モテ男の恋愛術は「パトロールメッセージ」を定期的に送ること

2016.10.17 (月)

こんにちは。

 

アモーレ石上です。

 

合コンで出会った華やかな美女たち。LINEの連絡先も無事ゲットして、帰路に就く電車の中で一生懸命メッセージを考えて送りました。

 

程なくして、既読マークがつき、お相手の美女はメッセージを読んでくれた模様。返事を心待ちにしていたのに、二日経っても三日経っても一向に返信が来ない。

 

若しくは、そもそも既読マークすらつかず、お相手女性がメッセージを読みさえもしていない。

 

そんな悲しい経験、あなたにもありますよね。

 

そういうときは、「パトロールメッセージ」をその後定期的に送りましょう。

 

「パトロールメッセージ」とは、3か月ごとに送るご様子伺いのメッセージのこと。

 

これを送ると、思わぬタイミングで美女から連絡があり、その後急速に美女との仲が親密になることがあります。

 

そもそも、合コン直後にあなたが美女に送ったメッセージに、なぜ彼女から反応がなかったのでしょうか。

 

それは、「その時点では」あなたと仲良くする必要がなかったからです。

 

具体的には、例えば、

 

● 彼氏がいるが、友達に「人数合わせて合コンに来て」って頼まれて、仕方なく参加していた。

● 今、好きな男性がいて、他の男性のことは目に入らない。

● 仕事が充実して面白いので、彼氏作りは後回し。

● そもそもあなたのことが男としてそんなに興味がない。

 

などと言った理由が考えられます。

 

当然、このような背景がある場合は、女性からメッセージが返ってこないこともあるでしょう。

 

普通の男性はここで諦めてしまい、その女性に連絡を取ることは二度とありません。

 

しかし、モテる男の考えは違います。

 

パトロールメッセージの重要性を知っているからです。

 

美女が生きている環境には必ず好不調の波が訪れます。好不調の循環、バイオリズム、と言えば分かりやすいでしょうか。

 

美女は自分が好調なとき(上記に挙げた例のタイミングがまさにそう)は、他人の助けをあまり必要としません。

 

ですので、お相手の美女の置かれている環境が好調なときは、あなたの力や助けや能力を必要とする局面は少ないのです。

 

逆に、彼女が不調な環境に身を置いている時、この時こそあなたにとって最大のチャンスです。

 

人間、置かれている環境がずっと好調なことはありません。必ず好不調の波がやってきます。

 

好調な環境にあった美女においても、3か月が経過していると、例えば、

 

● ラブラブだった彼氏に浮気が発覚し、最終的に自分より年下の浮気相手に乗り換えられてフラれた。

● 思いを寄せていた男性が同僚の女性との交際していることが発覚。年内には結婚するらしい。

● 信頼を寄せていた職場の直属上司が異動となる。新しく着任した10才年上の女性上司とは何かとソリが合わず、ネチネチと揚げ足取りをされて注意される毎日。

 

という風に、環境が激変している可能性は十分にあります。

 

こういう辛い環境にあるとき、救いの手を差し伸べてくれる人は、自分を窮地から助けてくれるスーパーマンに見えます。

 

また、このようなケースのときには、得てして心が疲れています。そうすると、元気があるときに比べて、男性を評価する判断力が著しく低下することもあなたにとって大きなメリットです。

 

美女がこのような環境にあるときに、フッとあなたから送られたメッセージが、心の支えになることがあるのです。

 

そうした心の弱った美女を炙り出すための手段が、「パトロールメッセージ」なのです。

 

「パトロールメッセージ」はご様子伺いのメッセージですので、長々と書く必要はありません。短いメッセージで十分です。

 

定型は、「季節の話題」+「簡単な質問」。これだけでいいのです。

 

例えば、今の季節(10月)であれば、

 

「ご無沙汰しています。あっという間に夏が終わってもう10月。秋と言えば食欲の秋。サンマは好きですか?」

 

という感じでOKです。

 

このとき、メッセージに関連する写真や動画があれば、それを送ると返信率が上がります。この例文で言えば、サンマの塩焼きの写真を1枚送るといいでしょう。

 

そうして、「サンマ好きです~」とか「サンマもいいけど、私は肉派」といった返事を返してくれる女性が現れたらしめたもの。

 

あとは、その女性にメッセージの返信をして、やりとりを開始します。

 

そして、うまくデートや合コンに誘導すればいいのです。

 

LINEのやりとりからデートや合コンに誘導するための具体的手法については、こちらのコラムに詳しく書いてあるので、ご参照下さい。

 

因みに、この「パトロールメッセージ」の手法は、かつて僕が外資系証券会社で営業マンをしていた時代に、営業ノウハウとして学びました。

 

同僚にいつも営業成績がトップの激美女営業ウーマンがいました。彼女が常日頃から励行していたのが、担当顧客に対する「パトロール電話」。

 

例えすぐに商品を購入する可能性が少ない顧客でも、ほったらかしにするのではなく、間を空けて定期的に電話をして顧客の様子や動向を探る。

 

それを愚直に実行していたからこそ、彼女は顧客の動きや変化を常に敏感に察知していました。

 

そうした変化を感じ取るや否や、彼女はライバル証券会社より常に先立って顧客に適切な提案を行い、結果として優秀な営業成績を叩き出していました。

 

このように、普段の仕事内容や営業手法の中から恋愛に応用できる考え方は沢山あります。

 

また折を見てご紹介致します。

 

 

いかがでしたか。

 

合コンで出会ったカワイイ女性にメッセージを送ったとき、例え返事が返ってこなかったり、既読にならなかったとしても、諦めてはいけません。

 

3か月ごとに、ご様子伺いのパトロールメッセージを送りましょう。

 

そうすると、出会った当時はあなたにニーズを感じていなかった美女でも、環境が変わって彼女から見たあなたの必要性や重要性が著しく高まるケースがあります。

 

そうした女性と時を置いてメッセージのやりとりを始めることができ、最終的にあなたは意中のカワイイ彼女をゲットすることができるのです。

 

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

美女に出会えるイベント
参加したいあなたはコチラ

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: モテ男の恋愛術は「パトロールメッセージ」を定期的に送ること

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@otokojuku.biz

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP