【完全無料】たった60日で彼女ができる方法はこちらブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

【恋愛コンサルタントの評価】映画「最後の恋の始め方」に見る1ヶ月で手軽に彼女を作る術

ズルいLINE術セミナー

2017.08.20 (日)

こんにちは。

 

アモーレ石上です。

 

アメリカンラブコメの映画って、必ずハッピーエンドだから見ていて安心しますよね。僕が一番好きな映画のジャンルです。

 

僕が「下剋上合コン術」というネーミングで「プロ合コンコーチ」の仕事を始めたことを友人に話したとき、多くの人から見ることを薦めてもらった映画がありました。それが、2005年に公開されたウィル・スミス主演のロマンティックコメディ「最後の恋の始め方」です。

 

簡単にストーリーをお伝えすると、デートドクターと称されるヒッチ(ウィル・スミス)はモテない男性をモテるよう指南しています。ある日彼のもとへアルバートが仕事の依頼を申し込みます。なんと彼の憧れの女性は大金持ちの有名人でした。アルバートにモテの指導をしている最中に、ヒッチはゴシップ記者のサラ・ミラスに恋をしてしまいます。サラは男に興味が無いといっていたが、他の男とは違うヒッチに少しずつ惹かれていきます…。

 

主人公のヒッチの職業は、デートドクター。つまり、独身男性の恋愛コンサルティングを行っている僕と完全に同じ仕事ということもあります。今までこの映画を見たことがなかったので、先日DVDを購入して見てみました。

 

今回は、映画「最後の恋の始め方」を見て感じた手軽に彼女を作る方法についてお伝えします。

 

 

 

アメリカ社会における恋愛コンサルタントの位置づけ

 

主人公ヒッチの恋の行方自体は、ラブコメですので、途中ですったもんだありながらも、基本ハッピーエンドの方向に進んでいきます。これはお約束なので、「まあ、こうなるんだろうな。」という期待に沿って物語は展開します。途中にギャグも散りばめられているので、ラブコメファンとしては安心して見ていられる作品です。

 

僕が注目したのは、劇中における「デートドクター」という仕事の評価の部分です。実は、ヒッチは普段自分が「デートドクター」であることを隠して生活しています。その後、ヒッチがデートドクターであることが、ゴシップ新聞によって暴露されてしまうのですが、このことによってヒッチは世間から好奇の目を向けられ、デートドクターの仕事を継続することができなくなってしまいます。

 

このシーンを見たとき感じたのは、「自由の国アメリカでも、恋愛コンサルタントの仕事は怪しい、と思われているんだ。」ということでした。多様な価値観を誇る国のアメリカであれば、恋愛コンサルタントのような仕事も比較的許容度が高いのかなと思っていましたが、少なくともこの映画ではそのような描き方はされていませんでした。

 

この映画を見て更に僕は自分の使命感を強くしました。と言うのも、アメリカでもそうであるように、我が日本でも恋愛コンサルタントの仕事は怪しいイメージが強いです。それに、「男が恋愛の相談をすることは格好悪い、恥ずかしいことだ。」と感じる風潮があります。だから、これを変えていかなければいけないんだなあと言うことに改めて気づきました。

 

恋愛は極めてプライベートなことですから、それがうまくいかないことに引け目を感じたり、それを第三者に相談することに躊躇する気持ちは分かります。だからこそ、それを変えたいという気持ちは男として大事なことなのです。恋愛がうまくいけば、普段の生活が非常に楽しいものになります。恋愛の状況をよくしたいということは、人生を大きく変えたいということと同義なのです。

 

例えば、弁護士の中で、誰の手も借りることなく、予備校にも通わず、一人で黙々と勉強して司法試験に受かった人は殆どいないのではないでしょうか。恐らく殆どの弁護士は過去に塾に通って教えを請うていたはずです。

 

また、あなたもかつて受験や資格試験のときに、塾や予備校に通って勉強を教えて貰った経験があるのではないでしょうか。このように、受験や資格など、具体的な「関門」があるとき、人は進んで第三者に教えて貰う傾向があります。ところが、恋愛のように、具体的な試験日や検定日が決められていないことだと、他人のサポートを受けるモチベーションが低下するのです。

 

これって、非常に勿体ないことですよね。受験や資格も人生にとって重要なことですが、恋愛をどう成就させるか、どんな素敵な異性と人生を共にしていくかも、それと同様、いやそれ以上に重要なことかもしれません。そんな人生における大事なテーマである恋愛も、第三者に相談すればうまくいく確率が高まると言うのに。

 

 

 

恋愛も人から学んだ方が圧倒的に成果が早く出る

 

そして、恋愛はこんな大事なことなのに、学校ではそれについて成果を出す方法を全く教えてくれません。確かに、一昔前の人口増加の時代であればその必要はなかったかもしれません。でも、今は時代が変わっています。少子化で人口減少も進み、女性の社会進出もあり、女性とうまく仲良くなれない、彼女を作ることができない男性が爆発的に増えています。これはもう立派な社会問題です。

 

なので、本来は行政が手を打たなければいけないところです。実際、婚活パーティーなど、出会いの機会を創出している行政機関や民間企業は多々あります。なので、出会いの機会自体は、現代は寧ろ一昔前よりも増えている印象があります。それなのに、彼女を作れない男性の割合は増加の一歩を辿っています。

 

これは、男性一人一人に会話力や女性に対する気遣いなど、一般的に言うところのコミュニケーション力が欠けているからに他なりません。ですので、彼らのコミュニケーション力を上げない限り、この状況は改善しません。つまり、今一番必要とされているのは、「教育」なのです。

 

学校の授業で恋愛の授業を作るのもいいでしょう。また、求職者向けに職業訓練を行う制度があるように、独身男性向けに恋愛訓練を行う制度を行政が作るのもいいですよね。でも、実際行政がこのような取り組みを行うには時間が掛かるはず。なので、民間が先に形を作ることが肝要であり、僕はその先駆けとなるつもりです。

 

僕はそのような思いを抱いて日々恋愛コンサルを行っていますが、今回「最後の恋の始め方」を鑑賞して、改めてその思いを強くすることになりました。この映画においても、デートドクターのヒッチに恋の手ほどきを受けたアルバートは、その指導の甲斐あって見事意中の女性を射止めることができました。

 

だから、もし、あなたも手早くかわいい彼女を作りたいのであれば、その方法は簡単です。まずは恋愛について相談できるプロフェッショナルに話を聞いてもらうことです。そこから全ては始まります。因みに、僕の恋愛コンサルティングの受講生から、彼女を作った男性が続々誕生してきています。

 

つい最近も、40代男性に素敵な年下彼女ができました。この男性は、コンサルを受講してから2ヶ月で彼女ができました。今まで最短記録は、コンサル受講後1ヶ月で彼女を作った男性だったのですが、先月にその記録を破る2週間という記録を打ち立てた猛者も現れました。

 

こんな感じで、上手に第三者の教えを活用する独身男性は、迅速に思い通りの成果を挙げています。もし、あなたも、一刻も早く素敵な女性と懇意になりたいのであれば、是非こちらの1時間無料恋愛相談をお気軽にご活用下さい。

 

 

 

恋愛相談を活用して、美女を口説き落とす方法

 

いかがでしたか。

 

今回は、映画「最後の恋の始め方」に見る1ヶ月で手軽に彼女を作る術についてお伝えしました。手っ取り早く彼女を作りたいのであれば、自分で抱え込んでいないで、第三者に相談するのが一番の近道です。

 

そうすると、あなたが気づいていない、でも修正するべき課題をすぐに認識することができます。その結果、あなたの恋愛面の弱点や短所が改善されて、あなたは理想のかわいい彼女を作ることができるのです。

 

 

「恋愛相談を有効活用して、他の美女を確実に口説き落としたい」という向学心溢れるあなたは、こちらの1時間無料恋愛相談を活用して頂ければ、簡単に更なる実践的ノウハウを手に入れることができます。

 

どうぞお気軽にご活用下さい。

 

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

ウィル・スミスのモテテクを身に付けて
美女を確実にあなたに惚れさせる秘技

 

ブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

 

===============================

「下剋上合コン術」のLINE@始めました。

美女が集結する合コン・パーティー開催情報が届きます。

友だち追加

===============================

ズルいLINE術セミナー

モテる戦略

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 【恋愛コンサルタントの評価】映画「最後の恋の始め方」に見る1ヶ月で手軽に彼女を作る術

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP