されました。こうした地道な努力で成長することで、近いうちにデートを成功に導いたKさんから良い報告を聞けることを確信しました。

デートと言うと、楽しいイベントをイメージしがちですが、実はそれには大きなリスクが潜んでいます。1回目のデートは必ず食事デートにしましょう。そうすると、会話を多くすることを通じて、相手女性持つあなたへの警戒心も低くなり、仲良くなれます。

 

 

2 合コンでは、参加女性同士の関係性に注目する

合コンに参加して沢山の女性と連絡先を交換したけれど、さて誰と集中的に仲良くなってよいものか、困ってしまったことはありませんか。

独身男性とお話していると、よく頂く質問が、「1回の合コンで複数の女性と連絡先を交換しますが、このとき2人以上の女性をデートに誘っていいのでしょうか?」という内容のもの。皆さん、意外に基本的なところで迷われているんですね。

結論から申し上げます。合コンで出会った女性は1人に限定することなくバンバン誘いましょう。

そうすれば、あなたも簡単にかわいい彼女を作ることができます。とは言え、無闇やたらと女性を誘えばいい訳ではありません。本章では、1回の合コンで会った複数の女性をデートに誘うときの注意点についてお伝え致します。

1回の合コンで会った複数の女性を同時に誘えば、それだけデートに誘った女性の数が増えます。そうすれば、あなたの彼女候補がそれだけ多く増えるということです。だから、女性にはバンバン声を掛けるのが基本です。

このとき、考慮しなければならないのは、女性同士の関係性がどうなっているかということです。当然ですが、あなたがA子さんとB子さんと両方の女性とデートして、それが後日二人にバレたら良い印象は与えません。

なので、合コンに参加する際は、女性同士がどのような関係性で参加しているのかをよくチェックしておく必要があります。例えば、5対5の合コンに参加したと仮定しましょう。例えば、その女性5人が高校時代の仲良し5人組だったらどうでしょう。

高校時代からの付き合いということは、この5人はかなり仲が良い訳ですよね。ツーカーの関係でしょうから、密に情報共有をされている可能性が高いです。つまり、この5人のうち、A子ちゃんとB子ちゃんの2人を同時に口説きにいったら、どこかの段階でバレることになるでしょう。

そうなると、仮に2人とも仲良くなりかけていたとしても、両方同時に失う羽目になりかねません。余程相手女性があなたに惚れていれば話は別ですが、そうならないケースが一般的です。つまり、虻蜂取らずになってしまいます。

なので、このケースでは、5人のうち複数の女性のアプローチするのは厳禁です。誰か一人に絞ってデートに誘い出すようにしましょう。合コン後の挨拶メッセージくらいは全員に送るのは問題ありません。挨拶メッセージの対応を見ながら、どの女性にフォーカスするかを見極めましょう。

また、同じ女性5人が参加する合コンでも、3人組のグループ甲と2人組のグループ乙で構成されているケースではどうでしょう。この場合は、グループ甲から1名、グループ乙から1名選んで、2人の女性を同時に口説きにいっても大丈夫です。

とは言え、それは、グループ甲とグループ乙が情報共有をしていないことが前提となります。たまにあるのが、別系統で声が掛かって参加した女性同士が、意気投合して仲良くなること。こうした場合は、バレるリスクは高まるものと認識しましょう。

合コンに参加する女性のグループ構成には様々な組み合わせがあります。女性5人であれば、「2人組+2人組+1人」といったパターンもありますし、「3人組+1人+1人」なんてケースもあります。特に参加人数が多くなれば、組み合わせパターンも多くなります。女性グループの構成の見極めをすることがとても大事です。

基本は、可能な限り多くの女性をデートに誘う「数稽古」です。同じグループ内の女性に手を出そうとして、バレたらバレたで女性たち離れていったら、また次の合コンに行って新しい女性たちとの出会いを探せばいいのです。

「同じグループの女性には複数同時にアプローチしない」という原則論を認識しつつ、可及的多くの女性とデートできるよう、全力を尽くしましょう。

同じグループの女性には同時並行で口説かないという原則を理解しながら、できるだけ多くの女性をデートに誘えるよう努力致しましょう。そのためには、合コンに参加している女性同士の関係性を把握したり、女性のグループ構成を理解することが重要です。

 

 

3 2対2食事会を有効活用して、楽々と彼女を作るテクニック

お気に入りの女性をデートに誘ったときに、「お友達も連れていっていいですか」と返されるとガッカリしますよね。

合コンで出会った25才のかわいい受付嬢の女性を食事デートに誘ったところ、「1人だと緊張しちゃうので、お友達と一緒に行っていいですか?」という返信がありました。そんなとき、「サシのデートには応じてくれないのか…。」と少し残念な気持ちになってしまう。

あなたにもそんな経験がありますよね。

そんなときは、あなたも男友達を1人呼んで、2対2の食事会を設定しましょう。そうすると、あなたはたちまちかわいい彼女を作ることができるのです。

あなたは、女性に「お友達を連れていっていいですか。」と言われたときに、それに応諾して、「男1名対女2名」の食事会を設定しようとしていないでしょうか。しかし、これは避けて、「男2名対女2名」で設定するようにしましょう。

そもそも、男1名で女性2名と食事をしようとするあなたはどういう発想を持っているのでしょうか。まず考えられるのが、「他の男を連れていくと、自分のお気に入りの女性を取られるかも。」という危機感を持っていることです。

だから、男2名でなく、単独で女性の相手をしようとするのです。これは裏を返せば、あなたは「自分に自信のない男」と言えます。女性は敏感ですから、初対面の男性が「モテる」のか「自信があるのか」を瞬時に判別することができます。そして、そうした「モテる」「自信がある」男性に魅力を感じます。あなたが女性を誘ったのに、サシデートに応じて貰えなかったのは、あなたが「自信のない男」だと認定されていることと無関係ではないはずです。

また、トークの盛り上がり具合を考えれば、「男1名対女2名」より「男2名対女2名」の方が圧倒的に有利です。そもそも、最初に女性に会ったときに、あなたは女性の警戒心を十分に解く会話が展開出来なかったはずです。サシデートに応じて貰えなかったことが何よりの証左です。

つまり、あなたの会話力は、「女性の警戒心を解く」「女性を楽しませる」という観点からすると、相当改善の余地があります。それを自覚していれば、「男1名対女2名」という選択肢はそもそも頭に浮かばないはずです。

1名の男性が女性2名に対して楽しい話をすることは、女性とサシで会話して相手を喜ばせるより相当難易度が高いです。女性1名を楽しませる会話さえできないあなたが、女性2名を満足させる会話ができるとは到底思えません。にも関わらず、それが浮かんだということは、あなたは自分を客観視できていないということです。その大元の理由は、あなたの「気づく力」が低いからです。

例えば、僕が別コラム「【合コン必勝法】「気づく」力を身に付けると、たやすく美女に10倍モテる驚きの根拠」でもお伝えしているように、「気づく力」が低いと女性にモテないという現象はこういうところにも如実に表れてくるのです。

 

 

相手の立場に立って考えているか?

また、例えば、男性が2名のケースを想像してみましょう。「男2名対女1名」と「男2名対女2名」の2通りの飲み会があったとしたら、あなたはどちらの飲み会に魅力を感じますか?恐らく、女性が2名来てくれる方が嬉しいですよね。

それは、女性にとっても同じことです。お相手の女性はあなたのことを少なくともサシデートの対象にはしてくれてないのですから、少なくとも現時点ではあなたに対して大きな男性的魅力は感じてないはずです。そうであれば、相手女性からすると、会食に参加する男性があなた1人という状態に物足りなさを感じることでしょう。

「男1名対女2名」の状態は、あなたにとっては女性2名と知り合えて楽しい状況かもしれません。しかし、相手女性にとってはどのような状態か、そこまで思いを及ばせましたか?恐らく考えていないでしょう。あなたが安易に「男1名対女2名」で会食しようとした背景には、女性に対する配慮や思いやりのなさが存在しています。相手の立場に立って物事を考えない、自分目線でしか行動していない、というあなたの言動パターンが表象されています。これも、あなたがモテない一つの原因です。

 

2対2デートで警戒心を解き、美女を口説き落とす方法

本章では、2対2の食事会を設定すると彼女ができる理由についてお伝えしました。

女性をデートに誘って、「友達も一緒でいいですか。」と言われたときに、「男1名対女2名」の会食が真っ先に頭の中に浮かんだその発想にこそ、あなたが女性にモテない理由が凝縮されています。

「友達も一緒でいいですか。」と言われたら、それは仕方のないことです。そういうときは、「男2名対女2名」のシチュエーションで兎に角その場を盛り上げましょう。そうして、あなたの印象をアップすることができれば、その先お目当ての女性とサシデートをするチャンスがきっと巡ってきます。その好機を生かすことによって、あなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

 

4 デートの予定に「ダーツ」を組み込むもう

折角カワイイ子をデートに誘うことに成功したのに、期待に反して盛り上がらないときほどブルーになることはないですよね。

合コンで出会った24歳の大手鉄鋼会社に勤務するOL女子。芸能人で言うと武井咲ちゃんに似た目が大きい美人さんです。10往復程度のLINEのやりとりを経てデートに誘い出すことに成功しました。恵比寿にある焼鳥屋に行ったあと、近くのバーに行くという定番のコース。

会話を盛り上げるべく色々な質問を振ったのですが、いまいち反応が薄い。2軒目のバーまできてくれたものの何と言うか、会話をしているものの、笑顔があまりなく楽しんでいるような感じがしないのです。デートが終わってから、LINE(ライン)でメッセージを送ったものの、形式的なお礼の返信があっただけで、案の定、その後のやりとりは途絶えてしまいました。

ひょっとしたら、そんな悲しい体験をあなたもしたことがあるかもしれません。

盛り上がったデートをしたいのであれば、1軒目のレストランで食事をした後に、「ダーツ」をすることをお薦めします。ダーツバーに行くと相手女性と一緒に盛り上がって、お互いに印象深いデートを楽しむことができるのです。

本章では、デートにおいて相手女性と仲良くなるのにダーツが有効な理由を3つお伝えします。

 

理由1 初めての共同作業

1つ目の理由は、ダーツがあたかも「共同作業」のように楽しむことができるからです。ご存知のように、ダーツはボードに向かって矢を投げる単純な作業を行うゲームです。高得点を得たり、狙った場所に刺さったときには、大きな爽快感が生まれます。

そのときに、「やったー」「おめでとう」「すごいね」とお互い声を掛ければ、まるで一緒に何かを作り上げているような一体感のある雰囲気を作り出すことができます。そうしたいい感じの雰囲気ができれば、周囲から見るとまるであなたと相手女性は、5年間付き合っている親密なカップルのように見えることでしょう。

残念にも相手女性が高得点を得られなかったときでも、「ドンマイ」「次がんばろう」と励ましてあげれば、相手女性はあなたの優しさを感じることになります。相手女性が、あなたに対して「サポーター」との印象を持てば、きっとあなたは頼りがいのある男として脳内にインプットされるはずです。

 

理由2 自然にボディタッチができる

2つ目の理由は、自然な流れでボディタッチができることです。

ダーツは交互に矢を投げていくゲームです。まず最初にあなたが3本矢を投げます。その後、刺さった矢を抜きにダーツボードまで歩いていきます。矢を抜いたら投げるエリアまで戻って次の人と交代。この流れを延々と繰り返していきます。

この次の人と交代するときがボディタッチのチャンスです。順番交代のためのタッチをするのです。元気よく手のひらと手のひらを合わせるようなハイタッチ・ハイファイブが定番です。また、お互いに両手をグーにして、指の部分でタッチするグータッチもいいでしょう。昔、巨人軍の監督をしていた原辰徳氏がやっていたアレです。

ボディタッチの機会は多ければ多いほどより親密になれます。女性とダーツをやるときに最もお薦めである01(ゼロワン)というゲームだと、各プレイヤーに最大10回投げる機会が与えられます。そうすると、あなたと相手女性合わせて20回の投げる機会が生まれるので、交代の機会は19回。即ち、あなたに19回のボディタッチのチャンスが生まれます。と言うことは、このゲームを3回やれば、60回近くのボディタッチを自然にすることができます。

これだけ多くのボディタッチが繰り返されれば、相手女性も体を触れることの抵抗感は薄まります。そうすれば、例えば、ゲームを終えてカウンターで一杯飲むときに「爪、綺麗だね。」と言って手を触ることも自然にできます。また、ダーツバーを出て次のお店に移動するときに、手を繋ぐこともごく自然な流れの中で行うことができます。

 

理由3 楽しい罰ゲームを設定できる

3つ目の理由は、楽しい罰ゲームを設定できることです。

共同作業の雰囲気で楽しむダーツではありますが、それは同時に勝敗を競う「勝負」でもあります。なので、ゲームが始まる前に「じゃあ、罰ゲームはこれ一気ね(笑)。」と言って、ドリンクを一つ用意しておきます。

定番はテキーラのショットです。普段は「こんなの飲めない~。」という女性でも、罰ゲームという状況になれば不思議とクイッと飲み干すものです。その後ライムをかじる姿はまた格別にかわいいです。勿論、あなたが負けた場合は、男らしく全部飲みましょう。幸運にもあなたが3連勝くらいすると、相手女性は結構いい感じに酔っ払うので、その後の展開に期待が持てます。

既にお互いいい感じに酔っ払っているのであれば、罰ゲームをお酒でなく、「じゃあ、罰ゲームは、これ負けたら俺と付き合ってね。」と提案してみます。この一言には、「これから口説きモードに入るよ」という宣戦布告の意味合いがあります。

また、この罰ゲームを提案した後の相手女性の反応を見ることで、今あなたがどれくらい相手に受け入れられているのかを知ることができます。素に戻って「そんなのないから」と言われたり、軽くスルーされるようであれば、その時点では脈がないのかもしれません。一方、「えー、じゃあ、負けないように頑張らなきゃ。」と明るく反応するようであれば、見込みがあります。

このように、罰ゲームを活用して、その時点でのあなたの立ち位置を知るための観測気球を打ち上げることもできるのです。

 

合コン後の初デートはダーツがお薦め!

ダーツ、やってみたいけどルールがいまいちわからないというお悩みを抱えていませんか。

合コンで会ったお気に入りの女性との初デート。1軒目の食事は焼鳥屋で美味しい鶏肉に舌鼓を打ちました。会話も盛り上がり、この勢いでもっと相手女性との距離を縮めたいところ。ダーツを一緒にやると女性と仲良くなれると聞いたので、ぜひチャレンジしてみたい。でも、今まで一度もやったことないので、ルールがよく分からない。

あなたもひょっとしたら、そんな課題をお持ちかもしれません。

そんなとき、まずやってみるといいのが、「301」というゲームです。ダーツを初めてやるのであれば、まずはこのゲームから始めてみましょう。

 

301のルールとは?

301は、もともと301点ある持ち点を減らしていくゲームです。段々と持ち点を減らしていき、得点を0点にする、または規定ラウンド終了時に最も得点が低いプレイヤーが勝利するルールです。ポイントは、点数をぴったり0点にすることを目指すことです。

例えば、持ち点の残りが16点あったとします。このとき、16点の枠にダーツを入れることができれば、持ち点が0点になるので、その瞬間にゲームは終わります。もし、16点よりも大きい点数の枠、例えば、18点の枠にダーツが入った場合、バースト(BURST)となります。

バーストになったら、そのラウンド(投げる回)は終了します。次のラウンドは元の持ち点(この例では16点)からスタートします。

このゲームの良いところは、ダーツボードの点数枠にさえ入れば得点されるので、序盤はどんどん点数が減っていく様子が楽しめることです。ですので、コントロールがままならない初心者でもフラストレーションなくゲームをエンジョイすることができます。

加えて、終盤戦は持ち点をぴったり0点にするため、狙った枠にダーツを集める集中力が重視されてきます。そして、狙った枠にダーツが刺さってゲームに勝利したときの爽快感は何事にも代えがたい喜びを感じさせてくれます。

あなたと相手女性がダーツ初体験であっても間違いなく楽しむことができるダーツゲームが、この301です。「まずは1回ダーツをやってみよう。」というあなたは、ぜひ301に挑戦してみましょう。

 

ダーツバーで美女を口説き落とす方法

本章では、ダーツ初心者でも簡単に楽しめるダーツゲームとして、「301」をご紹介させて頂きました。単純なルールですので、例えダーツをやるのが初めてであっても、満足した時間を過ごすことができます。

ダーツは勝負事であると同時に、「共同作業」のような雰囲気も醸し出せるので、あなたと相手女性の仲がより親密になるのは間違いありません。愉快な時間を共有することによって仲が深まり、あなたは最終的に理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

 

5 「今度ご飯行きましょう」と誘うのはダメ

合コンで出会ったことLINE(ライン)のやりとりをして、頃合いを見計らって食事に誘ったのに、それ以降返事がこなくて放置されたときって、やるせない気持ちになりますよね。

相手女性とメッセージのやりとりを3往復くらいして、「そろそろいい感じかな。」との判断の下、「今度良かったら一緒に食事に行きませんか?」と返信したところ、送ったメッセージは既読になっているのに、いつまで経っても返信がない。

そんな状況にあなたも陥ったことはないでしょうか。

こうした事態を避けたいのであれば、何の脈絡もなく「一緒に食事に行きませんか?」と誘うことはご法度です。本章では、その背景についてお伝え致します。

 

女性をデートに誘うときの大事な前提条件

まず合コンやパーティーで知り合った女性とLINEのやりとりをするとき、前提条件として認識しておかなければいけないことがあります。それは、相手の女性はあなたに対して大した興味を持っていない、ということです。

相手女性と出会った飲み会で話が盛り上がったり、色々質問をしてくれたので、相手女性はあなたのことに多少なりとも興味を持ってくれていると、あなたは感じているかもしれません。しかし、それは誤りです。相手女性はあなたに好意など抱いていません。

相手女性は飲み会の席上、場を盛り上げるためにあなたの話に合わせていてくれているに過ぎません。要は、その場の雰囲気を良くするために大人の対応してくれています。LINEの連絡先を教えてくれたのもその一環。みんなで連絡先交換しているときに一人だけ断ったら、微妙な雰囲気になりますから。

なので、「あなたに対して特に大きな興味を持っていない女性」を如何にしてデートに誘い出すか。そのための方法を頭を使って考える必要があります。何の戦略も持たず、あなたがただ本能の赴くまま「今度食事でもどうですか?」と誘うときって、あなたは何にも考えていなく、ただ自分の欲望をさらけ出しているだけですよね。

これって、甘いものを食べたい5才児が、スーパーマーケットで一緒にいるお母さんに「お菓子買って、買って~。」と床でひっくり返って駄々をこねているのと同じことです。で、この5才児が望み通りお菓子を手に入れられるかというと、恐らく「そんなわがまま言うんじゃありません。」とお母さんに一喝されて、お菓子を買ってもらえることはないはずです。

それと同様に、あなたがいきなり相手女性に対して「今度ご飯でもいきませんか。」と提案するのは、あなたがただ自分の欲望を満たしたいがためだけの、極めて独善的な行為です。

たかだかLINEのメッセージを3往復程度したところで、相手女性が劇的にあなたことを好きになることはあるでしょうか。恐らくないはずです。そんな状態で、あなたからいきなり食事の提案を受けたら女性はどう思うでしょうか。

「うーん、私、別にこの人に興味ないし、行く必要はないわね。」

と思われるのが関の山です。はっきり断るのも面倒くさいから、放置して時が経過して風化するのを待っているのです。

あなたがメッセージの中で脈絡なく、「今度ご飯でもいきませんか。」と尋ねることは、あなたが相手に対して、「僕に興味はありますか?」とか「僕のこと好きですか?」と尋ねていることと同義なのです。要は、あなたはこの質問をすることによって、相手女性に踏み絵を踏ませようとしています。そして、その回答をすることが面倒なので放置されているだけなのです。

 

女性が自ら「デートに行きたい」と思わせるためには、どうすればいいか

では、どのようにデートに誘うのが正解なのか。相手女性があなたに興味がないことが前提となっている訳ですから、あなた以外の何か価値あるメリットを女性に対して提示することが大事です。そのメリットに心惹かれれば、寧ろ相手女性の方が乗り気になって行動するようになります。

では、女性が心惹かれるメリットには、どんなものがあるのでしょうか?一番のお薦めは美味しい食事です。人間、基本的に美味しいご飯が嫌いな人はいません。メッセージのやりとりの際に食事の話題を出して、相手女性が好きな食事を探知します。その上で、「じゃあ、その美味しい食べ物を食べにいこう。」という内容に展開できれば、相手女性もそれにメリットを感じて、デートの時間を割いてくれる確率が高まります。

相手女性はあなた自体に興味がなくても、「美味しい食事」というメリットに価値を感じてくれれば、「ま、ここの焼肉美味しそうだし、1回くらい付き合ってもいいかしら。」とか「奢ってくれるって言うから、取り敢えず1回は行ってみようかしら。」と判断します。

女性がデートに応じてくれる動機なんて何でもいいのです。デートに来ないことには話にならない訳ですし、理由は何でも一度デートに来てくれたらそのチャンスを最大限生かすべくベストを尽くせばいいだけの話です。

女性とのLINEのやりとりの中で、具体的にどのように食事をテーマに出して、会食に誘うかの方法については、こちらのコラム「合コン後のLINE(ライン)・メールで女性を簡単にデートに誘い出すズルいメッセージ術6つ【例文多数】」に詳しく記載してあります。是非クリックしてご覧になってみて下さい。

こちらに例文が載っていますが、脈絡なく「一緒に食事に行きませんか?」などという質問は一切していません。それをせずに、相手に踏み絵を踏ませることなく、どのようにデートに誘っているのか、是非その目でチェックしてみて下さい。

 

美味しいご飯を食べながら、美女を口説き落とす方法

今回は、女性に「今度ご飯行きましょう」と誘うと返事がこない理由についてお伝えしました。

女性にとって興味がないあなたからの突然のご飯のお誘いは、「僕のこと好きですか?」と踏み絵を踏ませる行為に他なりません。それに対する回答をしたくないから、放置されるのです。

そうではなく、食事の話題を出して、そこに自然に誘導する形で、食事の日程を決めてしまいましょう。そうして、デートの時間さえ確保すればあなたに口説くチャンスが生まれます。そこで、相手女性の心を掴むトークを重ねることによって、あなたは最終的に理想のかわいい彼女が作れるのです。

 

 

6 合コン中に美女とのデートを取り付ける

合コン中に、お目当ての女性とデートの予定を取り付けることができたらラッキーですよね。

合コンで知り合った女性とめでたくLINEの連絡先を交換することができました。

その後、メッセージのやりとりを続けて、デートに誘い出そうと試みてはいるものの、なかなか相手女性がこちらの思い通りに応諾してくれない。

ひょっとしたら、あなたもそんな悩みをお持ちかもしれません。

そんなときは、敢えて合コン中にデートの約束を取り付けることを意識してアクションを起こしてみましょう。

そうすると、意外とすんなりと女性とデートの予定が決まることがあります。

 

合コン中のデートの誘い方

では、具体的にどのようにデートの約束を取り付ければいいのか。

まず、第一歩は相手女性の趣味や興味のあることを引き出すことです。

これは女性に「趣味は何ですか?」とか「休みの日は何して遊んでいるの?」とか「最近のマイブームは何?」といった質問をして、情報を入手します。

そして、相手から具体的な情報を引き出したら、その情報に共感したり、興味があることをポジティブに伝えます。

その際、相手女性のことをほめる言葉を入れると、なお効果的です。

「その趣味は楽しいよね。」という雰囲気を醸成していくのです。

そういったプラスの雰囲気が出来上がったところで、「じゃ、今度それ一緒に行こうよ。」と軽く提案してみるのです。

その女性の趣味が、あなたが教えることができるものであれば、「じゃ、今度それ教えてあげるよ。」と言えば、女性が応じる可能性も高まります。

また、逆にあなたが全然経験がなくて、相手女性の方が経験が深い趣味であれば、「それ、面白うそうだから、今度教えてよ。」と頼んでみるのもいいでしょう。

とにかく、そういった、「今度一緒に●●しようよ。」といった提案を、相手女性が「はい、ぜひー。」とポジティブに受け止めてくれれば、ソフトな形でデートが成立したことになります。

あとは、合コン終了後のLINEのメッセージのやりとりで、話が温かいうちに具体的な日程を決めましょう。

 

やりとりの例文

例文としては、こんな感じです。

 

あなた 「A子ちゃん、最近のマイブームは何なの?」

A子 「えーと、マイブームですか。そうですねえ、最近ネコが好きなんですよ。」

あなた 「へー、ネコねえ。そういえば、うちも実家で飼ってるよ。甘えてくるネコって可愛いよね。でも、何でそれが急にマイブームになったの?」

A子 「私、実は今までイヌ派だったんですけど、こないだお友達のうちに遊びにいったら子ネコちゃんがいて、それがすごい可愛かったんです。それで、すっかりネコの魅力に取りつかれてしまいました。」

あなた 「あー、それ分かる。子ネコはズルいよね。じゃ、今はネコ飼ってるの?」

A子 「飼いたいんですけど、うちのマンション、ペット不可なんです・・・。それに実際世話するのって大変そうですよね。」

あなた 「なるほど。確かに餌とかトイレとか毎日しないといけないからね。じゃあ、好きな時に好きなだけネコと遊べる場所に行けばいいんじゃない?」

A子: 「えー、そんな場所あるんですか?」

あなた 「猫カフェとか知ってる?」

A子 「あー、聞いたことあるかも。でも、全然行ったことないです。」

あなた 「そうなんだ。可愛いネコが沢山いるお薦めの猫カフェを知ってるんだけど、今度行く?」

A子 「はい、ぜひ行ってみたいです。」

 

上記のような会話が合コン中にできていれば、後日デートの具体的な日程を決めるのもスムーズにできるはずです。

 

ゴルフ上手にはチャンスあり?

先日、女子大生と合コンを行いました。

そのとき、あるカワイイ参加女性が今興味があることとして挙げていたのが、ゴルフでした。

これに対して、某30代参加男性の対応が上手でした。

そこから巧みにゴルフの話題を展開して、ゴルフの経験が深いことをさりげなくアピール。

自然な流れで、「じゃ、今度一緒に行こうよ。」と提案して、「ぜひー。」と女性が積極的に応じていました。

「最近ゴルフ始めたんです。」という発言をする20代前半のカワイイ女性は、最近増えてきている印象があります。

ゴルフの腕に自信のある読者の方には、良いチャンスかもしれません。

合コン後のLINEのやりとりでデートの誘い出しに苦労しているときは、合コン中にデートの約束を取り付けられるよう頭を使って会話をしてみましょう。

相手女性の趣味の話を展開して、相手の興味を引くことができれば、デートの約束を取り付けることができます。

そこから、更にデートを重ねていくことによって、あなたは最終的に意中のカワイイ彼女をつくることができるのです。

 

 

「合コンやパーティーに参加しているのに、そこで知り合った女性をデートに誘い出すことができない」とお悩みであれば、こちらの気軽に参加できる「あなたの男性的魅力を高めるイベント」に顔を出してみましょう。こちらのイベントに出席して頂ければ、あなたも確実に自分に大変革を起こし、男としての価値や魅力を上げることができます。

 

「1回の合コンで2人の女性をデートに誘い出し、美女を確実に口説き落としたい」という向学心溢れるあなたは、こちらの「恋愛力を劇的アップさせる誰でも簡単に試せる特別メソッド」を活用して頂ければ、手軽に更なる実践的ノウハウを手に入れることができます。

 

どうぞお気軽にご活用下さい。

 

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

できるだけ多くの女性をデートに誘い
美女を確実にあなたに惚れさせる秘技

 

ブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

 

===============================

「下剋上合コン術」のLINE@始めました。

美女が集結する合コン・パーティー開催情報が届きます。

友だち追加

===============================

  • 合コンで知り合った子をデートに誘いたい
  • LINEを既読スルー・未読スルーされている
  • なかなか出会いがない
  • 合コンに参加しても、いつも収穫がない
  • かわいい彼女を作りたい
  • 彼女の作り方がわからない
  • モテて自信を持ちたい
  • 自信と魅力のある男になりたい

などなど、そんな30代独身男性のための恋愛セミナー、恋愛コンサルティング、コミュニティ・勉強会、各種合コンイベントをご提供しています。

一般社団法人スマート男子育成協会代表・『モテる戦略』著者・アモーレ石上による実践的なノウハウとサポートです。
合コン経験2,000回以上、交際した女性は、一般OLの他、女優・アナウンサー・看護師・キャバ嬢・CA・モデル・文筆業・アパレル店員・建築士・受付嬢など、業種業界を問わず多岐に渡り、その人数は100人以上。
人生史上最高の女性と出会い、2011年に結婚。
TV出演・雑誌掲載多数。

まずは、LINE術セミナーなどの各種恋愛セミナー、もしくは【毎月5名限定】1時間無料恋愛相談にお申し込みください。

60日間で理想の彼女ができる男に生まれ変わるための無料メールセミナーもぜひご覧ください。

「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

090-6170-0639

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:アモーレ石上

プロ合コンコーチ
30代独身男性向け恋愛アドバイザー
アモーレ石上(@f_ishigami)

慶應志木高→慶大法 →外資系証券4社→恋愛で起業◆2000回以上の合コン経験、◆100人以上の美女との交際体験、を元に誰でも実践できる可愛い彼女作りのノウハウをhttps://otokojuku.bizにて発信。 500人以上の独身男性に恋愛コンサル。彼女作り・結婚アレンジの実績100名以上。

関連する投稿

▼『合コン後の初デートの注意点6つ|誘い方・場所選び・LINEメッセージの送り方』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせはこちら

お名前 【必須】
性別 【必須】
お住まいの都道府県 【必須】
年齢 【必須】
メールアドレス 【必須】
電話番号 
お問い合わせ内容 【必須】