「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

【女性の恋愛心理】月収10万円グラビアアイドルの「枕営業」に学ぶ、手軽に美女にモテる男になる戦略

2018.05.10 (木)

こんにちは。

 

アモーレ石上です。

 

女性の考えていることって、男からすると分からないことが多いですよね。

 

  1. 例えば、一緒に食事デートを楽しんでいた女性が、5分程度仕事の電話で席を外した後に帰ってきたら、急に機嫌が悪くなっていたり、さっきまで一緒にいてケラケラ笑っていた女性が急に黙りこんでしまったりと、女性の気持ちと言うのはかくも移ろいやすいものです。

 

こうした女性心理を理解できないばかりに、お目当ての女性を口説き落とすことができない。ひょっとしたら、あなたもそんな悩みに直面していることでしょう。

 

そんなときは、女性の深層心理や欲望を学んでみましょう。そうすると、あなたは女性がどのような考え方に基づいて行動しているかを理解することができ、結果として女性のモテる男になることができます。

 

今回は、グラビアアイドルの枕営業をテーマに、女性心理を学ぶ重要性についてお伝え致します。

 

 

 

知られざる女性の恋愛心理

 

先日、小学館が運営する「マネーポストWEB」というサイトで、グラビアアイドルの枕営業について2本の記事を書かせて頂きました。

 

現役グラドルが告白 “疑似恋愛”で仕事を勝ち取る手法

仕事を得たいグラドルの「標的」にされる民放キー局Pの本音

 

こちらの2本の記事は、もともと書いた記事の重要部分を綺麗に編集したものです。今回、記事の原文をこちらに掲載します。知られざる女性の心理や欲望について書きましたので、是非ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

月収10万円グラビアアイドルが枕営業で見る甘い夢

 

ここ最近、長年の間実行していたセクシャルハラスメント(セクハラ)行為を暴露・告発される男性が増えている。例えば、アメリカでは、著名映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏が、長年に渡り複数の女優へのセクハラを行っていたことが2017年10月に報道された。その報道に対して、多くの有名ハリウッド女優が非難のコメントを出すなど、大きな社会問題へと発展した。

 

また、日本でも、作家・ブロガーのはあちゅう氏が、広告代理店勤務時代に上司から執拗なセクハラを受けていたことを、2017年12月に公表し、世間に衝撃を与えた。

 

最近では、写真家のアラーキーこと荒木経惟氏が、15年間専属モデルを務めたダンサー・KaoRi氏にセクハラ・パワハラを告発され物議を醸している。

 

上記の事件を始め、一般的なセクハラ事件では、権力者たる男性がその権威を狡猾に利用して女性に性的関係を強要するという構図になっている。勿論、被害者たる女性にとって極めて屈辱的な、社会的に許されざる行為だ。

 

その一方で、そうした権力を持った男性に自ら近づき、性的関係を構築することで、自己の利得を独占的に得ようと画策する女性も存在する。いわゆる、「枕営業」という行為だ。

 

例えば、東京都内に住む染谷英玲奈さん(30才・仮名)。DVDを10枚以上出しており、10年以上に渡って活躍するベテラングラビアアイドルだ。染谷さんによると、「周りでも『枕営業』をやってる子は結構いますね。多分、グラビアアイドルのうち、半数以上はやっていると思いますよ。」という。

 

筆者は、外資系証券会社の営業マンとして勤務しながら、20年間にわたり2000回以上の合コンに参加した日本で唯一の「プロ合コンコーチ」として、さまざまな男女の恋愛事情を見聞きしている。今回は、そんなグラビアアイドルの枕営業事情を、恋愛とビジネスの両面から考察する。

 

 

グラビアアイドルの枕営業の実態

 

そもそも、グラビアアイドルが枕営業をする目的は大きく分けて2つある。1つは、彼女たちが望む仕事を得ること。もう1つは、ズバリ金銭だ。染谷さんの周囲では、枕営業を行うグラビアアイドルのうち8割が仕事を得る目的だという。

 

彼女たちが羨望する仕事は、人気が高い順に記すと、

 

1 地上波テレビ番組への出演
2 雑誌の表紙
3 雑誌の撮り下ろしグラビア写真
4 写真集
5 DVD

 

となる。

 

そうなると、仕事目的の枕営業のターゲットなるのは、大手テレビ局のプロデューサーを筆頭としたテレビ局社員、雑誌の編集長クラス及びグラビア担当者、DVDメーカーの社長といった男性だ。また、テレビ番組のスポンサー企業の権力者に狙いを定めるケースもある。

 

ただ、中にはキャスティング権のないテレビ番組制作現場の若手アシスタントディレクターに言葉巧みに説得されて、つい一晩を過ごしてしまうグラビアアイドルもいるという。キーパーソンの選定が営業成績を左右するという点では、グラビアアイドルも一般企業の営業マンと同様に、高い営業センスが求められる。

 

一方、割合は多くないものの、仕事ではなく金銭目的で枕営業を行うグラビアアイドルもいる。この場合、ターゲットとなる男性は会社経営者など経済的に裕福な男性たちである。

 

金銭目的の女性は、どちらかというとグラビアアイドルの仕事を熱心に行っているのではない。女性としての価値を上げる、女としての箔をつけるために、副業的にグラビアアドルの仕事をしているに過ぎない。自分の価値を高めて、自分と共に一晩を過ごすための対価を吊り上げる手段として、グラビアアイドルの看板を掲げている。

 

因みに、その価格は、安いケースで5-10万円程度、平均的な相場で30万円程度だ。興味深いことに、この市場にもインバウンドの影響が表れている。驚くべきことに、彼女らと一晩を過ごすのに100万円を払う中国人もいるという。

 

では、こうした枕営業は、どのようにターゲットとなる男性に対して提案されているのか。てっきり、「私と一晩過ごす代わりに番組に出して下さいね。」とギブアンドテイクを示して直接的な営業を行っているのかと思いきや、そうした女性はごく少数派だ。

 

手口はこうだ。まず、枕営業の対象となる男性と懇意になり、恋愛関係を構築したように錯覚させる。男性側からするとその女性と交際しているという認識を持たせるのだ。そこから徐々に彼女の思い通りに動くよう男性を誘導していき、最終的に得たい仕事を入手する。

 

中には、そうした恋愛関係を同時に3人の番組制作者の男性と構築するなど、強気の枕営業を行うグラビアアイドルもいるという。また、自身は結婚しているにもかかわらず、夫ではない別の男性と恋愛関係を築いて枕営業に勤しむグラビアアイドルも少なからず存在する。

 

前出の染谷さんも、「飲み会の席で、あるテレビ番組ディレクターの男性が、『グラビアアイドルをやっている彼女が全然自分の部屋に招待してくれない。』と愚痴を言っていたんです。でも、実はその彼女は結婚していることを私は知っていて、ずっと心の中で可哀そうだなと思っていました。」という出来事があったという。

 

不思議なのは、こうした枕営業に応じてくれる男性を、彼女たちはどのように見つけ出しているのかということだ。というのも、彼女らの仕事関係者の全ての男性が枕営業を受けるとは限らないからだ。また、枕営業に応じてくれても、最終的に彼女らの欲する仕事を提供してくれないのであれば意味がない。彼女たちにとって、都合の良い男性を選別することが重要となってくる。

 

こうした男性は自分が枕営業を受容する人間であることを示唆する発言が多いという。例えば、飲み会の席などで、

 

「○○という番組に出ていた××ちゃんって知っている?あの子、実は僕の元カノなんだよね。」
「やっぱり、好きな女性と一緒に仕事をやって良い作品を作り上げられたら楽しいじゃん。」
「俺って、一回関係持っちゃうと、つい情が入っちゃうタイプなんだよね。」

 

といった発言をする男性は、大抵枕営業を受諾するケースが多いという。

 

枕営業を仕掛けたい女性サイドは、打ち合わせ後の飲み会や打ち上げたと称した宴席でこうした傾向を持つ男性を目ざとく見つけ出す。そして、その男性に「今度、良かったら2人で飲みにいきませんか。」と巧みに誘い出し、営業活動を開始するのだ。

 

 

グラビアアイドルの懐事情と、この道に進む動機

 

このように、枕営業をしてまで仕事を取ってこなければならないグラビアアイドルは数多く存在している。そもそも、グラビアアイドルという仕事の収入はどれくらいの金額になるのだろうか。

 

そのあたりを現役グラビアアイドルの染谷さんに話を聞くと、「正直、グラビアアイドルのうち8割の女性は月に20万円も収入がありません。グラビアアイドルだけでは食べていけないコが殆どです。私も月に15万円も稼ぐと『今月はよく頑張ったね』とマネージャーにほめてもらえるくらいです。」と本音を漏らしてくれた。

 

このコメントからも分かるように、テレビや雑誌に出て、世間に名前を知られ活躍し、グラビアアイドルとしての収入で生活を維持することができるのは、ごく一部に過ぎない。では、そうした限定されたマスコミ露出の機会を得ることができないグラビアアイドルは、どのようにして糊口をしのいでいるのであろうか。

 

その手段は、写真撮影を趣味とする男性を対象とする撮影会だ。グラビアアイドルは、SNSやブログで自ら積極的に情報発信を行い、撮影会に参加する男性を募集する。撮影会には、参加者1名でマンツーマンで行う個人撮影と、参加者が複数に渡る団体撮影の2種類のパターンがある。

 

個人撮影の参加費は1時間につき7千~2万円程度、団体撮影の場合は1時間当たり4千~1万円程度が相場だという。なので、例えば、団体撮影を1時間1万円の参加費設定を行い、10名の参加者が集まれば、撮影会の売上は10万円となる。

 

但し、その売上が全てグラビアアイドルの収入となる訳ではない。撮影会は通常スタジオで行われるので、会場使用費として売上の40%程度をスタジオに支払うのが一般的だ。残りの60%程度を、所属事務所とグラビアアイドルで配分する。その際、グラビアアイドルへの割り当ては30%程度であることが多いという。

 

つまり、仮に撮影会の売上が10万円とした場合、グラビアアイドル自身の収入は、

10万円×60%×30%=1万8千円

程度に過ぎない。

 

確かに、この配分システムだと、数多くの撮影会を設定し、そこに安定して大勢の参加者を集めることができる集客力のある人気グラビアイドル以外、生計を立てることが難しいことは想像に難くない。

 

それにしても、一般的な女性の水準の遥か上をいくレベルのルックスやスタイルを有している彼女たちは、なぜこのような競争の激しいグラビアアイドルという仕事をわざわざ選択するのだろうか。

 

一般的な女性会社員として就職すれば、安定した収入を得ることもできるはずだ。また、そうした高レベルの美貌を有した女性は、一般的な社会生活の中ではビジネス面でもプライベート面でも相対的に大きな恩恵を得る機会も多いだろう。

 

この点、染谷さんの言葉を借りれば、グラビアアイドルには「一言で言うと承認欲求ですね。普通の女性よりも『有名になりたい』『売れたい』『チヤホヤされたい』という女性なら誰でも持っている欲望が普通よりも強いのです。」という傾向があるようだ。

 

承認欲求が強いので、一般人でいることには耐えられない。だから、世間から注目される存在になりたい。しかし、例えば女優になれるかというと、そんな演技力もないし、その努力もしたくない。そもそも芝居自体にあまり興味がないと、女優になるという選択肢は出てこない。

 

有名女優になるには、例えばミスコンで1位になるくらい、相当ルックスレベルも高いことが必要だ。グラビアアイドルはそこまでのレベルのルックスを持っていなくてもなることができる職業なのだ。

 

実際、染谷さんも、自分は承認欲求が強い女性だと認識している。その原因は容姿のコンプレックスにあるという。染谷さんには2才年下のいとこの女性がいる。そのいとこは、小さい頃から、誰が見ても可愛い、極めて見目麗しい子供だった。だから、親戚が集まると大人たちはいつもそのいとこのことを、「かわいいかわいい」とほめちぎっていた。

 

一方、染谷さんは親戚の大人からルックスをほめられることがなかった。その体験がコンプレックスとなり、染谷さんの人格形成に大きく影響した。「かわいい」と周りの人からほめられることに強い執着を抱くようになり、行き着いたのがグラビアアイドルという稼業だった。

 

また、現在20代後半で東京を拠点として活動するグラビアアイドルの峰あすかさん(仮名)は、「グラビアアイドルになると、普通の人がなかなか会えない人に会えたり、普段ではできない体験をすることができるのも大きなメリットですね。」と語る。

 

例えば、峰さんがある日合コンに参加したところ、相手男性の中に有名企業の会社経営者がいた。一度その男性と食事に行った峰さんは、後日彼と一緒に東海地方へ温泉旅行に行くことになった。宿泊したのは庭にプールと露天風呂がついている豪華な部屋。これだけでも驚きなのだが、行きも帰りも交通手段は何とヘリコプターだった。こんな稀有な体験ができるのも、グラビアアイドルという仕事の特権だ。

 

 

枕営業を「される側」の意見

 

では、視点を変えて、グラビアアイドルに枕営業を掛けられる立場の男性は、こうした状況についてどのような意見を持っているのだろうか。

 

東京にある民放テレビ局の番組プロデューサーの田辺健太郎氏(仮名)は、40代ということもあり、番組に起用するタレントのキャスティングにも大きな影響力を持っている人物だ。

 

田辺氏は枕営業については、「確かに、自社所属のあまり有望でない女性タレントを、テレビ局のプロデューサーの接待要員として活用する芸能事務所はありますね。ただ、あまり実績のないグラビアイドルを番組の核となる部分でいきなり使えるかというと、それは難しい。20年前ならテレビ局も遊び心があったのですが、今の時代は例え深夜放送であっても視聴率至上主義。数字に繋がらない安易なキャスティングは困難なのが実情です。」との見解だ。

 

加えて、昨今テレビ局においても、コンプライアンス強化の流れがある。金銭問題、セクハラ、パワハラなどの問題には視聴者から多くの苦情が寄せられる。例えば、2015年に日本テレビの上重聡アナウンサーが、ABCマート創業者の三木正浩氏から無利息で多額の融資を受けたとされる問題では、世間から大きな批判を集めた。サラリーマンたるテレビ局社員にとっては、枕営業を受けることは大きなリスクとなる。

 

また、田辺氏は、「仮に、売れないグラビアアイドルを使うとすれば、例えば再現ドラマのちょっとした役とか、番組の本筋に大きな影響のないところでしょうか。でも、そうしたチョイ役の人選に僕ら局員が絡むことはないですね。寧ろ、現場を仕切っている番組制作会社のスタッフがそうした人選を進めるはずです。」とも語る。

 

このように、グラビアアイドルはテレビ番組出演を目論み民放テレビ局社員を枕営業のメインターゲットとして狙う一方、テレビ局社員は迂闊にはそれを受諾できない構図となっている。グラビアアイドルにとっても、本命に対する営業環境は決して甘くない。

 

女性の欲望は強く、留まるところを知らない。枕営業という行為には、使えるものは何でも使ってやれ、なりふり構わず有名になりたいという、グラビアアイドルの強い覚悟が秘められている。いつか自らが日の目を見ることを夢見て、強かなグラビアアイドルと男の攻防戦はこれからも続く。

 

 

 

女性の恋愛心理を深く学び、美女を確実に口説き落とす方法

 

今回は、グラビアアイドルの枕営業をテーマに、女性の恋愛心理と欲望についてお伝えしました。

 

女性の恋愛心理を深く理解し、女性が持つ欲望を上手に活用すれば、美女と懇意になれる機会はあなたでも作ることができます。女性の気持ちを正確に知る能力を高めることによって、最終的にあなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

「合コンやパーティーに参加しているのに、そこで知り合った女性をデートに誘い出すことができない」とお悩みであれば、こちらの気軽に参加できる「あなたの男性的魅力を高めるイベント」に顔を出してみましょう。こちらのイベントに出席して頂ければ、あなたも確実に自分に大変革を起こし、男としての価値や魅力を上げることができます。

 

「売れないグラビアアイドルと出会う機会を有効活用し、美女を確実に口説き落としたい」という向学心溢れるあなたは、こちらの「恋愛力を劇的アップさせる誰でも簡単に試せる特別メソッド」を活用して頂ければ、手軽に更なる実践的ノウハウを手に入れることができます。

 

どうぞお気軽にご活用下さい。

 

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

女性の本当の恋愛心理と欲望を深く学び
美女を確実にあなたに惚れさせる秘技

 

ブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

 

===============================================

「下剋上合コン術」のLINE@始めました。

このクラスの美女が集結する合コン・パーティー開催情報が届きます。

 

友だち追加

===============================================

  • 合コンで知り合った子をデートに誘いたい
  • LINEを既読スルー・未読スルーされている
  • なかなか出会いがない
  • 合コンに参加しても、いつも収穫がない
  • かわいい彼女を作りたい
  • 彼女の作り方がわからない
  • モテて自信を持ちたい
  • 自信と魅力のある男になりたい

などなど、そんな30代独身男性のための恋愛セミナー、恋愛コンサルティング、コミュニティ・勉強会、各種合コンイベントをご提供しています。

一般社団法人スマート男子育成協会代表・『モテる戦略』著者・アモーレ石上による実践的なノウハウとサポートです。
合コン経験2,000回以上、交際した女性は、一般OLの他、女優・アナウンサー・看護師・キャバ嬢・CA・モデル・文筆業・アパレル店員・建築士・受付嬢など、業種業界を問わず多岐に渡り、その人数は100人以上。
人生史上最高の女性と出会い、2011年に結婚。
TV出演・雑誌掲載多数。

まずは、LINE術セミナーなどの各種恋愛セミナー、もしくは【毎月5名限定】1時間無料恋愛相談にお申し込みください。

60日間で理想の彼女ができる男に生まれ変わるための無料メールセミナーもぜひご覧ください。

「下剋上合コン術・彼女作り」無料メール講座

合コン経験2,000回以上、大人の関係を持った女性3ケタ、TV出演・雑誌掲載多数、
『下剋上恋愛のプロコーチが教える モテる戦略』著者・アモーレ石上による、
30代独身男性が自信のある男に生まれ変わり、最高にかわいい彼女を作るための究極ノウハウ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

090-6170-0639

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:アモーレ石上

プロ合コンコーチ
30代独身男性向け恋愛アドバイザー
アモーレ石上(@f_ishigami)

慶應志木高→慶大法 →外資系証券4社→恋愛で起業◆2000回以上の合コン経験、◆100人以上の美女との交際体験、を元に誰でも実践できる可愛い彼女作りのノウハウをhttps://otokojuku.bizにて発信。 500人以上の独身男性に恋愛コンサル。彼女作り・結婚アレンジの実績100名以上。

関連する投稿

▼『【女性の恋愛心理】月収10万円グラビアアイドルの「枕営業」に学ぶ、手軽に美女にモテる男になる戦略』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせはこちら

お名前 【必須】
性別 【必須】
お住まいの都道府県 【必須】
年齢 【必須】
メールアドレス 【必須】
電話番号 
お問い合わせ内容 【必須】