【完全無料】たった60日で彼女ができる方法はこちらブサメンの親友にカワイイ彼女ができた
なぜアイツに?その理由をマンガで読む

モテない男性が言う定番のセリフは「●●の女性を連れてきてくれないから・・・」

2016.09.29 (木)

こんにちは。

 

アモーレ石上です。

 

あなたが仕事で忙しい中、なけなしの時間を作って参加したお待ちかねの金曜日の夜の合コン。お店に到着して女性陣を見てみると、それはそれは素敵な女性がいらっしゃるじゃないですか。

 

ちょっとお嬢様風のカワイイ系女子もいれば、仕事ができる風キャリアウーマン系美女もいて、まるで美女の博覧会のような極上の合コン。

 

いつもにも増して気合の入ったあなたは、美女の気を引こうと一生懸命トークをして相手女性を楽しませようと頑張ります。

 

それなのに、相手女性の反応はイマイチ。結局最後まで合コンは盛り上がらず、相手女性の連絡先を聞くこともなく帰路につきました。

 

そうそう、合コン会場であるお店のご飯は美味しかったので、相手女性はご飯をぺろりと平らげてお酒もそこそこ飲んで帰っていきました。

 

そんなトホホな合コン経験、あなたにもありますよね。

 

こういうとき、下記のようなセリフを男性幹事に言う男性参加者がたまにいるんです。

 

「メシ食い目的じゃなくて、恋愛に本気の女性を連れてきてくださいよ」

 

こういうことを言う人は、一生モテることはありません。永遠に彼女を作れることはないでしょう。

 

なぜか。

 

「恋愛に本気の女性をつれてこい」と言う男性は、「今日俺が合コンでモテなかったのは、メシ食い目的ばかりで、恋愛に本気じゃない女ばかり来ていたからだ。だから、恋愛に本気だったり、結婚に前向きな女性が合コンに参加すれば、俺にもチャンスが回ってきて意中の女性からモテるに違いない。」という発想なんです。

 

バカか。

 

だからあんたはモテないんだよ。

 

これ、典型的な「自分がモテないことを自分以外のせいにする」非モテ男特有の発想です。

 

この合コンの真実は何だったかと言うと、「あんたの価値は女性にとってメシよりも低かった。」以上です。That’s all.

 

だから、メシだけ食って帰っちゃったんでしょ。

 

あんたにもっと価値があれば、魅力があれば、女性はメシ食う手を止めてでもあんたと話をしようとするよ。

 

だから、合コンに参加する女性の当初の目的なんてなんでもいいんだよ。

 

メシ目的だろうが、若い男目的だろうが、イケメン目的だろうが、極端に言えばおいしい条件を言って騙してでもいいからとにかく一緒の空間に女を5人呼び寄せて着席させて逃げられないようにするのが合コンのメリットじゃないか。

 

そのシチュエーションの中で、相手女性をどう楽しませるか、どう満足させるか、結果的に自分のことを好きになってもらうために、2時間と言う限られた時間の中で死力を尽くす。それが合コンなんだよ。

 

だから、冒頭で挙げた事例のように、合コンであなたの望む成果が手に入れられなかったときは、まずは「あなたの価値は女性にとってメシより低い」ことに気づいてそれを受け止めることがファーストステップ。

 

その上で、どうしたら女性にとって興味がある、女性の気を引くような「価値を生み出す」ことができるかがセカンドステップ。

 

更に、あなたの恋愛対象が極めて性格も良いカワイイ女性であれば、当然ライバルも多く競争率も高い訳です。そんな彼女のハートを本気で射止めたいのであれば、あなたの「価値を高める」と、より確率が上がります。これがサードステップ。

 

そして、最終的にお目当ての女性に対して「価値を伝える」ことができないと、あなたはその恋愛を成就させることができません。これが最終ステップです。

 

要は、合コンであなたの望む成果が出なかったときは、原因は100%あなた自身に内在しているのです。それが何かを探り当てて改善する。男の人生はそれを永遠に繰り返すことです。

 

「因は我にあり」 合コンでモテる男になりたかったら、この考え方を五臓六腑まで染み渡らせて下さい。

 

そういう僕も、モテない青年時代は「女はどうせ男のことをルックスでしか判断しないだろ」とか「親がこんなブサイクに育てたから俺はモテないんだ」などという、典型的なモテない男の考え方でした。自分がモテないのは自分のせいではなく、全て他の環境のせいにしていました。

 

でも、大失恋をきっかけにこのモテない状況から抜け出したいと本気で思いました。その過程で、「因は我にあり」の考え方をベースに最終的に2000回に上る合コンを経験する過程で、恋愛で望む成果を手に入れられるようになりました。

 

ですので、合コンで望む成果が出なかった場合は、「相手の女性は若い男狙いだった」とか「今日来た女性はメシ食い目的だった」とか外部環境のせいにするのではなく、まず原因を自分の中に求める癖をつけて下さい。

 

そうすると、その度にあなたに内在する課題が改善され、あなたの価値が向上します。

 

結果として、あなたは意中のカワイイ彼女を作ることができるのです。

 

アモーレ石上はあなたが恋愛で望む成果を出すことをいつも応援しております。一緒に頑張りましょう。

 

あなたの価値を高めたいですか?
その手段を知りたい方はコチラ

モテる戦略

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: モテない男性が言う定番のセリフは「●●の女性を連れてきてくれないから・・・」

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@otokojuku.biz

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP